« 今年も あと2ヶ月,カレンダーは最後の1枚。 | トップページ | 11月の果物は ラ・フランス。 »

2019年11月 5日 (火)

“Global Soft Power 30” ランキング 2019

Cover-page_20191028181801 2019年10月,英国コンサルティング会社ポートランド・コミュニケーションズ(Portland)が米国の南カリフォルニア大学公共外交センター(USC Center on Public Diplomacy) とフェイスブック(Facebook)の協力で実施した調査結果を  “SOFT POWER 30”(A Global Ranking of Soft Power 2019)として Top 30ヶ国をを発表しました。

ソフトパワーの評価は,各国が発表するデータに基づく6項目:Government(政府),Digital(デジタル化),Culture(文化),Enterprise(企業),Engagement(対外関係),Education(教育)ーの ‘Objective Data’(客観指標)を 65%,世界25ヶ国 1万2500人を対象にした7項目の ‘Polling Data’(国際世論調査)を35%の重み付けで ソフトパワー指数を算出,ランク付けしています

上述の内容を下図 ‘Framework’ および ‘Weighting’(重み付け)( ‘Objective Data’ および ‘Polling Data’ 内の項目重み付けを含む)に示しています。

Framework

Weighting-of-index

Weighting-polling-index
Global Soft Power 30,2019” の Ranking List を 過去3年分と共に下表に示します。
日本は 8位で 過去 最低のランクです。

Soft-power-ranking-list

Objective Data’ 6項目の Top 10 を下図に示します。

Items001
Items002
日本の ‘Objective Data’ 各項目の順位を下図に示します。

Japan-index-ranking

アジアでのランクをスコアと共に下図に示します。
日本,韓国,シンガポールが上位 3ヶ国です。

Asia-soft-power-10
報告書のおける日本に対する記述を 下記,拙訳転載します。
*************************************
Overview 概説


ランキングの前年比での改善が続いていたが,今年 日本は 3つランキングを落として 5位から8位となった。

このランキング降下にもかかわらず,日本はソフトパワー資産を通じて世界的な影響力を行使し続けている。


アジアの最高ランクの国であり,The Soft Power 30のトップ10で唯一のアジアの代表国である。


さらに,2019年と2020年は日本にとって大きな年である。今年初め,日本は最初のG20サミットを開催した。これは,自由貿易と開かれた市場に対する世界の指導者のコミットメントを再確認した閉会声明の成功と広く見なされている。

これはおかしな話(perfunctory)に聞こえるかもしれないが,そのような問題について合意に達することは,現在の世界的な政治的背景においては 小さな功績ではない。


対外関係(Engagement)と文化(Culture)のサブインデックスでの好調な成績(performance)にもかかわらず,日本は今年の国際世論調査で非難を受けた(took a hit)。 日本のトップ5からの脱落は,主に国際世論調査で3位から7位に大幅に下落したことに起因する。

日本は他のソフトパワー資産を活用して(leverage),世界の批判者(audiences)から好意を取り戻し,来年のトップ5の地位を取り戻すことができるだろうか?


Strengths 強さ


日本は,文化サブ・インデックスが目覚ましい改善を見せて,8ランキングを飛び越えて6位になった。


注目を集める国際的なイベントを開催することは,日本にとって恵まれたことであり,日本は幅広い文化資産を活用する方法を正確に知っていることを示した。

2019年のラグビー・ワールドカップと G20サミットは,日本のソフトパワーの蓄積を構築して強化する機会だった。


2020
年の夏季オリンピックとパラリンピックが近づいているため,日本はすでに,ゲームを持続可能かつ環境にやさしく保つための取り組みについて好意的な会話(favourable conversation)を集めている(garner)。

 

スポーツ外交は非常に有用なツールであることが証明されているため,我々は,日本がこのイベントをプラットフォームとして使用し,世界中の現代日本の文化を独創性のあるものとして投影する方法を期待している。


Weaknesses  弱さ


日本は政府(Government)のサブインデックスで比較的低く,政府への信頼と男女共同参画のスコアが低い。


今年,KuToo運動がソーシャルメディアで波を起こしたため,日本の性差別が前面に出た。

日本の女性は,女性従業員が仕事でかかとの高い靴を履くことを要求する会社の服装規定の撤廃を求める請願に集まった。


性差別と平等がますます議論される問題になっているため,政府はすべての市民が尊重される社会を構築し,政府への信頼を強化するために公開協議を開催することを申し出ることがでる。

Recommends 提言


日本は、外交関係(Engagement)と文化(Culture)のサブインデックスで強いパフォーマンスを発揮し,国際舞台で大きな前進を遂げた。

 

ただし,「政府」(Government)と「教育」(Education)のサブ・インデックスの両方でパフォーマンスが低下していることは,これらの分野での政府の介入を考慮して大幅な得点を得る余地があることを示唆している。

 

さらに,商業捕鯨の再開への反応が示すように,国内の政治的考慮と外的世界的認識との対立は,管理する必要があるリスクである。

 

「美しい調和」と解釈できる新しい令和時代は,変革のタイムリーな触媒(catalyst)になる可能性がある。

 

(転載了)
**************************


Hard Power” と違って “Soft Power” は資源の多寡や労働力の歪さに関係なく発展できるものです。


2016年から 7位,6位,5位 とランクアップしてきての 今年の 8位は残念です。

|

« 今年も あと2ヶ月,カレンダーは最後の1枚。 | トップページ | 11月の果物は ラ・フランス。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も あと2ヶ月,カレンダーは最後の1枚。 | トップページ | 11月の果物は ラ・フランス。 »