« 韓国 好嫌 アンケートの意外な結果。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その517) »

2019年9月19日 (木)

TVでの面白い発言(その54)

◯9月8日,「ボクらの時代」,出演者:三谷幸喜,中井貴一,佐藤浩市の回でー
    佐藤浩市 「人間は ラックの数は数えないけど,
                  アンラックの数は数えるでしょ。」(逆だったか?)
     三谷幸喜 「ちょっと,日本語で言ってくれる?」

◯9月15日,「ボクらの時代」は前回の続きー
               佐藤浩市は緻密な演技プランをもって撮影に臨み
               中井貴一は 現場の雰囲気で演技する
               - という話があって
     三谷幸喜 「この二人が同じシーンというのが面白い。
                   『緻密』と 『いきあたりばったり』。」
     中井貴一 「もっと違う表現があるでしょう。」

          コンプライアンスに関してー
     中井貴一 「映画で 親分を殺すため 銃を片手に持って
                   歩くシーンがあって,
                   途中で 『煙草を吸いながら歩いてみようかー』と言われて
                   煙草を吸いながら 親分のいるところまで行き
                   煙草を ポイと投げ捨てたのね。
                   するとー 『ちょっと待って。煙草のポイ捨てはダメでしょう。
                   エッ。親分の口に拳銃を入れて殺すのはよくて
                   煙草のポイ捨てはだめなの?」
      佐藤浩市 「そうね。
                    殺人犯が警察に追われて 慌てて車で逃げるシーンでも
                    殺人犯も シートベルトしないといけないのね。
                   かつては TVは厳しくても 映画では許されるところがあったけど
                   最近は 広がりを感じる。」                 

|

« 韓国 好嫌 アンケートの意外な結果。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その517) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国 好嫌 アンケートの意外な結果。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その517) »