« ゴーン被告逃亡,裁判所は彼の財力を見くびったか? | トップページ | 内閣府 世論調査「日本と韓国」 »

2020年1月 3日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その549)

「英国有名ファッションスクール公式インスタグラムに『旭日旗』露出」  2019/12/31 中央日報・日本語版
   ‘世界的に有名な英国のファッションスクールのロンドン・カレッジ・オブ・ファッションが公式SNSで旭日旗模様の服を着てファッションショーをする写真を掲載したとサイバー外交使節団VANKが30日に明らかにした。

Sun-rising-flag

    VANKによると現在フォロワー数10万900人ほどのスクール公式インスタグラムに多様なファッションデザイナーの衣装が掲示されている。
    このうち12日に登録された掲示物には旭日旗模様の衣装を着たモデルがファッションショーをする写真がある。
    VANKのパク・ギテ団長は「旭日旗ファッションショー写真を掲載したスクールやこの写真を見て『デザインが素晴らしい』というコメントを上げたネットユーザーいずれも旭日旗問題をまともに認識できていない」と話した。
    VANKはこのスクールにすぐ抗議書簡を送り,「旭日旗は日本が第2次世界大戦で敗戦する時まで使った戦犯旗で,軍国主義の象徴であり,欧州人に苦痛と侵略の象徴であるナチスのハーケンクロイツと同じだ」として是正することを要請した。しかし該当掲示物は31日午前10時現在も削除されずそのまま公開されている。
    VANKはまた,写真を掲載したデザイナーに旭日旗が戦犯旗であることを紹介するポスターと資料なども送った。
    このスクールはロンドン芸術大学(UAL)に所属する6つのカレッジのひとつで,英国を超え世界的に名声が高い。2017年にオンラインメディア「ファッショニスタ」が選定した「ワールド・ベスト・ファッション・スクール25」で同スクールは3位になった。’ とのことです。     

   韓国政府から公金の援助を受け,国際社会における日本の地位を失墜させることを 一つの目的とする,悪名高き VANK(Voluntary Agency Network of Korea) が英国の顰蹙を買っています。    
   “Very good design, please don't pay attention to racist & hate crime spreading Koreans. It is not there fault they are brainwashed.”,“It is really cool. This is a symbol of the sun and makes you feel better in Japan. Enhances the pleasure of the viewer.You have a complaint from one country, but don't worry.” などのpositiveなコメントがついて 1月2日 そのまま公開されています。    

|

« ゴーン被告逃亡,裁判所は彼の財力を見くびったか? | トップページ | 内閣府 世論調査「日本と韓国」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴーン被告逃亡,裁判所は彼の財力を見くびったか? | トップページ | 内閣府 世論調査「日本と韓国」 »