« “Seven Years in Tibet” の ハインリヒ・ハラーの登山靴は “Vibram Sole” だったのか? | トップページ | 植村隆 元朝日記者の慰安婦記事訴訟,札幌高裁に続き 東京高裁も控訴棄却。 »

2020年3月 4日 (水)

TVでの面白い発言(その57)

◯警察特捜 2019でー
  ・元妻への傷害容疑で指名手配され 80日間の逃走後,
    実家に立ち寄ったところを逮捕された男,
    14人の警察官が実家周りを取り囲んでいるのを見て
    「どれだけいるんだよ,税金の無駄遣いだよ。
    (お前が税金の話をするな!)

   ・容疑者に対して
    制服警官 「すみません,警察です。」
    容疑者 「見れば わかる。
    (確かに・・・)

◯3月1日 「ボクらの時代」は
   2011年に放送された 野村克也さんの家族の回の再放送でした。
   いくつかの話の中からー
   克也 「俺は最高の人生を送っているよ。
           (小声で)奥さんを除けばー。
   *********

   克也 「世界広しと言えども 君とうまくやっていけるのは
           俺しかいないよ。
           (息子・克則に)そう 思うだろ?」
   克則 「はい。
   *********

   克也 「死ぬときは 『朝起きてこないね』って
           見に行ったら死んでいた,というのがいいね。」
   沙知代 「あーた,この前,xx時半になっても起きてこないから
             お手伝いさんが 『2階に行って 鼻のところに手を当てて
             息しているかどうか確かめたらどうですか?』          
             って言うから そうしてみたら 生きているじゃない。
             16時間は寝過ぎよ。

|

« “Seven Years in Tibet” の ハインリヒ・ハラーの登山靴は “Vibram Sole” だったのか? | トップページ | 植村隆 元朝日記者の慰安婦記事訴訟,札幌高裁に続き 東京高裁も控訴棄却。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Seven Years in Tibet” の ハインリヒ・ハラーの登山靴は “Vibram Sole” だったのか? | トップページ | 植村隆 元朝日記者の慰安婦記事訴訟,札幌高裁に続き 東京高裁も控訴棄却。 »