« 内閣府 世論調査「日本と韓国」 | トップページ | かつて自動車業界の巨人,そして犯罪容疑者,今 国際手配犯。 »

2020年1月 4日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その550)

「韓国五輪委 東京のホテル借り切り選手に食事提供へ=放射能懸念で」   2020/1/2 聯合ニュース・日本語版
   ‘大韓体育会(韓国オリンピック委員会)の李起興 会長は2日,聯合ニュースとの新年のインタビューで,「昨年末に東京を訪問し,五輪期間中,わが国の選手団の食事をサポートする支援センターとの契約を終えた」と明らかにした。
  東京五輪を巡っては,選手村で提供される食事に東京電力福島第1原発事故が起きた福島産の食材が使われるとして,韓国をはじめ各国から安全性を懸念する声が出ている。大韓体育会は選手村から約15分離れたホテルを五輪期間中に借り切り,選手団のための拠点を用意した。
  放射能汚染に対する懸念が払拭されていない中,大韓体育会は韓国選手団の食の安全を最優先に考え,韓国選手団のための食堂を用意すると早くから明らかにしており,先ごろ関係機関との契約を終えた。
 忠清北道・鎮川の国家代表選手村から派遣された調理師が韓国から空輸された食材を使って選手団の食事を24時間サポートする。
 同ホテルには80人が利用できる食堂があり,五輪を観戦する関連団体の関係者もこのホテルを利用する。
 大韓体育会は韓国文化・飲食などの広報拠点「コリアハウス」も設置,運営する。コリアハウスは2004年のアテネ五輪以降,主な国際大会で設置された。   ・・・ ’ との報道です。
   俄かには信じられませんが,本気のようです。
   韓国で何を食べているのか知りませんが,日本の食材を避けるために,韓国から食材を空輸するそうです。空港の検疫をうまく通過できればいいのですが,何せ 韓国の食材なのでどうなるか分りません。
   それにしても 分らない民族です。この愚行を諌める人間がいません。

