« 死刑の判決の場合の「主文後回し」の不思議 。 | トップページ | 最近 ‘Gloverall’ のサイトは 価格が Yen で示される。 »

2020年2月18日 (火)

トランプの外交政策に賛同する国は ほとんどないが ・・・ 。

2月5日,トランプ大統領が 2020年 一般教書演説を行い,自身の政策を自画自賛したようです。

これに先立つ 2月3日,‘Pew Research Center’,‘FACTANK’ は “Few in other countries approve of Trump’s major foreign policies, but Israelis are an exception” (トランプの主要な外交政策に賛成する国はほとんどないが,イスラエルだけは例外)のタイトルで 報告していました。

下記に 拙訳・転載します。

**************************************

ドナルド・トランプ大統領が2020年の一般教書演説に向けて準備を進めているが,2019年春のピュー・リサーチ・センター調査の新しい分析によると,彼の署名した外交政策の評価は 一般的に世界中で否定的である。

米国外の多くの人々が,世界のリーダーとしてのトランプの業績に信頼の欠如を表明するように,多くの国の回答者は彼の国際的な政策決定(international policymaking)に反対している。
調査した米国以外の33ヶ国の大半では,米国が他国からの輸入品に対する関税引き上げの反対(中央値68%の反対),さらに 国際気候変動協定からの撤退(66%),および 米国とメキシコの国境の壁(60%)に関して反対が多い。

米国への移民を少なくするというトランプの立場とイランの核取決めの彼の政権の撤退も否定的である:これらは 調査されたすべての国で,それぞれ55%52%の中央値は,これらの手順に賛成してない。

001_20200206180701

彼のすべての署名外交政策の中で,北朝鮮の指導者 金正恩とのトランプの交渉は最も肯定的に見られる。
調査対象国全体で中央値41%が賛成を表明しており,反対の数字よりも中央値が高い,唯一の政策である。

Israel stands out in approval of Trump’s policies
イスラエルはトランプの政策への賛成で際立っている

トランプの政策に対する支持を別の方法で検討するために,調査で質問された6つの政策にわたって賛成インデックスも作成した。

回答者がある政策に賛成した場合,回答を1としてコーディングし,反対した場合,-1としてコーディングした。 (「わからない」の回答は0としてコード化された。)
次に,すべての政策に対する回答を合計し,66つすべてへの賛成)から -66つすべてに反対)の範囲のインデックスを作成した。

002_20200206180801

政策への反対よりも賛成が多い回答者 - 合計でプラスのスコアになった回答者 -は,単一の純政策賛成カテゴリ(single net policy approval category)に統合された。

賛成した政策よりも多くの政策に賛成しなかった回答者 - 合計で負のスコアとなった回答者 - は,単一の純政策の反対カテゴリ(single net policy disapproval)にまとめられた。

ゼロの場合は,トランプの政策に対する中立的な見解,または回答者が意見を共有しなかったことを示し,別の3番目のカテゴリに含ませた。

このインデックスを使用すると,調査対象33ヶ国の中央値のわずか18%がトランプの政策の純賛成(net approval)(つまり,反対よりも賛成の政策が多い)を表している。一方,中央値の67% が純反対を表している。

イスラエルは,大多数の人(55%)がトランプの政策に対して賛成を表明している,調査対象国の中で唯一の国である。
実際,イスラエルの賛成者の割合は,調査に含まれた2番目に賛成が多かった国である米国よりも18ポイント高くなっている。

トランプの政策に対する純賛成は,西ヨーロッパ,ラテンアメリカ,中東,北アフリカのいくつかの国で特に低くなっている。

オランダ,スウェーデン,アルゼンチン,チュニジア,メキシコ,トルコ,フランス,ブラジル,スペイン,ドイツで,トランプの政策に賛成するのは 反対の10分の1以下である。

トランプの政策への賛成は,中央および東ヨーロッパ,サハラ以南のアフリカ,およびアジア太平洋地域の一部の国で高くなる傾向がある。
たとえば,ポーランドとハンガリーのおよそ3分の1の人々が,トランプの政策に反対するより多く賛成している。

Populism, ideology are associated with Trump policy approval
ポピュリズム,イデオロギーはトランプの政策賛成に関連している

003_20200206180801

ヨーロッパの右派ポピュリスト党に好意的な見解を持っている人は,一般的にトランプの6つの署名外交政策に賛成を表明する可能性が高い。
たとえば,スウェーデンとハンガリーでは,スウェーデンの民主党とフィデスを支持する人は,トランプの政策への賛成を表明しない人よりも少なくとも24パーセントポイント高い可能性がある。
スペイン,英国,チェコ共和国,オランダにも大きなギャップある。

調査対象となった15の国では,右翼イデオロギーを持つ人々は,賛成指標で測定されるように,トランプの政策を好意的に見ている可能性が高い。
これは,イスラエル,オーストラリア,ギリシャ,英国,カナダ,ハンガリーで特に当てはまる。

また,右翼イデオロギーを持つ人々は,イタリア,スウェーデン,フランス,オランダ,韓国,ブルガリアでのトランプの政策に賛成を表明する可能性がかなり高い。

Confidence in Trump connected to net approval of his policies
トランプへの信頼は彼の政策への賛成につながった

世界情勢で正しいことをすることに関するトランプに対する人々の信頼が低い国では,一般的に政策に賛成する人は少なくなる。
たとえば,メキシコ,ドイツ,トルコ,チュニジアでは,トランプに対する信頼は非常に低く,主要な外交政策に賛成を表明する人々の割合も非常に低い。

004_20200206180901

この関係にもかかわらず,人々がトランプに信頼を表明する可能性が最も高い 2つの国,イスラエルとフィリピンは,彼の政策について非常に異なる見解を持っている。
イスラエルの大多数は 多くの政策に反対するより賛成しているが,合計で賛成者であるフィリピン人はわずか21%である。

(転載了)
**********************************

他国民が賛成しようが反対しようが “Great America” で “America First” を目指すトランプには どうでもいいことでしょう。

|

« 死刑の判決の場合の「主文後回し」の不思議 。 | トップページ | 最近 ‘Gloverall’ のサイトは 価格が Yen で示される。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 死刑の判決の場合の「主文後回し」の不思議 。 | トップページ | 最近 ‘Gloverall’ のサイトは 価格が Yen で示される。 »