« 見出しに見る「勘違い」(その560) | トップページ | 梅が咲いていた。 »

2020年1月29日 (水)

「主任警部モース」の会話を 英語で確認。

NHK BS プレミアで放送されている  英国サスペンス・ドラマ HDリマスター版「主任警部モース」(‘Inspector Morse’),1月25日に放送された「オックスフォード運河殺人事件」(‘The Wench is Dead’,1998)で交わされた会話(日本語吹き替え)が面白かったので 英語で聴き直しました。

Jaguar-mk2

モース警部の愛車,バーガンディー色の ‘Jaguar MKⅡ,1960’ を 大学を出たばかりの新米刑事カーショーが誉めるシーンです。
車を 「四輪」と日本語で言うのを聞いて 英語では何と言っているのだろうと 音声を英語に変えて聴き直しました。

001_20200125190601

いい 四輪ですね。
“Nice wheels, sir.”

002_20200125190601

四輪じゃない,カーショー。車だ。
“It isn't 'wheels', Kershaw. It's a car.”

003_20200125190601

ぼく 車オタクで,特に レトロが好きなんです。
“I just meant I like the car.  It's a terrific piece of retro.”


004_20200125190601

レトロが好き? そのレトロとやらは何だ?
“Terrific piece of retro?  What does that mean?”

ポストモダンの懐かしいヤツ。
“Postmodern nostalgia.”

私が この事件に入れ込んでいるのも ポストモダンのノスタルジーと笑っているのか。
“I suppose you think my interest in this case is postmodern nostalgia.”

そんなことは ありません。
“No, sir.”

**********************************

Four wheels” ではなくて ただの “Wheels” でした。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その560) | トップページ | 梅が咲いていた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その560) | トップページ | 梅が咲いていた。 »