« もう 2019年 秋冬物がー 。 | トップページ | TVでの面白い発言(その53) »

2019年9月 6日 (金)

Brooks Brothers の 元祖ボタンダウン・シャツ とはー

50年近く前,私が就職試験を受けた頃,面接には ボタンダウン・シャツを着ない方がいい,と言われでいました。
大人(?)から見ると 奇異な,あるいは異端なシャツに見え,印象が悪くなる,というのが理由でした。
(実際,そのアドバイスに従ったかどうかの記憶はない。)

それが 今では,ボタンダウン・シャツの本来のディーテイル・デザインも,何(例えば タイ)を,どう合わせるのかも知らない多くの大人達が着る世の中になりました。

英文 ‘Brooks Brothers’ ホームページの ‘Magazine’ に ‘An American Icon Returns’,“THE ORIGINAL POLO® BUTTON-DOWN OXFORD” と題する記事があって,ボタンダウン・シャツのオリジナル・デザインを創出した Brooks Brothers が説明しています。

下記,翻訳転載します。

************************

メンズウェアに革命を起こしたシャツはブルックス・ブラザーズで始まり,オリジナルの本物の(authentic)ディテイルとともにホームに戻った。

それは長持ちする(long-lasting)オックスフォード布で作られており,時間が経つにつれてより良くなる。また,我々は特徴ある(signature)‘ロールカラー’ を復元し,前立てとカフスと共に柔らかくして快適さを高めた。

適切に(fittingly),各シャツはノースカロライナ州ガーランドの我々の作業室で,アメリカ産のSupima®コットンで作られている。これは,Brooks Brothersのオリジナル・アメリカン・ブランド™に期待されるものである。

A SIGNATURE COLLAR
特徴あるカラー

001_20190825184501

このシャツの際立った特徴である,優しくロールした襟は,芯地(interlining)をなくして柔らかくなった。

かつてないほど快適な,より自然な形を実現した(endowed)。

GENUINE MOTHER-OF-PEARL BUTTONS
本物の真珠貝ボタン

002_20190825184601

洗練されているが,非常に耐久性のあるこれらの高品質のボタンは,襟,袖口,裾に沿って見られる。

従来のボタンよりもわずかに光沢(luster)があり,色の深みがある。

AMERICAN-GROWN SUPIMA® COTTON
米国産 スーピマ綿

003_20190825184601
この自家製の天然繊維は柔らかくて丈夫で,しかも色落ちしない。

綿は,世界中の優れた生産拠点で,オックスフォードの丈夫な(sturdy)布に巧みに織られ,快適で高品質な(heirloom)感触を保持して,この先 何年もこのシャツを好きであり続けるだろう。

ORIGINAL DETAILS
オリジナル・ディテイル

004_20190825184701

本物(authenticity)への回帰で,縫い目を補強するための サイド・ガセット(side gussets)に加えて,シャツが誤ってパンツからまくれ上がって はみ出す(untuck)のを防ぐためにシャツの脊(shirttail)を長くした。

3つの異なるフィット,8種類のキャンディ・ストライプとアーカイバル色(archival colors)の無地(solid)から選択しよう。

(転載了)
*************************

上の記述にない Original Detail として,カフのボタンの位置がやや深く(端からカフ幅の1/3 もしくは 1/4)なっています。(上の写真参照)
そのため,ボタンを留めたままカフを折り返すことができます。これは1950年代当時,羽根ペンを使うときにカフが邪魔にならないようにという配慮から生まれたデザインと言われています。現代のビジネスシーンでもカフの端がほどよく広がって優雅です。

Brooks Brothers の日本一号店ができたのは 1970年代後半です。
それ以前に 日本で作られた ボタンダウンシャツは,おそらく Brooks Brothers を見本にしたものと思われます。
どのようにして 見本を手に入れたか? アイビーリーグ大学出身の進駐軍将校が オフに着ていた?

最近の Brooks Brothers で残念なのは(私はリタイアしているので もう関係ありませんが) ドレス・シャツのボタンダウンシャツの ほぼ全てが 「ノンアイロン」になっていることです。「ノンアイロン」生地の "ノッペリ" とした感触が嫌いです。
私の現役時代の終り 10年頃から 「ノンアイロン」が増え始め,それでも 「オックスフォード」と 「ピンポイント・オックスフォード」の白と ブルーは ノー「ノンアイロン」を辛うじて入手できました。パーソナル・オーダーだったかも知れません。  
現在,日本のホームページを探すと既製では 1枚だけありました。白とブルー のオックスフォードで,税抜 ¥19,000 です。

005_20190903184701

|

« もう 2019年 秋冬物がー 。 | トップページ | TVでの面白い発言(その53) »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう 2019年 秋冬物がー 。 | トップページ | TVでの面白い発言(その53) »