« TVでの面白い発言(その58) | トップページ | Brooks Brothers のシャツの値段が ・・・ ? »

2020年5月 5日 (火)

米国人の,最新の中国の見方。

米国人の中国に対する考えを調査した最新の結果がありました。

Pew Research Center’,Apr.21,2020付け,タイトル “U.S. Views of China Increasingly Negative Amid Coronavirus Outbreak” (コロナウイルス発生により米国民の中国への見方はネガティブ増加)です。

下記,拙訳・転載します。                       

*********************

共和党は中国に対して民主党よりも否定的であるが,ネガティブな格付けが両党とも上昇した

001_20200426184401

ドナルド・トランプ大統領が2017年に就任して以来,米中関係への彼のアプローチには,関税や貿易戦争のレトリックによる圧力の増大が含まれており,そして今,前例のないパンデミックが発生したことで,双方が互いに攻撃(aspersions)を繰り広げる準備が整った。3月に実施された米国人に対する新しいピュー・リサーチ・センターの調査によると,このような背景に対して,中国に対する否定的な見方が高まり続けている。

現在,およそ3分の2が,中国に対するネガティブな見解を持っていると述べており,これは,センターが2005年に質問を始めて以来,中国にとって最も否定的な評価であり,トランプ政権の発足以来,否定的見解は20ポイント近く上昇している。中国の指導者である習近平国家主席に対する肯定的な見方も歴史的に低い水準にある。

002_20200426184401

中国由来の失業や貿易赤字などの経済的要因は,依然として米国民の主要な関心事である。しかし,中国の人権政策や環境の悪化など,他の問題も米国人を悩ませている。これらの問題の多くは,国民が中国をより広く見ていることを示す役割を果たしている:調査に含まれる中国関連のトピックを深刻な問題と見なす人々は,一般的に中国全体に対する好意的な見方があまりない。

中国と米国の経済が現在のパンデミックの影響に苦しんでいる今,過去12年間のどの時点よりも多くの米国人が,米国を世界有数の経済大国と見なしている。実際,米国人は現在,米国を中国よりも およそ215930)で経済大国として見ている。

米国人はまた,自分の国が軍事的に世界をリードしていること,そして世界は 中国のそれとは対照的に米国のリーダーシップがより良いものであると圧倒的に信じている。

003_20200426184401

ある意味で,これは党派的な話である。共和党員は,この報告の多くの質問にわたって,民主党よりも中国を警戒し続けている。共和党と共和党支持者のほぼ4分の3は,民主党と民主党支持者の10分の6の程度と比較して 中国を否定的に見ている。

彼らはまた,サイバーセキュリティや中国による失業や貿易の不均衡などの経済問題に関して,中国をより気にしている。

共和党は,民主党よりも,米国が 中国に差をつける世界の主要な経済大国であり,世界のトップの軍事国であると考えている。そして,共和党支持者は,世界は米国主導であるほうがよいと一般的に言っている。それでも,今年,民主党の間で中国に対する否定的な見方がわずかに増加したため,両派とも今や中国(superpower)に対して大いに(largely)否定的である。

実際、2018年から2019年にかけて中国に対する否定的な見方が大幅に増加した後,2020年に両党は最大の否定的見解を記録した。

これらは,202033日から29日までに行われた,ピュー・リサーチ・センターによる米国の成人1,000人を対象とした新しい調査結果である。調査はまた,高齢の米国人よりも 歴史的に中国に対してより肯定的であった若い人々が,ますます中国に対する否定的な見方を持ち,以前よりも米国への脅威と見なしがちであることを示した。

しかし,米国と中国の関係のほとんどの面で,高齢の米国人は,若い米国人よりも依然として否定的なスタンスをとっている。

Unfavorable views of China continue to climb
中国への不利な見解は上昇し続けている

004_20200426184501

2020年には,2018年から2019年にかけて見られた否定性の劇的な上昇によって,中国への見方がさらに厳しくなっている。米国人のおよそ3分の2が現在 中国に否定的な意見を持っている。これは,ピュー・リサーチ・センターが2005年に質問を始めて以来記録された最高の割合である。

米国の約4分の1のみが好意的な姿勢を示している。

この調査は,コロナウイルスの発生が米国中に広がったときに行われ,いくつかの州ではロックダウンが実施され,死者数は急増していた。中国のウイルスへの対応は,一部の米国人に衝撃を与えたかもしれないが,3月中の米国の激化する状況により,その時期に中国に対する態度が変化したようには見えない。中国への見方は,NBAがシーズンの残りの期間を無期限に延期し,俳優のトム・ハンクスがソーシャル・メディアでCOVID-19の陽性反応を発表した312日前後に調査したものと比較しても,大きな変化はなかった。313日以前,米国政府が国家緊急事態を宣言する前にインタビューされた米国人は,一定の年齢,教育,性別,および政治的所属を保持している場合でも,その日以降にインタビューした人々と同様に中国に対して否定的な見方をしていた。

