« 『ジョン・ウィック:パラベラム』を観た。 | トップページ | 台湾の崩落した橋,その後ー。 »

2019年10月 9日 (水)

見出しに見る「勘違い」(その523)

「IOC,東京五輪に旭日旗応援を許容するな」  2019/10/5 中央日報・日本語版
  ‘国際オリンピック委員会(IOC)が来年7月,東京オリンピック(五輪)に旭日旗応援を許容してはならないとして批判する映像が公開された。
   4日ユーチューブ(IOCはなぜ?)」というタイトルの3分9秒間の映像が掲載された。旭日旗退治キャンペーンを繰り広げてきた誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が私費で製作し、タレントのアン・ヒョンモが才能寄付で英語のナレーションを務めた。
   ・・・
  徐教授は「・・・ IOCは旭日旗問題の深刻性を認知できずにいる。全世界のネットユーザーに発信したかった」と伝えた。引き続き,徐教授は「最近,IOCから 『もし競技の途中でいかなる問題が発生した時はIOCが事例によって個別的に調査することをお知らせする』という電子メールが届いた。旭日旗応援を禁止するという言及は全くなかった」と付け加えた。
   旭日旗は第2次世界大戦当時,日本が韓国を含む他国を侵攻する時使った帝国主義軍旗だ。日章旗の赤い太陽の周囲に日差しが広まる形を形象化した。国際社会でドイツ・ナチの象徴であるハーケンクロイツ(卍をひっくり返した形)は徹底的にダブー視されるが,全世界的に旭日旗に対する認識は依然として不足している。
  日本は来年東京五輪とパラリンピックの時,旭日旗の競技場への持ち込みを許容するという方針をたてて議論を呼んでいる。橋本聖子五輪担当相は先月12日「旭日旗は政治的意味の宣伝物ではない」と主張した。パラリンピックのメダル模様も旭日旗を連想させる。
  国際オリンピック委員会(IOC)憲章第50条第2項には「いかなる形態のデモや政治的・宗教的・人種的宣伝も許容しない」と定めている。それでもIOCは旭日旗に対して「問題が発生すれば事例別に判断する」という立場だ。
   ・・・ ’ との報道です。         
Flag_20191004172101    右の画像がyoutubeで示されているようです。
  海上自衛艦旗である旭日旗を,ナチス党旗のハーケンクロイツと “” で結ぶのは,いくら韓国の,よく分らない,相手にする必要もない大学教授が作成した映像であっても侮辱であり,日本として看過できないものと受け取れます。まあ,相手にするほどのこともない,ですか。     

       

 



|

« 『ジョン・ウィック:パラベラム』を観た。 | トップページ | 台湾の崩落した橋,その後ー。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジョン・ウィック:パラベラム』を観た。 | トップページ | 台湾の崩落した橋,その後ー。 »