« 白黒映像に あとから色を着けたようにしか見えなかった「麒麟がくる」。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その559) »

2020年1月25日 (土)

癌ではなかった。

去年の夏頃から 胃に異変を感じ始め,特に,食後 2,3時間経って消化が進むと痛みが出始め 牛乳を飲んで治めていました。
30年ほど前に 同じ症状があって,夜中に起きて 牛乳を飲んでいた記憶があり,そのときは 何も処置せずに 2ヶ月ほどで完全に治まりました。

今回も それと同じだろうと何もせず,病院にも行かず過ごしていましたが,空腹時の痛みが徐々に酷くなり,年末には 我慢強い私の我慢の限界に達し,年明け 病院が始まるのを待って,行きつけの内科医に電話して翌日の胃カメラ検査を予約しました。

胃カメラ検査は 4年前に 胆石が見つかったときに初めて行い,今回が2回目で,できれば避けたいのですが,今回は 明らかに胃の中で徒ならぬことが起こっていることを確信していたので,通常,胃カメラ検査実施は医師が判断するものですが,自ら 胃カメラ検査を申し出ました,

胃カメラは 鼻孔から入れます。(家人は鼻孔から入らないので口から入れるらしい。)
まず,鼻孔から 何やら液体を入れ,次に ドロッとした液体を飲み,最後に胃の動きを止めるという注射をして準備完了で,目を瞑っているので分りませんが鼻孔からカメラが入れられます。
「はい,今,食道を見ています。」
「噴門を通って胃に入りました。」
「ああ,糜爛がありますね。」
「ありました,潰瘍です。」
「じゃあ 組織をとります。」
・・・
「大丈夫です。」(これは そばにいる看護師,組織が採れたことの確認らしい。)
ーなどあって,次に 「ピロリ菌有無」の検査(尿素呼気試験)を実施しました。

終わって 映像を観ながら 医師の説明を聴きました。
幽門近くに 大きな潰瘍が二つありました。
「かなり 進んでいて レベルは3度,相当 痛かったでしょう。」と 医師。
(5度で穴があく。)
間違いなく 痛かった。

4ヶ所で採った細胞に対する「生体検査」(生体組織診断)結果は 2週間後にわかる,ということで,薬を2週間分,3種類もらって帰宅しました。
薬を呑み始めて 痛みは全くなくなりました。
薬の効果を実感できることは,正露丸の他はあまりありませんが,効きました。

先日,結果を聞きに行きました。結果は「良性」,「ピロリ菌なし」で メデタシ,メデタシ,合掌。

1ヶ月分の薬が出ました。
飲み薬だけで治癒するそうです。
そして 潰瘍ができた原因は?推定原因が一つありますが ここでは省略します。

|

« 白黒映像に あとから色を着けたようにしか見えなかった「麒麟がくる」。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その559) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白黒映像に あとから色を着けたようにしか見えなかった「麒麟がくる」。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その559) »