人口統計グループを通じて,中国に対する否定的な見方がたくさんある。 およそ10人に7人の共和党や共和党支持者がそうであるように,およそ10人に6人の民主党と民主党支持者は中国に対して好ましくない見解を持っている。大学の学位を持つ人も,中国に否定的な見方をするのに大学の学位未満の人と同じくらいで,各グループの約3分の2がこの意見を表明している。

005_20200426184501

50歳以上の高齢のアメリカ人は,18歳から29歳のアメリカ人よりも中国について好ましくない見方をする傾向がある。これは,センターが15年前に最初に質問したときから毎年当てはまる。しかし,50歳以上の半数以上が2012年以来中国に対して否定的な見方をしている一方で,今年が 若い米国人の半数以上が否定的な意見を持つ最初の年である。この年齢層では,質問が最初に行われて以来,否定的な見方がおよそ2倍になっている。

共和党は民主党よりも否定的である傾向があり,党ごとに非常に類似したパターンが現れる。それでも,両党派グループは,2年連続で,センターが2005年にこの質問を始めて以来,中国に対して最も否定的な評価を記録している。

Views of President Xi reach new low in U.S.
習主席への見解が米国における新たな低値に達する

006_20200426184601

 中国の格付けが下がり,中国の習近平国家主席への信頼も又 下がった。およそ10人に7人の米国人(71%)は,世界情勢に関して,習が正しいことをする信頼がないと言っており,センターが最初に質問してからの最高率である。中国の指導者を信頼していると答えたのはわずか22%で,昨年から15ポイント減少している。                                   

2019年から2020年にかけての信頼の低下は特に顕著である。習への見解は 過去数年間はかなり安定しており,10パーセントポイントの範囲内に留まっているが,昨年だけは,彼に対する信頼が欠けているという割合が21ポイント増加している。この変化は 高齢の米国人,若い米国人同様,共和党と民主党の両方の間で起こっている。

また,コロナ勃発時の中国の指導者に対する米国大統領のレトリックは口調で変動したが,米国の国民の態度はこの調査の過程でかなり安定したままだった。中国への見方と同様に,最初の発生への対処において北京が果たした役割に関して3月中にニュース環境が変化したことは,米国人が短期的に習大統領をどう見ているかに影響を与えていないようだ。

米国政府が313日に国家緊急事態を宣言する前にインタビューを受けた人々は、3月の後半にインタビューされた人々と同じように、中国の指導者に対する信頼を欠いていた。これは,年齢,性別,教育,所属政党などの一定の要因がある場合でも同じままである。

Many see Chinese power and influence as threat to the U.S.
多くの人が中国の力と影響力を米国に対する脅威だと見ている

007_20200426184601

 米国の約10人に9人の米国成人は,中国の力と影響力を脅威と見なしており,62%が 中国を主要な脅威だと述べている。中国の力と影響を脅威として見る全体の割合は,2018年に最後に質問されてから大きく変わっていないが,中国を主要な脅威として認識する割合は,2018年以降14ポイント増加している。                                       

中国については,高齢の米国人は若い大人よりも関心を持ってる。18歳から29歳のおよそ半分と比較して50歳以上の7割近くは,中国の力と影響力を主要な脅威と見なしている。米国人はまた,彼らが世界経済の状態を大きな脅威,軽微な脅威,または米国に対する脅威ではないと考えるかどうか尋ねられた。世界的な経済状況を大きな脅威と見る人は,世界の経済状況による脅威をあまり感じていない人よりも,中国の勢力と影響力を重要な脅威と見なす可能性が15%高くなる(71% 56%)。

Americans most concerned about China’s environmental impact and cyberattacks
アメリカ人は中国の環境への影響とサイバー攻撃に最も関心がある

008_20200426184601

中国に関連するさまざまな問題が米国に問題をもたらすかどうかを尋ねると,米国人の少なくとも3分の2は,それぞれが自分の国にとって深刻な懸念事項であるとし,ほぼ半分以上の人は ほとんどの問題は,非常に深刻な問題と見なすと述べている。リストのトップは,地球環境に対する中国の影響である。過半数(61%)は,中国の環境フットプリント(environmental footprint)は米国にとって非常に深刻な問題であり,2018年に最後に質問されたときから10ポイント増加している。(中国は最近,世界の総二酸化炭素量の約30%を排出していると推定されているが,米国よりも一人当たりの温室効果ガスの排出量が少ない。)地球規模の気候変動を大きな脅威と見る人は,地球温暖化を中国の環境への影響と非常に懸念する脅威と見なさない人よりも28ポイント高い。

