« コロナ対策に「銀の弾丸」はない。 | トップページ | 近くの公園の黄色い花 »

2020年5月29日 (金)

米国人はコロナウイルス・アウトブレイクに関連し,世界をどう見ているか。

Pew Research Center’ の ‘Global Attitudes & Trends’,May 21,2020付けで “Americans Give Higher Ratings to South Korea and Germany Than U.S. for Dealing With Coronavirus”(アメリカ人はコロナウイルス対処において米国よりも韓国とドイツに高い評価を与える)の見出し報告がありました。
サブタイトルは “Poor marks for China, partisan divides over WHO” (中国は貧弱と評価,政党はWHOで分裂)です。
以下,拙訳・転載します。

************************

001_20200523203501

驚くべきスピードで,COVID-19のパンデミックは国境を席巻し,犠牲者の命を奪い(claim),世界中の国々の経済をシャットダウンした。危機は政府からさまざまな政策対応を生み出し,成功の度合いはさまざまである。さまざまな国がアウトブレイクにどれだけうまく対応したかを尋ねると,米国人は韓国とドイツに高い評価を与える。対照的に,パンデミックの発生元と考えられている中国は,型通りの(fair)または貧弱な仕事しか行っていないと ほとんどが信じている。

大部分はイタリアの対応にも批判的だが,英国がCOVID-19に,どの程度うまく対応したかについては意見が分かれている。自国の対応については,米国人は党派的な線に沿って分かれている。全体として,47%の成人は,米国が大発生にうまく(good or excellent)対処したと言っているが,共和党と共和党支持者の71と比較して,民主党と民主党支持者のわずか27しかその見方をしていない。

米国人は米国がコロナウイルスと戦うためのアイデアのために国境を越えて考えるべきであることに大きくは同意している。半分近く(46)は,ウイルスの蔓延を遅らせる方法について米国が他の国から多くを学ぶことができると言い,38はかなりの量を学ぶことができると言っている。米国が他の国から学ぶことは多くはない(13)とか,まったくない(3)とはほとんど言ってない。世界的な健康問題に対処するための主要な国際機関である世界保健機関(WHO)は,強い党派的反応を引き出している。民主党の62は,WHOがパンデミックに対処する上で優れたまたは良い仕事をしたと信じているが,共和党は28だけしか同意してない。10人中8人の民主党員はWHOからのコロナウイルス情報を信頼しているが,共和党員は36だけしか信頼してない。

002_20200523203501

ただし,中国政府からの情報に関しては,両党派により多くの一致がある:米国人の84%は,コロナウイルスのアウトブレイクに関する北京からの情報に,あまり,または,まったく信用していないと述べている。

また,多くの人々は,現在の危機が中国の世界における地位に長期的な影響を与えると信じている:50は,パンデミック後の中国の世界情勢への影響力が低下すると回答している。3月の,ピュー・リサーチ・センターの調査で判明したように,中国に対する全体的な否定的な態度が高まっている。米国人の66が中国に対する否定的な意見を表明し,センターが2005年に質問を始めて以来,最も否定的な評価だった。

過去2年間で,民主党と共和党の両方の間で中国への否定的な見方が高まっているが,それでも中国に対する態度にはかなりの党派間の違いがあり,共和党は著しく否定的な態度を示している。

2020年429日から55日まで行われたピュー・リサーチ・センターによる新しい全国調査では,センターの ‘American Trends Panel’ を使用して10,957人の米国の成人を対象に,世界の舞台での米国の役割に関する幅広い質問について,党派間の分裂の進行についても取り上げている。

003_20200523203501

およそ10人に6人の共和党員(62)は現在,米国がグローバルな課題への取り組みを支援するのに力を入れすぎていると考えているが,民主党の26しか この見解を共有してない。2013年まで遡るピュー・リサーチ・センターの電話調査では,これらの見解における党派間のギャップは,はるかに穏やかだった。国際問題における米国の役割についての関連する質問も,党派とイデオロギーの線の両方に沿って大きな違いを示している。10人中6人の米国人は,米国は自分たちの問題に焦点を当て,他の国にできる限り最善を尽くして問題を処理させるべきだと述べている。39のみが,米国が他の国々の問題への対処を支援すべきだと考えている。しかし,民主党の64は,米国が他の国を支援すべきだと考えている。これは,穏健派と保守派の民主党員の間で登録されている44を大幅に上回っており,この見解を持っている穏健派と自由主義者の共和党員と保守派共和党員のシェアはほぼ3倍である。

