« 映画 「荒野の誓い」を観た。 | トップページ | 米国大学・政治学准教授が考える「日韓関係の,今の問題」 »

2019年9月16日 (月)

米国で転覆した 韓国の自動車運搬船の事故原因などー 。

9月8日午前2時頃,米国ジョージア州ブランズウィック港から出港後,1.6キロメートル離れた海上で,約4,000台の自動車を積載した,韓国・現代グロービス所属の自動車運搬船「ゴールデン・レイ号(Golden Ray)」が左に80度ほど傾いて転覆しました。 当初,機関室に乗組員4人が閉じ込められましたが,外板に穴を開けて救出しました。

原因等状況に関して報道されていますが,‘INSUARANCE JOURNAL’ (Sept. 13, 2019)の “Investigators Trying to Determine Cause of Overturned Cargo Ship in Georgia Port” (調査官,ジョージア港の転覆貨物船の原因を特定中)の見出しの記事を読んでみました。

以下 翻訳転載します。

******************************

当局は4,200台の車両を運ぶ貨物船がジョージア州の海岸で転覆した理由の答えして,海事の専門家は,調査員が巨大な船がバランスを崩して横倒しになる貨物の移動やその他の問題を探していると述べている。

米国沿岸警備隊は,韓国船ゴールデン・レイが日曜日の早朝,サバンナの南約70マイル(112キロメートル)のブランズウィック港(the Port of Brunswick) を出港した直後に,転覆した原因の調査を主導している。

船のパイロットと23人の乗組員は全員安全に救助された。そのうち4人は船体に開けられた穴から引き出されるまで36時間閉じ込められた。

長さ656フィート(199メートル),幅83フィート(25メートル)のゴールデン・レイは,およそ70階建てのオフィスビルのサイズに相当する。マサチューセッツ海事研究所の,元船長であり,海上輸送の教授であるジョセフ・マーフィーは,このような自動車運搬船は不格好な外観(ungainly)で,かさばる(bulky)傾向があり,「浮かんだ靴箱のようなもの」と言う。
これらの船を直立させるには,重量を追加して船の重心を下げるバラスト・タンク内の水と同じように,貨物と燃料の重量の分布を含んでバランスを調整することがが必要である。

「今回 さまざまな異なったことが発生した可能性がある。」とゴールデン・レイと同様の自動車運搬船で17年間 船長をしていて,現在は海事コンサルタントであるジム・ステープルズは述べた。
「船のどこかに安定性の問題(stability problem)があったことは間違いない。」
ステープルズは,調査員は 車両甲板の自動車が移動して 船のバランスを崩した可能性があるか,そして 自動車が適切にラッシングされていたかを確認するだろうと言った。
又,バラスト・タンクには,船を安定させるのに十分な量の水が積まれていたか?

ステープルズは,乗組員たちは 時々,泥水(muddy water)や海洋生物(marine animals)がタンクに吸い込まれるのを避けるため,外洋に出てかららバラスト・タンクに水を張ることがあると述べた。

沿岸警備隊当局は,ゴールデン・レイが傾斜し(list),横倒し(flip)になった原因となる可能性があることを言うことを拒否している。 国家運輸安全委員会(The National Transportation Safety board)は,調査を支援するために調査員を手配した。

天候が原因とは考えられない。ハリケーン・ドリアンは先週,沖合を通過する際に熱帯暴風(tropical-storm force winds)によりジョージア州の海岸を一掃したが,それはゴールデン・レイが転覆する4日前だった。
嵐が過ぎた後,陸軍工兵隊(the Army Corps of Engineers)は,ブランズウィック港と大西洋の間の航路を調査して,船舶の運航を妨げる(impede)可能性のある嵐の進路跡(wake)にある障害物を探したが,エージェンシーは何も見つけられなかった,とサバンナの陸軍広報担当ビリー・バードウェルは言った。
国立気象局(National Weather Service)の記録は,船がブランズウィックを出港する間,晴天と穏やかな状態を示している。
沿岸警備隊のキャプテン ジョン・リードは,ゴールデン・レイは転覆する(capsized)前に旋回したと言っている。 船舶追跡ウェブサイト(the ship-trackig website)のマリン・トラフィック(Marine Traffic)によって記録された衛星データは,セント・サイモン海峡(St. Simons Sound)で転覆したのとほぼ同時刻に ゴールデン・レイとすれ違う,入港船(inbound ship)があったことを示している。

ニューオーリンズ大学の造船学(naval architecture)と海洋工学(marine engineering)の教授であるブランドン・タラベラは,ある程度の高速で旋回した場合,ゴールデン・レイは,最終的には横倒しになる,一連の出来事の連鎖反応で傾斜する可能性があると述べている。

「これらの自動車運搬船は,貨物が内部で移動することがあると悪名高い。」とタラベラは言う。 「急旋回して10度傾斜すると,自動車が移動し,20度まで傾斜することがある。もし,デッキに開口部があって 水が流入する十分な傾きがある場合,直立させることは不可能になる。」

沿岸警備隊はまた,航路からゴールデン・レイを移動させる方法を決定するため,サルベージの専門家と協力している。

「これは複雑なサルベージ工事である。」ノーム・ウィット中佐(Cmdr.)は火曜日に記者団に語った。「それは迅速にはいかない。数か月ではないにしても,数週間かかると予測している。」

ミシガン大学の造船学と海洋工学プログラムの教授であるティモシー・マッコイは,いくつかの転覆した船はでは,水中の側面の下に外部バラスト・タンクを設置し,空気で満たして船を直立させ 浮力を維持することによって立て直したことがある,と語った。
マッコイは,内部の4,000台以上の自動車の重量を考慮すると,ゴールデン・レイでそれを行うのは難しいかも知れないと言った。

「船体を切断しなければならないかも知れず,最悪のシナリオとなる。」とマッコイは言った。 「そうなっても,実現するのは本当に難しいことだ。」

(転載了)
*********************************

Capsize-point-on-map

転覆する前に 一度曲がっていますが,スピードが出てなかったのか,緩やかに舵を切ったのか,無事に旋回できたようです。

いずれにしても 重量分布・重心による ‘stability calculaion’(安定性計算)を誤った,あるいは実施してないことは間違いないようで,直接責任は おそらく 一等航海士にあることになるでしょう,統括責任は 当然 船長にありますが。

重心位置が健全な位置よりも高い状態で転舵して船が傾斜し始めたとき,慌てて本能的に逆方向に舵を切ると 一層傾斜が進み,一気に転覆することがあります。
転舵で異常な傾斜を始めた時の対策は,スピードを落とすしかありません。

|

« 映画 「荒野の誓い」を観た。 | トップページ | 米国大学・政治学准教授が考える「日韓関係の,今の問題」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画 「荒野の誓い」を観た。 | トップページ | 米国大学・政治学准教授が考える「日韓関係の,今の問題」 »