« 千曲川 に関して 70歳で初めて知ったこと ー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その526) »

2019年10月16日 (水)

70歳を超えてインターネット関連設定変更は ちょっと面倒。

会社で 初めてインターネットに接したのは 1990年代半ばでした。

Airedge その後,個人でPCを持ってインターネットに繋ぐようになったとき(200?年),ちょうど単身赴任となって,携帯電話があるので,赴任先の1ルーム・マンションに固定電話をひくのは無駄と思い,インターネットは WILLCOMPHSカード(アンテナ “AIR-EDGE”)によるワイアレスで接続しました。(最近のPCにはカード・スロットがありません。)
PHSによるインターネット接続は場所を選ばないので便利でした。

しかし,スピードは驚くほど遅く,動画やプログラムなどの大きなデータは取り込み中にエラーになることが度々で,どうしても必要なときは 高速(?)接続 ‘WILLCOM’ の ‘HOTSPOT’ が可能な「ホテル」や「モスバーガー」を利用していました。

この状態で 数年過ごし,PCが3代目となる7年前(2012年),プロバイダーが WILLCOMPHS接続を 2012年6月に終了するというので,接続を WiMAXに変え,アンテナ内蔵のPCに買い替えました。

これは PCのみ持ち歩けば 人が住んでいる所ならどこでも それなりの速さでインターネットに接続可能で便利でした。
(かつて ダニエル・クレイグの007映画のラスト・シーンで ベニスのゴンドラ上で SONYVAIO(コロンビア映画だから)でネットに繋いでいるのを見て オープン・エアでどうしてつながるのだろうかと思っていましたが・・・。)

ところが 2015年に WiMAX 2+対応周波数帯が拡張され,下り速度maxが 220Mbps となり 私が使っているシングルは 下りmaxが 40Mbps13.3Mbpsに落ち,更に 2020年3月に WiMAXシングルはサービス終了と予告され,私のPCWiMAXアンテナは使えなくなる運命でした。

年末までに何とかしようと思っているところに,プロバイダーから電話があったので WiMAX 2+ 変更を申込み,1週間経って 接続用機器(ルーター?)が届きました。

Dsc_2407

同梱の簡単な説明書を見ながら繋ごうとしましたが,・・・・ うまくいきません。さて,困った・・・ 。

現役時代なら,会社のPCに強い若い人に協力・指導を要請できますが,リタイアした老人に援軍はなく 孤軍奮闘,それでだめなら電器店に持ち込んで相談 - と思っていました。

Dsc_2410

PCには “WiMAX” のシールが貼られています。
PC の8年は 賞味期限切れ?)

数日後,接続説明書を無視することにし(そもそも 説明書に示された画面が表れない),PCの「Windowsモビリティセンター」を探し出して接続できました。
メデタシ,メデタシ。

Dsc_2411

これからは この赤いルーターを忘れないようにします。
面倒なことはしたくないので 現状で満足 - というのは歳とった証拠です。
過去,固定回線に繋いだことがなく,今後も モバイルPCでいきます。

|

« 千曲川 に関して 70歳で初めて知ったこと ー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その526) »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千曲川 に関して 70歳で初めて知ったこと ー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その526) »