米国人は中国からのサイバー攻撃に関心を持っている。57%の過半数は,これが米国に非常に深刻な問題を引き起こしていると考えている。これは2018年から変わってないが,質問が最初に行われた2012年から7ポイント増加している。同様に,57%は 中国の人権政策が非常に深刻な問題を引き起こしていると述べており,2018年から8ポイント増加している。

経済的および軍事的問題は,米国人に対する関心のレベルがまだ高いものの,わずかに低くなっている。

中国を原因とする米国の雇用の喪失は52%のアメリカ人にとって非常に深刻な問題と見なされているが,これは2012年に それを非常に深刻な問題とした71%から減少している。中国との米国の貿易赤字(最近半年で初めて縮小した)も米国人の約半分(49%)が非常に深刻な問題であると考えているが,2012年以来12ポイント減少している。他の49%は,中国の軍事力の増大が大きな懸念材料であると述べている。

米国は 中国の通信大手ファーウェイに対して市場の閉鎖し続け,中国の技術の安全性について警告を発しているため,米国の成人の約半分(47%)が中国の技術力の成長を懸念している。中国はまた,最近,米国を抜いて世界最大の特許出願国となっている。

009_20200426184701

香港の司法独立性(judiciary independence)に対する引渡し法案の潜在的影響をめぐる広範な抗議は,昨年,特別行政区全体で噴出した。しかし,中国本土と香港の間の緊張は,調査された問題の米国人にとって最低の関心事だった。この問題を米国にとって非常に深刻な問題であると考えるのは わずか10人中3人である。

これらの問題のそれぞれに対する懸念は,一般的に中国のあまり好ましくない全体的な見方と一致している。たとえば,中国の軍事力の増大はそれほど深刻ではない,またはまったく問題ではないと言う人の47%は,中国に対して好意的な見方をしている。しかし,中国の軍事力が米国に非常に深刻な脅威をもたらすと信じている人々の中で,中国を好意的に見るのはわずか19%である。

これらの問題の評価は,他の脅威に対する個人の懸念に基づいて異なる傾向がある。世界経済の状況が米国に大きな脅威をもたらすと言う人は,中国-米国の関係のほとんどの問題を非常に深刻な問題として評価する可能性が高い。たとえば,国際経済情勢を主要な脅威と見なしている人々の約6割(58%)は,中国との米国の貿易赤字についても非常に懸念している。一方,経済を軽微な脅威だと考える人は39%で,19%のポイントの差がある。

これらの問題について少なくともいくらか懸念している人々は,問題を深刻な問題と見なしていない人々よりも中国を主要な脅威であると見なす可能性が高くなる。たとえば,増大する中国の軍事力または増大する技術力を見ると,そのどちらかを米国にとって深刻な問題であると考える人は,中国の増大する力と影響力が米国に大きな脅威をもたらすと言う可能性が46%高くなる。米国と中国の貿易赤字を見るとその差は最も小さいが,それでも赤字を深刻な問題だと考える人は中国を主要な脅威と見る可能性が23ポイント高い。

010_20200426184701

さらに,米中関係(the Sino-American relationship)における特定の問題を評価する際には,党派のギャップが存在する。共和党と共和党支持者は,民主党と民主党支持者よりも,中国との米国の貿易赤字,中国による米国の雇用の喪失,中国の技術力の向上を非常に深刻な問題と見なしている。同じような差が,中国の増大する軍事力と中国からのサイバー攻撃にも存在している。

さらに,共和党は,最新の米中貿易戦争が始まった2018年にこのトピックについて最後の調査を実施して以来,中国との米国の貿易赤字についてより懸念を抱いている。民主党における貿易赤字への懸念は,同じ期間で変化してない。

中国の環境への影響は,民主党が非常に深刻な問題と見なす唯一の問題である:この問題に関する民主党の懸念は,2018年以来14ポイント増加している。それでも,両党とも,中国本土と香港の間の緊張と中国の人権政策について同じレベルの懸念を共有している。

高齢の米国人は,若い人よりもこれらの問題のいくつかを重大な問題と見なす傾向がある。中国の増大する軍事力の評価は,世代間で最大の格差を呼び起こす。50歳以上の61%は,中国の軍事力の増大を非常に深刻な問題と見なしているが,18歳から29歳の32%しか同じことを言っておらず,29パーセントポイントの違いがある。同様の差は,中国からのサイバー攻撃(27ポイント)および中国の高まる技術力(25ポイント)に関する意見にも存在する。

特に,すべての年齢層にわたって多数派が中国の環境への影響を非常に深刻な問題と見なしている。

Majority sees U.S. as leading economy, but perceptions colored by financial views
多数派は 米国を主要経済国と見なしているが、認識は財政的見方によって色付けされる