004_20200523203501

調査に含まれている外交政策や国際情勢に関する他の質問については,党派的かつイデオロギー的な違いがある。民主党の81は,コロナウイルスの発生に対処するために米国が型通り,または貧弱な仕事しか行っていないと考えているが,保守的な共和党は22だけしか同じことを言ってない。民主党はパンデミックが,世界の舞台でのアメリカの立場にどのように影響するかについての彼らの厳しい評価において際立っている:56は米国が世界情勢にあまり影響を及ぼさないと信じ,中程度の保守的な民主党のシェアより20ポイント高い( 穏健派と自由主義の共和党のわずか15と保守的な共和党のわずか8が米国の影響力を弱めると述べている)。

一方,保守的な共和党員はWHOの特に否定的な評価で際立っている:ジュネーブに本部を置く組織がCOVID-19危機に対処する上で優れた,または良い仕事をしたと信じているのはわずか21である,穏健かつ自由主義的な共和党員の40と比較して。リベラルな民主党員(67)と穏健で保守的な民主党員(58)の多数派がWHOに肯定的な見解を与えている。

米国が世界の他の地域から少なくともかなりの量を学ぶことができるという信念は政治的スペクトル全体に広く共有されており,左派の人々は,米国が他国から多くを学ぶことができると考える可能性は,保守的な共和党員のたった25%と比較してはるかに高い(67%)。

党派に加えて,教育程度は調査で検討された問題の多くの重要な境界線である。高等教育を受けた人々は,米国が他の国々が問題に対処するのを助けるべきであると信じ,米国がコロナウイルスと戦うための効果的な方法について他の国々から学ぶことができると考える可能性が高い。より多くの教育を受けた人々はまた,WHOEUからの情報を信頼する可能性が高く,世界情勢への影響は少なく,米国は危機から脱却すると信じている。

How much can the U.S. learn from other countries about COVID-19?
COVID-19について米国は他の国からどれだけ学ぶことができる?

世界中の国々がCOVID-19の発生への対応方法に取り組んでいるため,ほとんどの米国人は,コロナウイルスの蔓延を制圧する方法について他の国から学ぶことができると考えている。

005_20200523203501

10人に8人以上の米国人は,米国はコロナウイルスの蔓延を遅らせる方法について他の国からかなりまたはかなりのことを学ぶことができると言っている。比較すると,米国は他の国からあまり,またはほとんど何も学ぶことがないと言う人は10人中2人未満である。

ただし,米国が国際的な対応からどの程度学ぶことができるかについては,党派間に大きな違いがある。民主党と民主党支持の無所属の60は米国が多くを学ぶことができると言うが,共和党と共和党支持者のわずか28しかその見解を共有しない。

また,この問題についての見解には,人種や民族,教育レベルによっても違いがある。黒人とヒスパニック系の人々は白人よりも,米国がコロナウイルスの拡散を遅らせる方法について他の国から多くを学ぶことができると言う可能性が高い。また,米国が他の国からCOVID-19について学ぶことができるという信念は,教育レベルが低い米国人よりも,教育レベルが高い米国人の間でより広まっている。

Views on U.S. global engagement
米国の国際交流についての見解

006h_20200523203001 現在の調査は,ピュー・リサーチ・センターの ‘American Trends Panel’ のメンバー間に対してオンラインで実施されており,米国人の42は 米国が世界の問題を解決するのに多くのことをしていると答えており,少し,と 適正量は それぞれ28である。

2018年5月に実施された電話調査では,国民の見方はおおざっぱに分かれている:30は米国がやりすぎ,33は少なすぎ,29は適切な量だと答えている。(注:現在の調査は過去の電話調査に匹敵するが,オンラインで質問すると,Web調査で回答がないことを示す低いシェアなど,多少異なる回答パターンが引き出される可能性がある。)

