« 米 NYT紙上で,上智大教授の「日本政府の無能」寄稿に外務省反論。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その569) »

2020年3月12日 (木)

邪道ながら「ボタンダウン・スポーツ・シャツ」を「クレリック・シャツ」に改造。

Dsc_2695a_20200309185801
6年前に買った,Brooks Brothers のピンクのオックスフォード長袖スポーツ・シャツの襟が酷使により 破れました。
おそらく ネット販売のSale品で ¥5,000~¥6,000 程度だったと思います。

UNIQLO のピンクのシャツに買い替えよう。」と言うとー
「襟を 裏返せば まだ着られる。」と,家人。
「襟の裏は白い生地だから,『クレリック・シャツ』になってしまう。」と私。

クレリック(cleric)は そもそも「聖職者」の意味で, 『クレリック・シャツ』は 色無地,あるいは ストライプなどの柄の生地の身頃に,白い生地の襟とカフを付けたシャツで,ドレス・シャツの中でも最上級にドレッシーで,私は 一度も着たことはありません。
又,ボタンダウン・シャツのクレリック・シャツの存在が許されるのか?の,メンズ・ファッションにおける,かなり上級の疑問もありました。
そういう シャツ -ボタンダウンのクレリック・シャツ -を,ルールを知ってか知らずか,堂々と作って売っているメーカーもあるようですが ・・・,おそらく 日本だけでしょう。

「古希を過ぎているんだから 何を着ていても 誰も気にしない。」と家人は作業を開始して 1時間も経たないうちに完成させました。
但し,カフは裏返していません。
襟取り付けのミシン目は小さく,私が初めに リッパーで糸を切って分解しようとしましたが,2cmでギヴ・アップしました。
黙って着ます。

Dsc_2704a
Dsc_2721
Brooks Brothers のシャツには 珍しく襟に バック・ボタンが付いています。
Brooks Brothers のボタンダウン・シャツを初めて買ったとき(35年前?),それまで VAN Jacket の,バック・ボタンが付いたボタンダウン・シャツに慣れていたので,バック・ボタンが無いのに違和感を覚えましたが,ボタンダウン・シャツの元祖である Brooks Brothers のシャツに間違いないはないと 自らを納得させた記憶があります。
UNIQLOの オックスフォード,ピンクのボタンダウン・シャツ 税抜 ¥1,990 は買いました。
(2年前,白を買った時は sale¥700の ¥1,290 だった。saleまで待つべきだったか?)
Brooks Brothers に比べると やや薄いピンクでした。

Dsc_2699a
UNIQLO のシャツのFit Type は1種類(Regular Fit)ですが,現在の私の体型には Mサイズでジャスト・フィットです。

|

« 米 NYT紙上で,上智大教授の「日本政府の無能」寄稿に外務省反論。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その569) »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米 NYT紙上で,上智大教授の「日本政府の無能」寄稿に外務省反論。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その569) »