011_20200426184701

中国の経済成長は最近の四半期で鈍化し,米国株式市場はCOVID-19の蔓延の中で,史上最悪の第1四半期の1つを記録した。米国では,3月のフィールド期間を通じて失業が急増し,2008年の景気後退以来最悪の雇用期間を迎えたが,米国人は米国が世界のトップ経済圏であるとの見方を急増させている。今日,世界の主要な経済大国として,米国,中国,日本,EU諸国のいずれかを選択するよう求められると,昨年の50%から上昇して 米国人の59%が自国を選択している。これは米国を示す最大のシェアであり,2008年に最初に質問されて以来,最大の前年比の増加である。

中国の名前を挙げたのは10分の3のみで,これは近年ほとんど変わっていない。

012_20200426184801

人々の個人的な経済状況や,国内経済と世界経済の両方に対する懸念が,米国経済が世界の舞台でどのように評価されているかについての彼らの感覚を色付けている。

収入が多い人は,裕福でない人よりも,米国が世界有数の経済大国であるとする可能性は高い(63%53%)。同じことが,自分の国の経済状況が悪いと言う人と比較して良い(66%52%)と言う人にも当てはまる。そして,世界経済の状態が米国にとって大きな脅威であると言う人は,それを軽微な脅威と見なすか,まったく脅威と見なさない人よりも米国を経済的に優れていると見なす可能性が低い(そして中国を挙げる可能性が高い)。中国の力と影響力を大きな脅威と見なす人々は,中国を脅威ではないと見なす人々よりも,世界をリードする経済国として中国を指名する可能性が高くなる。

高齢の米国人は若い米国人よりも米国が主要な経済大国であると言う可能性が高く,50歳以上の63%が米国を挙げる一方で,18歳から29歳の半分(47%)しか米国を挙げない。30歳未満の米国人は,高齢の米国人よりも中国を世界の主要経済国と名付けがちである(38%26%)だけでなく,EUの国々を名付ける可能性も高い(9% 2%)。

013_20200426184801

党派性(Partisanship)は,米国人が世界の最高の経済力をどのように評価するかにも関係している。

共和党と民主党のどちらも,米国を中国よりも世界の主要な経済大国と呼ぶ可能性が高いが,共和党と共和党支持者は,特にアメリカの経済的優位性を確信している。共和党員と共和党支持者は,中国を挙げる人より2倍以上 米国を指名する(それぞれ66%27%)。一方,民主党と民主党支持者は,米国をより低い割合で指名する(54%33%)。そして,党派勢力も昨年,どこの経済が最も強かったかという見方を色付けしたが,この差は比較的新しい。

Widespread sense that U.S. is militarily dominant, should lead globally
米国が軍事的に支配的であり,世界的にリードすべきであるという広範な認識

世界で最も軍事力が大きい国は,米国人の10人中8人以上が米国であることに同意しており,2016年に最後に質問されてから11ポイト増えている。中国を挙げているのはわずか6%で,6ポイント減少している。同様に,ロシアの名前を挙げている人は8%で,4年前からほとんど変わっていない。

014_20200426184901

共和党と共和党支持者は,民主党と民主党支持者よりも米国を主要な軍事力として挙げる可能性が高い(90%80%)。民主党は共和党と同じくらい中国を指名するが,彼らはロシアを世界有数の軍事力として指名する可能性の方がいくぶん高くなっている(9%4%)。

高所得で,教育水準の高い男性は,女性,裕福でない人々や教育を受けていない人々よりも米国が軍事力の最大国であると言う可能性が高いが,異なる学歴の人々間の違いは抑えられている。米国が今日の主要な経済国または軍事国であるかどうかに関係なく,ほぼすべての米国人は,米国がリーダーシップのある未来が,中国がリーダーシップのある未来よりも良いと考えている。

どちらの方が 世界にとって好ましいかを選択せざるを得なかった場合,91%の米国人が,米国が中国(4%)よりも世界の主導権を持つほうがいいと語っている。社会のすべてのグループにわたって幅広い合意が存在するが,共和党と,中国の力と影響を主要な脅威と見なす人々は,民主党と米国のグローバル・リーダーシップを評価する脅威をあまり感じていない人々よりも可能性が高い。

(転載了)
******************

中国に対して ネガティブな人が増えたとはいえ,依然 2-3割のポジティブな考えを持っている米国人が存在することが意外です。
米国人に,真の中国(人)の考え方,思想等に対する理解があるのでしょうか?
2010年前後は ‘favorable’ と ‘unfavorable’ が逆転,最近では 2017年に ‘favorable’ が44%,‘unfavorable’  47% で拮抗するという驚くべき時期もありました。

|

« TVでの面白い発言(その58) | トップページ | Brooks Brothers のシャツの値段が ・・・ ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その58) | トップページ | Brooks Brothers のシャツの値段が ・・・ ? »