共和党の過半数(62)は,米国が世界の問題を解決するために多くのことをしていると考えており,それに比べて,少なすぎると答える人が 8%,適正な量というのが29%である。一方,多くの民主党員(48)は,米国は世界の問題を解決するのにあまり役立たないと回答しており,26は それぞれが適切な量,または多すぎると答えている。

過去の電話調査では,これらの見解における党派差異は,今日よりもはるかに顕著ではなかった。

007h_20200523203001 世界における米国の役割における関連する測定値について,60は,米国は自らの問題に対処し,他の国々が自分の問題に最善を尽くして対処すべきであると述べている。

小さい(39)シェアは,米国は他の国々が問題に対処するのを助けるべきだと言っている。全体的な見解は,201610月の電話調査で測定されたものと同様である。

共和党の約4分の3は,米国が自らの問題に対処し,他の国々は彼らの最善を尽くして管理できるようにしたいと考えている。共和党の間では,保守派の同様のシェアと、より穏健派または自由主義派を特定する人々がこの見方をしている。

対照的に,民主党の半数以上は,米国が他の国々の問題への対処を支援すべきだと述べている。 46は,米国は自国の問題を対処すべきであり,他の国の問題を支援すべきではないと述べていり。

民主党員の間の見解にはイデオロギーによる差異がある:民主党員の64は,保守的で穏健な民主党員の44と比較して,米国が他の国々が問題に対処するのを助けるべきだと述べている。

教育レベルが高い人は,他の国が問題に対処するのを支援するのにより協力的である。10人中6人の大学院卒業生は,米国は他の国々の問題への対処を支援すべきだと述べている。大学卒業生は,この質問について均等に分かれており,大学中退や高校卒の人の大多数は,米国は自身の問題に対処すべきだと述べている。

Americans divided along party lines over how well the U.S. has done dealing with the outbreak
米国人は米国がコロナ発生に対して,どれだけうまく対処したかについては党派の線に沿って分かれた

008h_20200523203101 わずかな差で,米国人は,コロナウイルスの発生に対処するために米国が型通り,または貧弱な仕事(52)しか行っていないと言う人が,優れたまたは良い仕事をした(47)より多い。

若い成人は,高齢者より,米国がアウトブレイクをうまく処理していないと言う可能性がかなり高い。

30歳未満の約3分の265)は米国の仕事が貧弱だと言っているが,そう言っているのは30歳から49歳では5950歳以上では,わずか10分の4に過ぎない。

より教育を受けたア米国人はまた,米国がこの病気にどのように対処したかについてより批判的である。修士の学位を持つ卒業生の約3分の2は,10人中6人の大学卒業生と同様に,米国は貧弱な仕事しかしてないと言っている。比較すると,高卒以下の約10人中4人(43)が同じことを言っている。

黒人(63)とヒスパニック系(57)の米国人も,白人の非ヒスパニック系米国人(48)よりも米国の対応を否定的に評価している。

しかし,米国がコロナウイルスの発生にどの程度うまく対処しているかについての意見は,党の方針に沿って最も分かれている。民主党と民主党支持者の約4分の3が米国の対応に批判的であるのに対し(73),共和党と共和党支持者の同様のシェア(71%)は,国の対応を賞賛している。評価はイデオロギーの線に沿ってさらに分かれ,リベラルな民主党員は,穏健または保守的な民主党員よりも米国のパフォーマンスに否定的な見方を持ち(それぞれ8166),保守的な共和党員は穏健派または自由主義的な共和党員よりも国の反応を称賛している(77 vs. 61)。

Majority of Americans are critical of China’s handling of the virus
米国人の過半数は中国のコロナウイルス処理に批判的

009h_20200523203101 米国人のほぼ3分の2は,中国がコロナウイルスの発生に対処において適切な仕事をしていないと述べており,37が中国は貧弱な仕事をしたと言っている。

すべての年齢層で約10人中6人以上が,中国のパフォーマンスに批判的である。しかし,中国に好意的な傾向が少ない傾向にある高齢の米国人は,中国に最低の評価を与えている: 65歳以上の69は,30歳未満の59と比較して,中国は型通りの,または貧弱な仕事をしたと言っている。

中国のウイルス対策について,どのように感じているかについては,教育程度はほとんど影響してない。 むしろ,すべての教育程度のグループの大多数の人々は中国がパンデミックをうまく処理していないと言っている。