「【韓半島平和ウォッチ】日本の空母に対応するには韓国型空母戦団が必要だ」  2020/1/3 中央日報・日本語版
   ‘韓国が今年,韓国型航空母艦の概念設計に着手する方針を固めた。1953年の停戦協定で戦争が終わり,平和と経済繁栄を謳歌してきた韓国が攻撃型武器の象徴である航空母艦を保有するほかない状況になっている。
   中国は「遼寧」と「山東」を就役させ,3隻目の空母を上海で建造中だ。中国は遠からず米国のように原子力空母を保有することになるだろう。中国の空母保有は米国との覇権争いの一環であるため,中国が航空母艦を保有するからといって韓国も空母を保有しなければならないという軍事戦略は考えなかった。ところが日本が2018年12月,安倍晋三首相主宰の閣議決定で「いずも」と「かが」を空母に改造することを宣言しながら,韓国の軍事戦略も航空母艦を保有する戦略に転換するほかなくなった。日本が空母保有を宣言した理由は,日本が実効支配する尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり中国との領土紛争に直面しているためだ。日本本土との距離が遠く,中間拠点の役割を果たす航空母艦が必要になったのだ。
   韓国が空母を保有しなければならない理由は独島(日本名・竹島)防御のためだ。日本は韓国の領土である独島を自分の土地だと執拗に主張している。そのような日本が空母戦団を構築して独島沖に布陣させ,武力示威を行う日が来れば韓国も空母戦団で対処しなければならない。空母戦団がなければ無防備状態で日本の武力示威を許してしまうことになる。
◆韓半島周辺4強はすべて空母保有
   日本の空母戦団は空母1隻に少なくとも6隻以上の軍艦と数隻の潜水艦,F35B戦闘機10機,対潜ヘリコプター,対潜哨戒機,電子偵察機など大規模武器システムで独島を圧迫することができる。韓国との関係が悪いからといって半導体材料の核心技術の輸出規制を行い,韓国経済の急所を突く日本の手法を見ると,いつかは空母戦団を前面に出して独島奪取を試みる可能性がある。また,中国軍用機が韓国防空識別圏(KADIZZ)を頻繁に入ってくる尋常ではない動向を見ると,いつか離於島の近くに中国空母戦団が姿を見せる可能性にも備えなければならない。このような状況が,韓国に少なくとも1個の空母戦団を構築しなければならない理由になっている。
   日本が航空母艦の保有を宣言しながら,韓半島(朝鮮半島)周辺4強である米国・中国・ロシア・日本はすべて航空母艦を保有することになったのだ。これは北東アジアの歴史で新たな安保秩序が胎動することを意味する。世界でも類を見ない航空母艦軍備競争に火がついている。
   では韓国型空母はどのような空母でなければならず,どのように空母戦団を構成するべきか。11隻の原子力空母を保有した米国の空母は平均10万トン級(満載排水量基準)であり、「カタパルト」(飛行機射出機)という装置を利用して,戦争中には10分間に20機の航空機を高速で離陸させることができる。反面,韓国型空母は3万トン級と小さいため,船首の上向き角度が11度から12度の上に曲がった大型のスキージャンプ構造になるものと予想される。
◆設計の時にはF35Bの搭載を考慮すべき
   規模が3万トン級であるため,戦闘機は米国産の垂直離着陸ステルス戦闘機F35Bを搭載することになるだろう。航空母艦の形態は垂直離着陸戦闘機を搭載する米国強襲揚陸艦「ワスプ」、,日本「いずも」,英国空母「クイーンエリザベス」を参考にすることができる。このうち「いずも」と米国強襲揚陸艦が韓国型空母に示唆する点を与えるだろう。
   「いずも」は現在ヘリコプター搭載艦として運用されているが,設計から米国製垂直離着陸ステルス戦闘機F35Bを搭載する航空母艦として改造することを念頭に置いていた。指揮塔が船の右側中間地点にあって甲板が水平に大きく開けているため滑走路として利用することができる。日本海上自衛隊の元幹部は2018年2月,「いずもは2006年基本設計が始まる時からF35Bを艦艇格納庫に保管することもできるように作った」と証言したことがある。実際,いずもは戦闘機を艦艇内部に保管して作戦を実行する時,戦闘機を飛行甲板に上げるためのエレベーターの大きさをF35Bが収まるように長さ15メートル、幅11メートルにした。
   米国と軍事同盟を維持している韓国は米国と合同訓練を行うことを考慮し,米国強襲揚陸艦も韓国空母設計の参考にしなければならない。日本も米国F35Bを自国空母から離着陸させる訓練を構想していて,この訓練は韓国にも同じように適用されるだろう。
   ・・・
◆空母戦団は宇宙・サイバー・電子戦にも備えを
   ・・・
   中国は12月に独自に建造した「山東」を就役させて今後6隻に増強する予定で、日本も4隻を計画している。韓国の経済規模を考慮すると,両国に追いつくために空母の建造ばかりはしていられない。国民福祉と経済成長に使わなければならないお金を軍備競争に注ぎ込むことができないためだ。
   中国・日本も途方もない軍事費支出が限界に至るだろう。両国国民の反対が高まって韓国の主張を傾聴する日が来るだろう。韓半島周辺4強が航空母艦を保有して競争する初めての事態が広がる今、韓国は今まで以上に気をしっかり引き締めて未来に備えなければならない。11隻の原子力空母で武装した世界最強の軍事力を持った米国との同盟を固くし,富強な国に発展してこそ国を守ることができるという事実を心に留めておかなくてはならない。金慶敏/漢陽大学特別功勲教授’ と書いています。
   日本が 竹島や朝鮮半島を攻撃するのに空母は不要です。
   韓国は 空母を保有するするようなバランスの悪いことをするより 対北朝鮮向けの迎撃装備に注力し,日本に対しては まず,約束と国際条約を守ることを優先することが重要です。

この国の人々の思考法は日本人の想像を超えています。

|

« 内閣府 世論調査「日本と韓国」 | トップページ | かつて自動車業界の巨人,そして犯罪容疑者,今 国際手配犯。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内閣府 世論調査「日本と韓国」 | トップページ | かつて自動車業界の巨人,そして犯罪容疑者,今 国際手配犯。 »