« “Harrington Jacket” は ‘Baracuta G9’ だけではない。 | トップページ | Bone China の ‘Tea Cup’ と ‘Coffee Cup’ »

2020年3月 7日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その568)

「中国には一言も言えず,100カ国に拒まれる韓国外交部…日本にだけは対抗」  2020/3/6 朝鮮日報・日本語版
   ‘韓国政府は「入国全面拒否」に近い日本政府の措置に全く気づけずにいた。5日午後4時ごろ,日本からの報道を見て初めて状況把握に乗り出した韓国外交部は,夜遅く駐韓日本総括公使を呼んで抗議し,「対抗措置」を協議するなど,せわしなく動いた。この措置が確定すると,新型コロナウイルス問題に関して韓国政府が入国制限を加える初の事例となる。先月25日より韓国からの旅行者を強制隔離するなど,韓国人の入国制限の先頭に立っている中国に対しては依然として何の手も打っていない。
  ・・・
 ■日本には「対抗」、中国には「制限していない」
  オーストラリアのスコット・モリソン首相は同日,記者会見を開き,「韓国から来た外国人に対する入国を禁止する」と発表した。今後,オーストラリアに到着する前の14日以内に韓国,中国本土,イランに滞在した外国人(永住者を除く)はオーストラリアに入国できなくなる。オーストラリアは,新型コロナウイルス感染症による死亡者が約100人と韓国の3倍に達しているイタリアに対しては入国を禁止していない。オーストラリア政府は自国民対象の韓国旅行警報も引き上げた。大邱市・慶尚北道清道郡は第3段階の「旅行再考」から最高段階である第4段階の「旅行禁止」へ,その他の韓国の地域は第2段階の「旅行注意」から第3段階の「旅行再考」へとそれぞれ引き上げた。オーストラリアは韓国人・韓国系滞在者が10万人,韓国人訪問者が年間25万人の国だ。
   ・・・
  この前日,康京和韓国外交部長官は,韓国に対し入国を禁止する国が急増していることについて,「防疫能力がない国が入国禁止というやぼな措置を取っている」と述べた。この発言は,医療先進国である日本やオーストラリアすら 「ノー・コリア」に加わったことで,たった一日で恥をかく羽目になった。元韓国外交部官僚は「康京和長官の発言は末端の外交官すら口にできない非外交的な言葉だ。安易な状況認識をそのままさらしている」と言った。
  康京和長官は同日午前も「この状況がもう少し過ぎれば,相手国の措置がかなり緩むのではないかと考えている」と語った。文在寅大統領も3日の国務会議で,「(新興宗教団体で韓国での感染拡大のきっかけになった)新天地イエス教以外はきちんと管理されているという点を外国も知ることになるだろう」という趣旨で語っていたことが分かった。
   だが,5日現在で韓国からの旅行者の入国を制限・禁止している国は合計100ヶ国となり,前日より5ヶ国増えた。感染が分かった初期に発生地・中国に対する入国禁止をためらううちに,最悪の状況を招いたという指摘が多い。
  野党と一部の専門家らは「今からでも中国に対する入国禁止を考慮するべきだ」と言っている。しかし,韓国政府は「中国の地方政府の措置に対抗するのは不適切だ」という考えだ。’ と書いています。
   日本にだけは 大騒ぎするする国です。日本だけには,日本だけには,・・・ 軽んじられたくない?
   この 日本に対する感情を何と言うべきでしょうか,小中華思想?
   未だに 韓国にとって 「中国は父,日本は弟」と思っており,日本に否定的態度をとられることを許せないのでしょうか?
   「弟の分際で 兄に対して 何をする!」
   他の国は許せても 「日本だけは,日本からだけは ・・・」,哀れです。
   もう 立場を理解すべきときでしょう。
   対抗措置がとられたようです。

|

« “Harrington Jacket” は ‘Baracuta G9’ だけではない。 | トップページ | Bone China の ‘Tea Cup’ と ‘Coffee Cup’ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Harrington Jacket” は ‘Baracuta G9’ だけではない。 | トップページ | Bone China の ‘Tea Cup’ と ‘Coffee Cup’ »