この問題には,党派による大きな差異がある。二つの党の半分以上の人々は中国がアウトブレイクの対処に良い仕事をしていないと言い,共和党員は民主党員よりこの見解を有する可能性がはるかに高い。保守的な共和党員は特に中国が危機をうまく処理しなかったと言う可能性がある:10人中8人はこの見解を有する。

Partisanship and international orientation are factors in how Americans think other countries have handled the outbreak
党派主義と国際的志向は,米国人が他の国がどのように集団発生を処理したと考えるかの要因である

010h_20200523203101 米国と中国の両方におけるコロナウイルスのアウトブレイクへの対応の評価はかなり党派的だが,調査で尋ねた他の4ヶ国に関しては,それほどでもない。民主党は共和党よりもイタリア,韓国,ドイツが発生をうまく処理したと言う可能性がやや高い。ただし,これらの各例は,差は10パーセントポイント未満である。英国に対しては,共和党の54は,民主党の45と比較して,優れた,または良い仕事をしたと言う。

コロナウイルスの蔓延を遅らせる方法について,米国が他の国から多く,またはかなりの知識を得ることができると信じている米国人は,他の国が集団発生をうまく処理していると特に思っている。ドイツと韓国では,違いが最も顕著である。たとえば,米国は他の国から学ぶことができると言う人の70はドイツがコロナウイルスのアウトブレイクをうまく処理していると言っているのに対し,米国は他の国からほとんど,または何も学ぶことができないと考える人の48しかドイツがうまく処理したとは思ってない。

011h_20200523203201 米国が他の国から学ぶことができると信じている共和党員は,他の国がパンデミックに効果的に対処していると他の共和党員よりも高い確率を示している。そして,同じパターンが民主党の間でも見られる。

米国がアウトブレイクにどれだけうまく対処しているかの評価になると,米国が海外から学ぶことができると考える人は,現在のパンデミックへの対応をあまり積極的に評価しない傾向がある。米国が海外から情報を収集できると思う人の約半分(44)は,国が大発生を処理する優れたまたは良い仕事をしていると考えているのに対し,米国は海外から多くを学ぶことができないと答えた人の63がそれに相当する。

Partisans divided in their assessments of the WHO
WHOの評価でも 党派は分かれる

012h WHOは,3月初旬にパンデミックとして定義したコロナウイルスの世界的な蔓延に対処する上で重要な役割を果たしてきた。しかし,WHOはここ数週間,ドナルド・トランプ大統領から厳しく非難されている。4月中旬に,トランプはWHOへの米国の資金提供を停止した 民主党のトップによって この動きは激しく批判された。

WHOがコロナウイルスのアウトブレイクに如何にうまく対処したかについての米国人の見方も,党派的な線に沿っている。民主党と民主党支持者の62が,WHOが世界的なパンデミックへの対処において少なくとも良い仕事をしたと言っているのに対し,共和党と共和党支持者は28 だけしか同じことを言ってない。保守的な共和党員は,穏健派または自由主義的な共和党員よりもWHOのウイルスへの対応を称賛する可能性が低くなる。

大学院教育を受けている米国人は,教育を受けていない米国人よりも,WHOによるアウトブレイクへの対応に拍手を送る傾向がありますが、違いは少ない。若い米国人も,WHOのパフォーマンスを年上の米国人よりも認めている:30歳未満の成人の52は,65歳以上の39に比べて,WHOは優れたまたは良い仕事をしたと言う。

Information about coronavirus from EU, WHO generally viewed as trustworthy, but most do not trust information from Chinese government
EUWHOからのコロナウイルスに関する情報は一般に信頼できると見なされていますが,ほとんどは中国政府からの情報を信頼してない

013_20200523203601

米国人はさまざまな国際的な情報源からコロナウイルスの発生に関する情報を受け取っており,大多数はEUWHOからのデータを信頼していると言うが,ほとんどは中国政府からの情報には警戒している。米国の成人の15だけが,北京からの情報を少なくともかなりの量で信頼していると述べている。

