« 見出しに見る「勘違い」(その564) | トップページ | 広島中央署 押収証拠品 現金 8,572万円 窃盗事件,これで終止符か? »

2020年2月14日 (金)

「イタリア料理教本」

Dsc_2620aイタリア料理教本」 ずっしり重い ハードカヴァー 575ページ,発行 (株)柴田書店。

著者は,1989年の「日本イタリア料理協会」発足時に初代会長に就き、都合6年間を務め,現在 経堂のイタリア料理店 「エル・カンピドイオ」のオーナー・シェフ,イタリア料理の重鎮 吉岡敏明さんです。

71歳にして イタリア料理を勉強しようとしているわけでは毛頭ありません。
たまたま,京都で古書店を営む,家人の高校時代の友人から 何かの返礼として送られてきました。

食材から,イタリア各地の情報まで網羅されています。

見ているだけで 食べたくなります

Dsc_2621b
Dsc_2623b
Dsc_2624b
Dsc_2625b

米(リゾット・その他の米料理)だけで 10種類以上あります。
Dsc_2626
そして 下は 家人にオーダーして作ってもらった 「いかすみのリゾット」です。
烏賊の「スミ袋」を入手するために買った烏賊が 500円したそうです。
Dsc_2641

|

« 見出しに見る「勘違い」(その564) | トップページ | 広島中央署 押収証拠品 現金 8,572万円 窃盗事件,これで終止符か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その564) | トップページ | 広島中央署 押収証拠品 現金 8,572万円 窃盗事件,これで終止符か? »