« 米国で転覆した 韓国の自動車運搬船の事故原因などー 。 | トップページ | 30℃ 超えたが 湿度がほどほどなのでー。 »

2019年9月17日 (火)

米国大学・政治学准教授が考える「日韓関係の,今の問題」

現在の,日韓の争いを 米国の知識人はどう見ているのか,日本が主張する 「韓国に全ての原因がある紛争」と正しく理解しているのかー ‘The Washington Post’ に Aug.30, 2019付けで掲載された,ダートマス大学・政治学 ジェニファー・リンド准教授の “The Japan-South Korea dispute isn’t just about the past” (日本と韓国間の紛争は過去の話ではない)を読んでみました。

翻訳転載します。

**********************************

日本と韓国の間の仲違いは 先週,ソウルが,長年 米国が仲介した情報共有協定(intelligence-sharing agreement)から撤退して 新たな低み(new low)に達した。 この紛争の背後にあるものは何か?

一部のオブザーバーは,これら2つの米国同盟国を無視していることでトランプ大統領を非難している。 しかし、トランプが登場するずっと前から,日本と韓国の関係は数十年にわたって 何度も悪化を繰り返してきた(soured

他の人々は,韓国における日本の残忍な(brutal)歴史と過去の東京の取り扱いを指摘している。 日本は20世紀に韓国人に対するひどい暴力(terrible violence)を犯し,それ以降の日本の政策は時々,二国間危機を引き起こした。 しかし、この話も又,完全ではない。
歴史に関する韓国人の恨み(resentment)は,この期間中ずっと不変だった。この恨みの活性化(activating)もしくは抑制化(suppressing)に対する韓国政府の関心はさまざまだった。                                                                                        

日本の朝鮮半島における歴史は,関係の正常化を困難にした

日本は 1910年に韓国を併合した(annexed)。それからの35年間,日本は韓国人をさまざまな方法で残忍にあつかった(brutalized) ⁠—日本企業の奴隷労働者(slave laborers)として,第二次世界大戦中の兵士のための性奴隷(sex slaves) または 知られている「慰安婦」として働くことを強制された。

解放(liberation)後,韓国人は日本を非難した(reviled)。 韓国の李承晩(Syngman Rhee)大統領はアメリカ当局者に対し,韓国人は北朝鮮人やソビエト人よりも日本人を恐れていると語った。ソウルと東京の間の基本的な政治的関係さえ確立するための交渉は,10年以上 かかった。

しかし,その後の大統領である朴 正煕(Park Chung-hee)は,前進することに関心を抱いて,経済発展を自国の繁栄と安全に不可欠であると促進し,日本を主要な資金源(key source of capital)とみなした。 朴は 1965年に日本との関係を正常化した。

正常化条約(thee normalization treaty)は,日本に 補助金(grants)と貸付金(loans)の形で補償金(compensation)を支払うことを義務付けたが,重要なことは(crucially),補償金問題の解決を宣言したことである。

韓国人は激怒し(incensed),大規模な抗議行動を引き起こしたため,朴は戒厳令を宣言した。補償金は開発プロジェクトと朴の政治的資金(political slush funds)に流れて,犠牲者には渡らなかった。

正常化により、両国間の経済統合が強まった。

ベトナム戦争中,安保環境のアメリカの放棄と悪化を恐れて,ソウルと東京は歴史的な戦いを避け,協力を拡大した(expanded)。

1980年代に地域の安全保障環境が悪化したとき,ソウルはアジアでより軍事的に有力な日本を歓迎した。

間違いなく,日本の動向も両国の関係に影響を与えた。 時には,韓国人は,彼らが回避的(evasive)であると見なした日本の教科書と,論争の的になっている靖国神社への指導者の参拝 あるいは 過去の残虐行為(atrocities)の否定に激怒した。

又,ある時には,東京は関係を改善しようとし,1993年の重要な謝罪である河野声明,1998年のソウルとの共同宣言などで態度を示した。

しかし,ここに重要なポイントがある :過去についての日本の議論は,強力な悔恨(contrition)から衝撃的な否定に至るまで,民主主義に期待するものすべてを生み出している。

時折,韓国の指導者は前進することを選択し,時折,有権者の支持を呼び込み,スキャンダルや米国と中国の間の微妙な駆け引きなどの外交政策の問題から気をそらすために,歴史的な怒りを煽った(fanned)。

Korean politics sent Japan-South Korea relations into their latest tailspin
韓国の政治が日韓関係を最新の崩壊(tailspin)に

The roots of the current dispute lie not in the past, but in the politics of the present.
現在の紛争のルーツは過去ではなく,現在の政治にある

二国間関係は数年前に改善し始めた。 北朝鮮の核開発計画を懸念して 保守党の朴槿恵(Park Geun-hye)氏は,日本に近づいた(moved closer)。

彼女の政権は,2015年の「慰安婦」に関する合意に署名した。これは ソウルと東京の,この問題に関する「最終的かつ不可逆的決議(final and irrevocable resolution)」だった。そして,北朝鮮のミサイルに対する防御を改善する2016年の情報共有協定(intelligence-sharing pact)に署名した。

