« 「ダウン・ジャケット」は もう何年も買ってない - が。 | トップページ | ボーイング 737MAX 製造 一時中断。 »

2019年12月22日 (日)

親切な駅員さんがいた。

11月に101歳で亡くなった中曽根康弘元首相の功績の一つとして国鉄の民営化が挙げられていました。
1987年(昭和62年)に行なわれ,それ以後のJRの職員の乗客に対する対応は それまでの国鉄職員と同じ人間とは思えないほどサービス業らしく変貌しました。
かつては 指定席切符を買うのに 第3希望まで しっかり書いた紙を出さなければ相手にしてもらえなかったのが,JRになってからは 適当に乗りたい日と時刻を言えば 駅員さんが相談に乗りながら見繕ってくれるという,時刻表を見るのが面倒な人には極めて親切になりました。
しかし,乗る電車を決めて,同じ列に並んで待っている客にとっては,ズボラな客にかける時間が長くなり,腹立たしいとも言える状態になりました。

最近,九州の実家の始末に行った際,時間があったので JR鹿児島本線「新宮中央」駅の近くの IKEAに行こうと 戸畑駅に向かい,駅に着いて案内板を見ると 13時24分発の下り快速がありました,
目的の「新宮中央」駅には停まりそうにないので,改札にいた女性駅員に訊くと,調べてくれて,13時24分の快速で一つ先の「福工大前」まで行き,ここで上りの普通で一駅戻るーという方法をプリントしてくれました。

Dsc_2522

それを持って 急いで,エスカレータを駆け登ってフォームに向かいましたが,電車が動き始めたところでした。

次の電車は 「13時30分発の快速」 - これも 同じ方法でいいのだろうかと思っているとー
構内放送で 「さきほど 『新宮中央』まで乗車される接続をお尋ねの方,30分の快速の場合,『古賀』駅まで快速で行き,そこで『普通』に乗り換えてください。」
ー と,私のためだけの乗継ぎを,さきほどの女性駅員が構内放送で教えてくれました。
おそらく,フォームの監視カメラの映像で,私が24分の快速に乗れなかったのを見ていて 急いで 30分発快速のケースを調べてくれたものと推察しました。

国鉄時代には とても考えられなかった対応でした。

ひょっとすると高齢なので,スマホで乗り継ぎ検索するのは無理だと判断された?

|

« 「ダウン・ジャケット」は もう何年も買ってない - が。 | トップページ | ボーイング 737MAX 製造 一時中断。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ダウン・ジャケット」は もう何年も買ってない - が。 | トップページ | ボーイング 737MAX 製造 一時中断。 »