014_20200523203601

EUWHOからの情報への信頼度は,全体的には比較的高いのだが,大学の学位以上の人の間ではさらに強い。修士(78)または学士(72)を持つ米国人の約4分の3は,EUからのコロナウイルスの発生に関する情報を信じることができると述べている。同様に,修士号を持つ人の70は,WHOからの情報を少なくともかなり信頼している。これには,コロナウイルスに関する情報に関してWHOを大いに信頼していると言う人のおよそ3分の1が含まれる。高校卒の約半数は,この情報源からの情報を信頼していると言う。

015_20200523203601

若い成人は,WHOからの情報を信頼できるものと見なす可能性も高くなる:1829歳のアメリカ人の68は,WHOからの情報を少なくともかなりの程度,信頼できると答えている。65歳以上の成人の約半分(51)だけがこの見解を共有している。

しかし,教育と年齢による違いは,これらの見解においては実質的な党派的分裂と比較して比較的小さい。保守的な共和党員は,自由な民主党員よりも各国際的な情報源からの情報を信頼する可能性ははるかに低い。

016_20200523203601

この党派的格差は,WHOに関する見解で特に顕著である。民主党の86は,保守的な共和党員の27と比較して,WHOからの情報を少なくともかなり信頼していると述べている。同様に,やや小規模だが,EUと中国政府からの情報を信頼する部門もある。

How will the pandemic affect the international standing of the U.S., China and the EU?
パンデミックは,米国,中国,EUの国際的地位にどのように影響するだろうか?

017h 米国人の半数は,世界情勢への影響が少ないまま中国が現在の危機から逃れると信じているが,米国やEUについてこれを言う人ははるかに少ない。米国の国民は,米国の影響力がパンデミックの影響を受けるかどうかを,どう考えるかについて,大きく分かれている。およそ10人に3人は,米国の国際的影響力がアウトブレイク後,強化されると信じているが,同じ割合が弱体化すると考えている。およそ10人に4人は,米国が以前と同じ影響力でアウトブレイクから脱出するとみている。

018h この質問には明らかな党派間のギャップが生じている。共和党員は民主党員の約2倍の割合で,米国の国際的影響力が危機の結果として強化されると考えている。一方,民主党員は,共和党員の約4倍,アウトブレイク後にアメリカの影響力が弱まると予想している。この問題に関しては民主党間の内部分裂もあり,民主党の支持者は米国の国際的影響力の低下を予見するのが,党内の保守派や穏健派よりも20パーセントポイント高い可能性がある。

019h 教育はまた,パンデミックが国際情勢におけるアメリカの役割をどのように形作るかについての見解にも結びついている。一般的に,より高いレベルの教育を終えた米国人は,米国の世界的な影響力が後退すると考える傾向がある。たとえば,修士の学位を取得した卒業生の45は,パンデミック後の米国のグローバル・ポジションが低下すると考えており,同じ考えの高卒者以下は21%に止まる。

世界の舞台への中国の影響について尋ねたとき,米国人の半分はコロナウイルスの発生後に中国は衰退すると信じている。ほぼ5分の1は中国の影響力が大きくなると考えており,約3分の1は中国のグローバルな地位はほぼ同じだと考えている。

この質問には大きな党派的差異がある。約10人に6人の共和党員は,コロナウイルスの発生により中国の国際的影響力が減少すると信じており,民主党の40だけが同じことを言っている。年齢による差異もこの質問で浮上する。65歳以上の米国成人は,30歳未満の成人よりも16パーセントポイント高く,中国の影響力が減少すると考えている。

020h これらの党派と年齢による差異は,中国に関する他の考えと似ている。高齢の米国人と共和党はまた,彼らが中国に否定的な意見を持っていると特に言う可能性がある。EUの将来の国際的役割を考えると,かなりの数の米国人が,EUのグローバルな地位は危機の影響を受けないと信じており,約5分の1はそれが増加または減少するとそれぞれ信じている。この質問にも党派差異があり,共和党員は民主党よりもEUの影響力が大きくなるとは考えない。

(転載了)
************************

まだ 中国を信用している米国人がいることが 一番の驚きです。
中国系米国人がそれほどいるとは思えませんが?

|

« コロナ対策に「銀の弾丸」はない。 | トップページ | 近くの公園の黄色い花 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナ対策に「銀の弾丸」はない。 | トップページ | 近くの公園の黄色い花 »