« 運動を兼ねて 食料調達に呉駅まで歩いてー 。 | トップページ | 「建もの探訪」で見た「ガスコンロ」。 »

2020年4月28日 (火)

Drake’s “Clifford Desert Boot” で “Clarks” が 2足 買える。

最近,“Desert Boot” がファッション・サイトで取り上げられることが増えた気がします。

「スニーカー」以上 「ドレスシューズ」未満として,オフでの服装を選ばない汎用性が見直されているのでしょうか。
過去50年間 絶え間なく “Desert Boot” を履き続けている私としては,何を今更ー と言うところですが・・・ 。

001a_20200408231601
004a_20200408231601
この ‘Desert Boot’ は,その代名詞とも言える “Clarks” のものではありません。
デザインは ほぼ “Clarks” と同じですが “Drake's”(英国) の ‘Clifford Desert Boot’ です。
006_20200408231701
Suede の材質は実物を見ないと分りませんが,写真で分る ‘Clarks’ の “Desert Boot” との違いは ①靴ひもを通す孔に鳩目金具がない,②クレープソールの色(濃い)と凹凸が大きい くらいです。

ウェブサイトの製品説明(Description)として,次のように書いてあります。
************

Footwear made in Italy from the finest suede最高級のスエードで イタリアで作られたフットウエア

We set out to create a shoe which felt like the perfect accompaniment to our soft tailoring, button-down shirts and nit ties.What we arrived at was this: a classic suede desert boot with a sturdy crepe sole, lovingly manufactured in Italy. These will prove remarkably versatile, adapting to almost any outfit or occasion. As our Creative Director Michael Hill says: 'A suede desert boot is a tremendously useful shoe. You can wear them to dinner, you can wear them with a casual suit, you can wear them on the weekend. If you're travelling and can only take one pair of shoes, take these.
 ・The Clifford Boot fits true to size
 ・Made in Italy
 ・Unlined
 ・Suede Upper
 ・Crepe Sole
 ・Leather Insole with Embossed Easyday Logo
**********************************

ディナーにも,カジュアル・スーツにも,週末にも履け,「旅行に1足の靴しか持っていけない時は,この靴。」というのは同感で,私は現役サラリーマン時代,海外出張に ‘Desert Boot’ (但し “Clarks”)を履いて行っていました。但し,出張目的の技術打ち合わせの相手は ほぼノータイ,スポーツ・シャツでした。私は ブレザー あるいは スポーツ・コートにチノパンで,タイは着けていました。

上の写真で示したのは “Whiskey Suede” で,その他に “Sand Suede”,“Black Suede”,“Dark Brown Suede” があります。

価格は 英国のサイトではー
    £245inc.VAT)・・・ Clarks£110

日本での標準価格(税抜)はー
    ¥46,000 ・・・ Clarks¥23,000, ちょうど2倍の値段です。

|

« 運動を兼ねて 食料調達に呉駅まで歩いてー 。 | トップページ | 「建もの探訪」で見た「ガスコンロ」。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 運動を兼ねて 食料調達に呉駅まで歩いてー 。 | トップページ | 「建もの探訪」で見た「ガスコンロ」。 »