« “Never Say Never Again” での ボンド・カー は “Bentley” 。 | トップページ | 高齢者が階段を昇るときー »

2019年8月19日 (月)

セウォル号事故で裁かれた人々,裁かれなかった人々。

2014年4月16日,悪天候・視界不良の中,出航した 韓国のフェリー「セウォル号」が急な左転舵で傾き 転覆,その後沈没し,修学旅行の高校生 250人を含む死者 304人という大事故を起こしました。

裁判は 既に終えていると思いますが,政府に対して 「真相解明をー」との要求が最近もあるようです。
あたかも,裁判が真相解明なしに判決を出したようです。
韓国の司法なので そこまでの厳密さはないかも知れません。

裁判の結果,誰が どのような罪で どのような判決を受けたのか 日本では詳しく報道されていません。
(あるいは 私が知らないだけ?)

事故発生当時,私が考えた犯罪行為は次のようなものでした。

大きく分ければこの事故(事件)における罪はー
A. フェリーを転覆,沈没させたこと
B. 乗客を死亡させたこと

ーの二つです。
A があったとしても 必ずしも B には至るとは限らないので,この二つの犯罪に分けて裁くことが前提になります。
A に関しては 日本の場合だと,「海難審判」が必要でしょう。
この件で 「海難審判」相当のものが開かれたかどうか知りません。

**************************

本件に関わる違法が疑われる行為とその行為者をステージ(項目)毎に考えるとー

1.船の改造,運航仕様(重心と許容載貨重量)などの設定および承認(認可)
    ・・・ 被疑者:造船会社,船会社,韓国船級協会,政府(海洋水産部)

2.日常管理・検査(水密扉,救命筏・器具など)・乗員教育/訓練
    ・・・ 被疑者:船会社,検査・整備会社,韓国船級協会,政府(海洋水産部)
         救命艇,救命筏が正常に使える状態にメインテナンスされてなかった。

3.事故時の貨物積載(量と方法/過積載・スタビリティ不足+バラスト不足/車両ラッシング不備)実施・管理/承認
    ・・・ 被疑者:船会社,管理組織(海運組合),貨物業者,乗組員,政府(海洋警察,・・・)
          出港時のスタビリティ(安定性)と貨物積載(過積載,ラッシング)に問題があり。
         ← 直接転覆原因。

4.運航・操船
    ・・・ 被疑者:乗組員(船会社)

5.事故時の対応(避難指示・誘導,救助連絡・対応)
    ・・・ 被疑者:乗組員(船会社),政府機関(海洋警察,・・・)
         傾き始めて 「その場に待機」の船内放送,以後 「オープン・スペースへの脱出」などの指示なし。
         携帯電話で救助要請した高校生に,海洋警察が 現場の緯度・経度を訊いたという信じがたい話あり。

この船の改造工事以降 事故発生・救助・沈没までに関わった全ての人間,組織に何らかの罪(過失を含む)があったように思えます。

*****************************

現在 知り得た最新裁判結果はー

・2015年4月28日,光州高裁
          ・船長:無期懲役(未必の故意による殺人罪)
          ・機関長:懲役 10年
          ・乗員(13名):懲役 1年6ヶ月~12年
          ・運航会社「 清海鎮海運」代表:懲役 7年~10年(?)
          ・海洋警察・救助艇長:懲役4年(初動救助が不十分で救助がいい加減 → 「業務上過失致死」)
* セウォル号のオーナー ピ・ビョンオン容疑者:、事故後に逃亡して指名手配されるも,果樹園で遺体となって発見された。

・ 2018年7月19日,ソウル中央地裁,国と運航会社の責任と韓国政府の過失を認め、
            犠牲者1人あたり2億ウォン(約2000万円)の慰謝料など、総額約720億ウォン(約72億円)の支払いを命じる判決あり。

船員は 起訴された ほぼ全員が罰せられていますが,その他は 代表者のみが罪を問われています。
(事故後,ほぼ全ての上級船員が罰を逃れるため,虚偽の証言をした。韓国の国民性からすれば普通のこと,)
この海運会社の恒常的と言える杜撰な貨物積載・運航状態を許容していた,管理監督責任がある役人が 一人も罰せられてないのが不思議です。
その意味で 事故(事件)の真相が明らかにされてないと考えるのは自然でしょう。

|

« “Never Say Never Again” での ボンド・カー は “Bentley” 。 | トップページ | 高齢者が階段を昇るときー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Never Say Never Again” での ボンド・カー は “Bentley” 。 | トップページ | 高齢者が階段を昇るときー »