朴はまた,司法の決定が二国間関係を狂わせ(derailing)ないように努めた。 2013年,下級裁判所が,日本企業の補償を訴えた韓国の戦時中の強制労働者(Korean wartime forced laborers)に有利な判決を下した。

裁判所は原告(plaintiffs)を支持した:これは1965年条約の第2条の,国と国民の間のすべての金銭的請求を「完全かつ最終的に解決した(settled completely and finally)」との宣言,および 紛争解決手段を指定した条約の第3条に反した。

[South Korea ended its review of its ‘comfort women’ deal with Japan. Here's what you need to know.]
[韓国は,日本との「慰安婦」取引のレビューを終了した。 知っておくべきことは次のとおりである。]

朴が最高裁に判決を遅らせるよう圧力をかけたことが明らかになった。

彼女はまた,外務省に,判決(verdict)を支持すると日本との関係が「不可逆的に悪化する(irreversibly deteriorate)」という声明を裁判所に提出するよう命じた。

朴は2017年に弾劾され(impeached),リベラルな野党指導者の文在寅(Moon Jae-in)に取って代わられた。

北朝鮮へのハト派性(dovish)が増し,日本(および米国)への適応度/言いなり度(accommodating)が低くなった文は,朴の課題(agenda)を 廃棄(dismantle)し始めた。

東京が落胆した(frustration)ことに,文は2015年の慰安婦合意を批判し,その夏,日本の補償金を生存者に支払うために創設した財団を解散した。

強制労働事件は 広範囲にわたる(far-reaching)決定をもたらした。

戦時中の強制労働者への損害(damages)の問題に関する最高裁判所の判決は,現在の危機に火をつけた(ignited)。

昨秋の判決で,裁判所は,日本企業に損害賠償を命じた2013年の判決(verdict)を支持した。
1965年の条約を引用して,会社が拒否したとき,裁判所は 韓国にある日本企業の資産を押収することにより和解の資金を手配するように命じた。

文政府が彼の前任者と同様に,どちらの方向にしても 最高裁判所に影響を与えようとしたかどうかは不明である。

東京はそれ以来,軍事と商業の二重の用途の化学物質の購入を自動的に承認する国である「ホワイト国リスト」から韓国を削除することで韓国を罰した。
日本政府は,この動きを報復(retaliation)というよりも別の問題として特徴付けた。

ソウルは報復した。 先週,朴の別の協定を破棄し,文は情報協定を終了した。

モンキーケージ(Monkey Cage)のアンドリュー・ヨー(Andrew Yeo)など,多くの安全保障アナリストたちは,この動きが三国間協力体制を弱め,抑止力を弱めている(weakens deterrence)と主張した。

安全保障上の影響を超えて,1965年の条約を無視し,日本の民間資産を押収するという韓国の決定は,日韓経済関係を大きく混乱させる可能性がある。

韓国に投資する企業に警鐘を鳴らすことにより,韓国経済と世界のサプライチェーンに大きな反響(reverberations)を与える可能性がある。

ソウルと東京が衝突するとき,オブザーバーはしばしば歴史と記憶を責める。
恐ろしい歴史がこの論争の中心にあるが,過去はずっとそこにあった。

この危機が燃え上がった理由を理解するには、現在の政治に目を向ける必要がある。

著者:ジェニファー・リンド(Jennifer Lind)は、ダートマス大学政治学准教授 (associate professor of government at Dartmouth College)であり、チャタム・ハウス(Chatham House)の研究員。専門:東アジア 国際関係,合衆国外交,国際・地政学。

(転載了)
***************************

歴史認識についての記述は,例えば 次の文をみるとー
Japan annexed Korea in 1910. For the next 35 years, Japan brutalized Koreans in many ways — forcing them to work as slave laborers in Japanese companies and as sex slaves, or “comfort women,” as they were known, for Japanese soldiers during World War II.

occupied”(占領)ではなく “annexed”(併合)としているのは結構ですが,「日本が多くのやり方で韓国人を “brutalized”」は一面的でしょう。 〔“brutalized” :残忍に扱う〕
更に 「工場や慰安所で “slave laborers” や “sex slaves” として強制的に働かせた」 と,半島人を奴隷として扱ったことを歴史的事実とする,韓国のプロパガンダが行き渡っているのか,米国の大学の先生が何の疑いもなく,韓国の思惑通りに表現しています。これが米国知識人の通常の認識だとすると 残念です。

朴さんと文さんの関係は よく書いています。

|

« 米国で転覆した 韓国の自動車運搬船の事故原因などー 。 | トップページ | 30℃ 超えたが 湿度がほどほどなのでー。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国で転覆した 韓国の自動車運搬船の事故原因などー 。 | トップページ | 30℃ 超えたが 湿度がほどほどなのでー。 »