« ボーイング 737MAX 製造 一時中断。 | トップページ | 世界一高い賃料のショッピング・ストリートは? »

2019年12月23日 (月)

見出しに見る「勘違い」(その545)

「大胆な日本,中国との紛争地域に特殊部隊級の武装警察団創設へ」  2019/12/21 中央日報・日本語版
   ‘日本警察庁が沖縄県に離島警備隊を創設すると,読売新聞が20日報じた。離島対応に特化した部隊を創設するのは日本警察組織史上初めで,特殊部隊レベルの武装力を備えるという。
    報道によると,日本警察庁は中国と領有権紛争がある尖閣諸島(中国名・釣魚島)など国境の離島地域の警備態勢を強化するため,来年4月に沖縄県警内に「国境離島警備隊」(仮称)を新設することにした。尖閣諸島は沖縄県に属する。
    武装集団が日本の離島に上陸する事態に対応する任務を遂行する国境離島警備隊は,高度な専門訓練を受けた警察官と負傷者への応急処置が可能な要員など151人規模で創設される予定だ。警備隊員は特殊部隊(SAT)要員のように自動小銃,機関銃,防護服などを身につける。日本警察庁は有事の際すぐに現場に出動できるよう来年中に大型ヘリコプター1機も配備する方針だ。
   沖縄の離島警備隊は管轄範囲が尖閣諸島を含む沖縄地域だが,他の地域から出動要請があれば対応するなど広範囲な展開を想定しているという。
   一方,この日確定した来年度の政府予算案に該当部隊創設費用として約70億円が反映された。’ とのことです。
   見出しの 「大胆な日本」を どのような気持ちで書いたのか,韓国の中国への卑屈さが分ります。

「ハングル書道、日本で人気」  2019/12/22 朝鮮日報・日本語版
   ‘毎週金曜日と土曜日の午前10時,大阪市北区にある大阪韓国文化院の教室には会社員,主婦,定年退職したお年寄りなど、さまざまな年代の日本人が20人集まる。これらの人々は2週間に1回ずつここでハングルの書き方を毛筆で学ぶ。・・・
  ハングル書道講座は,大阪韓国文化院で最高人気を誇る講座だ。2015年の開設以降、毎年申請者が定員(20人)を上回り,・・・ 講座を受け持って今年で4年目を迎えたパク・ヒジャさん(77)は「ハングルの書道を学ぶ人なんているだろうかと心配したが,申請者数を見てびっくりした」という。
  ・・・
 ハングル特有の歴史も受講生にとっては魅力的な要素だ。講師を務めるパクさんは,書道を教える前にハングルの誕生過程と価値を最初に紹介する。シンヤマさんは「なぜ、何のために作ったのかについての記録が詳しく残っており,ユネスコ(国連教育科学文化機関)遺産にまでなったというのは本当にすごい。570年前にハングルが作られた当時はコンピューターもなかったのに、非常にタイピングしやすい文字というのも本当に不思議なこと」と語った。’ とのことです。
  何でも楽しむことは結構なことです。
  が,発音記号であるハングルを筆で書いて 「書道」と称するのは 東洋の「書道」の定義からして 如何なものでしょう。

合うことのない感性の違いが ますます大きくなります。            

|

« ボーイング 737MAX 製造 一時中断。 | トップページ | 世界一高い賃料のショッピング・ストリートは? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボーイング 737MAX 製造 一時中断。 | トップページ | 世界一高い賃料のショッピング・ストリートは? »