« 不覚にも,萩尾みどりさんに気が付かなかった。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その542) »

2019年12月12日 (木)

“Handgun” と “Pistol” は 定義が違う。

米国における銃規制に関する英語の文章に “ ・・・ handgun and pistol ・・・ ” がありました。
和訳に困ります。「 ・・・ 拳銃 と ピストル・・・ 」? 日本語では同じもののようですが,違うもの?
どうも ‘handgun’(拳銃)と ‘pistol’ (ピストル)は違うようです。
どう違うか ‘Difference Between.net’ の “Difference Between Pistol and Handgun” を読んでみました。

下記,拙訳転載します。

**************************

ピストルと拳銃(handgun)の違い

ピストル(pistol)とハンドガン(handgun)はいずれも火器(firearm)である。それらは片手だけで持って操作できるように設計されている。火器は二つのカテゴリー,‘handgun’ と ‘long gun’ に分けられる。ピストルは ‘handgun’ の一つのタイプであり,‘handgun’ には多くの異なるタイプがある。これは,全てのピストルは ‘handgun’ であるが,全ての ‘handgun’ はピストルではないことを意味する。

Handguns ハンドガン

ハンドガンは,片手だけで保持および操作できる銃である。持ち運びが簡単で,サイズが小さい。 これらは,リボルバー(revolver),ピストル,デリンジャー(Derringers),半自動ピストル(semi-automatic pistols),単発ピストル(single-shot pistols),自動ピストル(machine pistols),ペッパーボックス(pepperboxes)など,さまざまなサブタイプに分類される。

ハンドガンは15世紀に最初に開発されたが,最初に誰がそれらを開発したかは不明である。手持ち(handheld)の銃器は,火薬が最初に開発された中国で最初に開発された。リボルバーは19世紀に開発され,「ピストル」と「リボルバー」は異なるメカニズムで開発された。 一般的な言葉では,人々はほとんどすべての拳銃(ハンドガン)に対して 「ピストル」という言葉を使用する。

ハンドガンは歴史を通じて発展し続け,それらのサブタイプは更に2つの主なタイプ,銃口装填式銃器(muzzle-loading firearms)および銃尾装填式銃器(breech-loading firearms)に分類できる。 銃口装填式銃器は,銃身の前面から弾丸を装填するもので, 銃尾装填式銃器は,銃身の後ろから弾丸を装填する銃器である。

他のカテゴリーのハンドガンには:
単発ピストル(Single-shot pistol),多連ピストル(Multi-barreled pistol),リボルバー(Revolvers),半自動式ピストル(Semi-automatic pistols),自動ピストル(Machine pistols
などがある。

Pistols  ピストル

ピストルとハンドガンは同義語(synonymous)であることが多いが,技術的にはピストルは,1つの薬室(chamber)しか持たないハンドガンである。 ただし,リボルバーは,回転するシリンダーと複数の薬室を備えたハンドガンである。 スティーブンス・マキシム(Stevens Maxim)が1885年にそれらを開発した。ピストルにはさまざまな種類がある :
単発ピストル(Single-shot pistols),半自動ピストル(Semi-automatic pistols),自動ピストル(Machine pistols),多銃身ピストル(Multi-barreled pistols

ピストルには,偶発的な発砲を防ぐための安全機構がある。ピストルは,簡単に隠して,持ち運びが容易で,使いやすいため,特に自己防衛の目的で使用される。 ピストルでは,1つの弾丸が発射されると,反動(recoil)により次の発射のために新しい弾丸が薬室に運ばれる。 45m50mの射程距離で使用できる。

Summary: サマリー

1. ハンドガン(handgun)は,片手だけで持ち,操作できる銃である。持ち運びが簡単で,サイズが小さい。 これらは,リボルバー,ピストル,デリンジャー,半自動ピストル,単発ピストル,自動ピストル,ペッパーボックスなど,さまざまなサブタイプに区別される。 ピストルは,半自動ピストル,単発ピストル,自動ピストルなどの異なるタイプに区別される拳銃のサブタイプである。

2. ハンドガンは15世紀に開発され,ピストルは19世紀に開発された。

3. ハンドガンの発明者は不明だが,ピストルはスティーブンス・マキシムによって発明された。

4. ハンドガンの一種であるリボルバーには,複数の回転薬室があり,ピストルの薬室は一つである。

(転載了)
***************************************

簡単には リボルバーは “handgun” で,マガジン(弾倉)をグリップ内にセットする自動・半自動銃は “pistol” であり,“pistol” は “handgun” に含まれるということ。リボルバーをピストルと呼ぶのは間違い。
pistol” は薬室(chamber:発射薬が収まる空間)が一つ。

下の写真は本文中の “pepperbox”(左) と “derringer”(右)を示します。

Pepperboxes-and-derringer

pepper-box” あるいは “pepperbox” は中心軸周りに3つ以上の銃身を持つ,連続発射できる銃(firearm)。

derringer” はリボルバーではなく,半自動ピストルでもない,小型のハンドガン,リンカーン大統領の暗殺に使われたことで有名です。

|

« 不覚にも,萩尾みどりさんに気が付かなかった。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その542) »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不覚にも,萩尾みどりさんに気が付かなかった。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その542) »