« BBCが 日本におけるタトゥーを解説していた。 | トップページ | “effect” の日本語訳について »

2019年10月 1日 (火)

John Wick は, 第三作 “Parabellum” で何人 殺すか?

キアヌ・リーブス演じる元殺し屋 ジョン・ウィックが,望まぬ火の粉を振り払うために 悪漢を殺しまくる 「ジョン・ウィック」 シリーズ 第三作 「ジョン・ウィック:パラベラム」(‘John Wick: Chapter 3 – Parabellum’,2019)が10月4日に公開されます。 

第一作 「ジョン・ウィック」(‘John Wick’,2014) で 77人,第二作 「ジョン・ウィック:チャプター2」(‘John Wick : Chapter 2’,2017)で 128人 を殺しました。現役時代には 恐らく比較にならない数と思えます。

さて 第三作では 何人を殺すでしょう。

米国では 5月に公開されたため いくつかの “Kill Count” を見ることができます。
スクリーン上で倒されても 死んだのか,重傷を負ったのかの判断は難しいので 差があります。

85

94
124

85人,94人,それ以上 と諸説ありますが,ここでは 94人としましょう。

これに関連して 「ランボー」の殺害数と比較しているサイトがありました。

“John Wick or Rambo? We Answer: Who has a higher Kill Count?” 「ジョン・ウィックかランボーか? 答:どちらのキル・カウントが多いか?」
By Elvin Zuleta - May 24, 2019

下記,翻訳転載します。

**********************************

かつて,我々は 映画や映画シリーズで スクリーン上での殺人数の記録保持者としてランボー(Rambo)、ジェイソン・ボーヒーズ(Jason Voorhees)、マイケル・マイヤーズ(Michael Myers)たちを見てきた。
そして 今,新しい候補が現れた。 ブギーマン(The boogeyman),すなわち ジョン・ウィック。

Bloody-Disgusting(血まみれ記録)のお陰で,ジョン・ウィックによる,確認されたスクリーン上の殺害リストが3つの映画のそれぞれに対して明らかにされている。

John Wick – 84
John Wick: Chapter 2 – 128
John Wick: Chapter 3 – 94

スクリーン上での個々の殺害の量に,私が最初に引き寄せられた,“Rambo IIを見た子供のときだった。
ジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)が,彼の反戦,反政府の殺意で実際に倒したのが何人だったか 調べ始めた。

そして今、我々は 「ジョンの戦い」に立ち入った!

ジョン・ウィックの 4本目が映画として準備されているのを知って,ランボーの最初の4本の映画を見てみよう。

ランボーはかなり軽いスタートを切った。 最初の映画「ランボー」(First Blood)は,戦争の影響とベトナム帰還兵の扱いに関する回顧(retrospective)だった。
第一作に続いての各シリーズは,トーンと殺害状況に大きな変化が見られるようになった。

下は,ランボーの各映画での殺害の進行を示す表である。

Rambo

以下に、この表から簡単なキル・カウントを書き出すとー

Rambo I – 1
Rambo II – 69
Rambo III – 132
Rambo IV – 236

「ジョン・ウィック:チャプター4」が,ランボーの 4つの映画の集計を上回るためには 133のキル・カウントを達成しなければならない。
要するに,「おまえは数字を押し上げなければならない,ミスター・ウィック!」

彼は間違いなく 「ジョン・ウィック:チャプター4」で勝つチャンスがある。

「ジョン・ウィック:チャプター4」 2021521日 劇場公開の予定。

****************************************

さて この物騒な John Wick,観るのを どうしましょうか?

因みに タイトルのパラベラム(Parabellum or Para Bellum)は ルガーが開発した 自動拳銃用銃弾 9mm(当初は 7.65mm)です。

|

« BBCが 日本におけるタトゥーを解説していた。 | トップページ | “effect” の日本語訳について »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BBCが 日本におけるタトゥーを解説していた。 | トップページ | “effect” の日本語訳について »