« 薬漬け(?)の日々。 | トップページ | 2大柑橘。 »

2020年2月 2日 (日)

時折りの欲しいもの:Gloverall の “Portsmouth Padded Duffle Coat”

この冬の Gloverall の新製品 “Portsmouth Padded Duffle Coat” を英国のホームページで見かけました。
中綿入り(padded),ウールの軽いダッフル・コートのようです。色は NavyCamel の2色。

001_20200123103001

ポンドによる価格は分りませんが,定価 ¥59,000 が Sale で ¥23,700,いつまでか分りませんが,60%引きです。

最近,色々な軽い素材の ダッフル・コート風デザインのコートが売られるようになりましたが,重い メルトン・ウール(boiled wool)の一枚仕立てでなければ 「ダッフル・コート」と呼べない,と思っていました。
今回,ダッフル・コートの老舗 Gloverall が “Duffle Coat” の名前で 新しい素材,中綿入り(当然 裏地あり)の新製品を売り出したので 認めざるを得ません。
002a_20200123103001
004a_20200123103101
009a_20200123103101
フードのスナップによるアジャスター」,「フラップ無しパッチ・ポケット」,「3ヶ所のファスニング」,「貼り付け二つボタン留めの長方形チン・ストラップ」などのデザインは ほぼ “Monty” を継承しています。
因みに モデルが履いている靴は ‘Clarks’ の “Desert Boot(Sand Beige)” のようで,何の違和感もない,50年間 不変のコーディネーションです。

以下に 商品説明を拙訳・転載します。
*****************************************
豪華で柔らかいカシミアとウールの混紡で作られ,140gsm(g/㎡)の中綿(wadding)が詰められており,軽量でありながら心地よい(cozy)ダッフル・コートとなった。
デザインは,大きなパッチポケット,オリーブの木のトグル,麻紐のストラップを備えたクラシックなダッフルのディテールを特徴としており,ドロップ・ショルダーと大き目のフィット感が現代的なひねりを加えている。
内側は,全面 綿でライニングされていて, コントラストのある赤いグローバーオール・テープのトリムで仕上げられた胸の内ポケットがある。
誇り高い イギリス製である。

DETAIL

 ・Made in England

 ・67% wool, 28% polyamide(ナイロン), 5% cashmere

 ・100% polyester filling(ポリエステルの中綿)

 ・Olive wood toggle and jute rope fastening

 ・Patch pockets

 ・Fully lined in 100% cotton with internal patch pocket

*********************************
近年の冬の暖かさから しばらく出番がないメルトン地の “Monty” より このダッフル・コートの方が着る機会がありそうですが,購入予定は ありません。

|

« 薬漬け(?)の日々。 | トップページ | 2大柑橘。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬漬け(?)の日々。 | トップページ | 2大柑橘。 »