« リタイア生活で愛用しているブランド | トップページ | 世界は米国と中国を肯定的に見ているが,トランプと習を信頼してない。 »

2020年1月17日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その554)

「日本国民 67% 『韓日首脳会談でも韓日関係は改善に向かわない』」  2020/1/15 中央日報・日本語版
   ‘日本国民の3人に 2人は,昨年12月24日に行われた文在寅 大統領と安倍晋三首相の首脳会談にもかかわらず韓日関係は改善しないと考えていることが調査で分かった。
   15日のNHKによると,今月11-13日に18歳以上の男女1221人に電話で世論調査をした結果,「1年3ヶ月ぶりの首脳会談をきっかけに日韓関係が改善に向かうのか」 という質問に対し,回答者の67%が 「改善に向かうとは思わない」と答えた。「改善に向かうと思う」という回答は17%にすぎなかった。
   これは韓日間の葛藤の核心懸案である強制徴用問題をめぐり両国間の見解の違いが大きいためと解釈される。14日(現地時間)に米サンフランシスコで行われた韓日外相会談でも両国は徴用問題をめぐり平行線をたどったと,NHKは伝えた。
   ・・・ ’ と書いています。             
  67%は少な過ぎるのではないかと思います。文さんの発言,特に最近の発言を読む限り,改善に向かう要素は何もありません。
  日本に助けを求めていますが,助けを求める前に,自らすることがあることが分っていません。
  何をもって 改善に向かうのか全く不明です。17%の「改善に向かうと思う」方々は文さんの発言を知らない?

「文大統領 『韓日関係は健康だ』と言うが…日本人 『いったいどの部分が?』」  2020/1/16 中央日報・日本語版
   ‘「その問題以外に韓日関係は非常に健康で良い関係だと申し上げます」。
   14日の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の新年会見で最も印象的な場面を挙げるよう言うと,日本人の知人は悩むことなくこの部分を選択した。「いったい韓日関係のどの部分が健康で良いのか,ひとつ事例でも挙げてくれたら良いだろう。とても非現実的」としながらだ。
   会見で文大統領は「強制徴用判決問題をどのように解決するかは問題があり,その問題で日本の輸出規制という問題が生じ,そのため世界貿易機関(WTO)提訴とまた韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)問題としてこのように連結された。大きく3種類の問題といえる」としてこうした発言をした。
   東京で肌で感じる韓日関係の現実は,文大統領の認識とはやや距離がある。政府間の対立はすでに国民間の反感に広がって久しい。
「ビジネスをしながら長く親交を積み上げてきた日本人との連絡が途絶えた」「SNSにコメントをしてくれる日本人の数が減った」…。日本で生活する韓国人の苦しさはどこでも簡単に接することができる。地下鉄で隣の席の乗客に韓国人という事実を知られたくなく携帯電話に保護フィルムを貼る人もいるという。
   毎日新聞が昨年末に実施した韓国,米国,中国,ロシアなど周辺国に対する親密度調査で,韓国はロシアとともに最下位を記録した。韓国に対して感じる日本人の親密度は5点満点で1.9点だったが,これは2014年の調査開始以降で最低点だった。NHKが15日に発表した世論調査では1年3ヶ月ぶりに韓日首脳会談が開かれたことと関連して韓日関係が「改善に向かうとは思わない」という回答が67%に達した。
   文大統領の前日の新年の演説に対しては最も進歩的といわれる東京新聞さえも社説で「日本側が輸出規制の撤回をすれば,協議が進むとの認識を示した。これは順番が違うのではないか。徴用工問題での進展があれば,自然に解決するはずだ」だと書いた。
   ・・・
  両国首脳の公式会談が15ヶ月ぶりに,それも第三国でようやく開かれるほど政治的現実は厳しい。日本の輸出規制措置で政治対立が経済分野の緊張関係に移って久しい。その上民間交流まで冷え込んでいる。「戦後最悪の韓日関係」という言葉が慣用句になってしまった現実はこのように文大統領の認識とは明らかに差がある。
  もちろん両国関係冷え込みの根底には文大統領が言及した強制徴用と輸出規制問題がある。徴用と輸出規制が両国関係全体を押さえ込んでいるため、「この問題以外に韓日関係は非常に健康で良い関係」という大統領の発言はさらにぎこちなくなるほかない。
  日本の有力メディアの韓国専門家の中には「徴用と輸出規制問題解決の重要性を逆説的に強調した詩的な表現と受け止めるべきなのか」 と問う人までいた。文大統領の発言をめぐっては「国語・英語・数学を除いて成績は非常に良好だ」「政治と経済問題,社会統合などを除けば国政運営は非常に卓越している」というパロディまで登場したという。
   昨年と違い文大統領は今年の新年会見では韓日関係改善に対する意志を明確に明らかにした。関係改善の第一歩は両国関係の現実に対する正確な理解から出発しなければならないようだ。’ との報道です。   
   問題は,全て韓国に責があるという自覚が 文さんには 全くないことです。  

この文さんの認識では 首脳会議をしても 何の進展も得られないのは明らかで,もし頭が悪くなければ 少し考えてほしいところです。
頭が悪ければ 考えても仕方ありません。     

|

« リタイア生活で愛用しているブランド | トップページ | 世界は米国と中国を肯定的に見ているが,トランプと習を信頼してない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リタイア生活で愛用しているブランド | トップページ | 世界は米国と中国を肯定的に見ているが,トランプと習を信頼してない。 »