« 台湾人が好きな国は? | トップページ | トランプを 最も好きな国と 最も嫌いな国 »

2020年1月15日 (水)

A Statement from Her Majesty The Queen

ヘンリー王子の王室離脱要望(?),提案(?)に対して エリザベス女王が家族会議を開き,その後,1月13日に 女王名で 声明(statement)を発表しました。

この声明は王室のホームページで見ることができます。
このような声明を 女王が発表することは稀だそうです。短い声明です。

Statement
畏れながら 拙訳と共に転載します。
*************************************

A statement from Her Majesty The Queen

Published 13 January 2020

Today my family had very constructive discussions on the future of my grandson and his family.

今日,私の家族は 孫とその家族の将来に関して非常に建設的議論を行ないました。

My family and I are entirely supportive of Harry and Meghan’s desire to create a new life as a young family. Although we would have preferred them to remain full-time working Members of the Royal Family, we respect and understand their wish to live a more independent life as a family while remaining a valued part of my family.

私の家族と私は ハリーとメガンの,若い家族として新しい生活を創りたいとの希望を完全に支持します。

私たちは 彼らがロイヤル・ファミリーのフルタイムのメンバーであり続けることを望んでいましたが,私たちは,私の家族の大切な一部であり続けながら,自分の家族としてより自立した生活を送りたいという彼らの希望を尊重し理解します。

Harry and Meghan have made clear that they do not want to be reliant on public funds in their new lives.

ハリーとメガンは,新しい生活では公的資金に依存したくないことを表明しました。

It has therefore been agreed that there will be a period of transition in which the Sussexes will spend time in Canada and the UK.

したがって,ハリーの家族(the Sussexes=サセックス公爵家)がカナダと英国の両地で時間を過ごす移行期間を持つことに同意しました。

These are complex matters for my family to resolve, and there is some more work to be done, but I have asked for final decisions to be reached in the coming days.

これらは私の家族が解決すべき複雑な問題であり,さらにやるべきことがいくつかありますが,私は最終決定が今後数日のうちに為されることを希望しています。

ENDS


(転載了)
********************************

|

« 台湾人が好きな国は? | トップページ | トランプを 最も好きな国と 最も嫌いな国 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾人が好きな国は? | トップページ | トランプを 最も好きな国と 最も嫌いな国 »