« 小さなランプ 兼 懐中電灯 | トップページ | 親切な駅員さんがいた。 »

2019年12月21日 (土)

「ダウン・ジャケット」は もう何年も買ってない - が。

この季節になると ダウンジャケットが,若い人に限らず 老若男女に着られています。
TVでも 「ダウンジャケットを仕舞った,とか 出した」が 季節の変わり目を表わす目安として使われているくらいです。

極地用の防寒服だったダウンジャケットが街中で着られるようになったのは 1980年前後であり,私自身もその頃,着ることがありました。
当然 防寒着として優れていて,シャツ1枚にこれを着れば かなりの寒さでも耐えられますが,日本の零下にもならない気温で着るのは大袈裟すぎる気がして,更に 誰でもが着ているので遠慮して,この 2,30年 ほとんど着ていません。

そもそも 最近の冬の寒さは穏やかで,現在保有の最耐寒用で,重く厚い ウール・コートである 「ダッフルコート」を着る機会も この数年,あまりありません。

それでも,私が現役時代に手を出せなかった 10万円近く,又は それ以上する高級なダウンジャケット - 例えば カナダグース(CANADA GOOSE),モンクレール(MONCLER),ウールリッチ(WOOL RICH),デュベティカ(DUVETICA),タトラス(TATRAS),ムーレー(MOORER) などが売られ,買われているようです。

20年ほど前の現役時代,真冬のロシア・サンクトペテルブルクに出張することになり,現地の気温を確認すると -30℃を下回ることもありそうなので,ここはダウン・コートと思い,北欧経由で現地に入り,1泊する経由地(ヘルシンキ,ストックホルム,・・・)で購入することも考えましたが,合うサイズがないと困るので,結局,フランクフルト経由で入り,厚手のウールのコートを日本で準備したことがあります。

最近,もし,現役ならば,そして,もし,今後,日本の冬が寒くなれば 買いたくなるコートを,最近 Brooks Brothers のホーム・ページ(米国)で見つけました。

The Polar Series Collection / Waterproof Parka”  です。
何せ “Polar” です。

004_20191127183401
001_20191127183401
005a_20191127183501
002_20191127183501
003_20191127183501

この製品のSpec.として次のように示されています。

 ・ハイテク・ラミネート被覆されたイタリアン・ウール
 ・シーム・シール構造で防水防風仕様
 ・G2Eco-friendlyで低刺激性の(hypoallergenicThermore®Ecodown®繊維充填
 ・-20F(-29C)まで適応(快適で暖かい)
 ・熱を閉じ込めるソフトなマイクロ・ファイバー・ジャージー製ストームカフ
 ・付属の調節可能なキルティング・フード
 ・脇の下のメッシュ・ヴェントが快適な通気性確保
 ・可動性を確保するためのバック・ショルダーのマチ
 ・ハンド・ウォーマー用の2つのフリース裏地付きフロント・ポケット
 ・2-ウェイ・ジップ,ボタン・ストーム・プラケットで寒さを防ぎ可動性が向上
 ・安全で使い易い収納用の,前立てに組み込まれたジップ・ポケット
 ・ヘッドフォン・コードループ付きのセルフォン用サイズの内側胸ポケット   
 
・手袋用の2つのメッシュ・インナーポケット
 ・内側のウエストにあるドローコードにより,暖かく,フィット
 ・保温性を損なうことなく動きやすいようにスナップで開閉するプリーツ・バックベント
 ・ウール100; ドライクリーニング; 輸入素材

中綿は “Thermore®Ecodown®”,ペットボトルからのリサイクルによる化学繊維で,ダウンではありません。

日本の Brooks Brothers では まだ取り扱われてないようで,米国での値段は $1,398(≒¥150,000)と かなりの価格です。
¥150,000 の価格に構えるようになりましたが,47年前の就職した年の冬の初ボーナスで買った Burberry の 綿のバルマカーン(ステンカラー)コートは 約¥130,000 でした。所謂,バーバリー・チェックの裏地は恥ずかしいので,“green & beige” のバーバリー・チェック(最近は ほとんど見ない)のウール・ライナー付きのオリーブ・グリーン(玉虫)でした。学生時代に買った VAN Jacket, KENT の,ラクダ色のライナーが付いたカーキ(ベージュ)のステンカラー・コートがまだ現役だったので,バーバリーは 当初は出張時に着ていました。
リタイアして6年,バルマカーン・コートは 一度も着ていません。
因みに 下は,30年近く前に買った Brooks Brothers のコートのダウン・ライナーです。
今はもう着ない綿の紺色のアウター・シェルにジッパーで取り外しできるダウン・ライナーです。
最近,家人が テニス・コートに行く際,ダウン・ジャケットとして羽織っているようです。

Dsc_2491b

|

« 小さなランプ 兼 懐中電灯 | トップページ | 親切な駅員さんがいた。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さなランプ 兼 懐中電灯 | トップページ | 親切な駅員さんがいた。 »