« CONVERSE のスニーカー “SKIDGRIP” を知らなかった。 | トップページ | 「パソコン」死す。 »

2020年5月14日 (木)

米国で ミレニアル世代の人数が ベビー・ブーマー世代を追い抜いた。

日本には「しらけ世代」,「ゆとり世代」などの世代名がありますが,何年から何年生まれーとして厳密に(?)定義され,国レベルで認められていると思われるのは 「団塊世代」(1947年から1949年生まれ)のみであって,多くの年齢の人に世代名と定義は存在しません。代わりに大正,昭和,平成生まれの元号を用いた定義があります。

そして,米国では 全ての年齢の国民に対して 「世代」が厳密に(合意事項として)定義されています。

Pew Research Center’,‘FACT TANK’の Apr. 28,2020付で “Millennials overtake Baby Boomers as America’s largest generation”(ミレニアル世代が米国最大の世代としてベビー・ブーマー世代を追い抜く)というタイトルの報告がありました。

拙訳・転載します。

*************************

001_20200502171801

米国国勢調査局(the U.S. Census Bureau)の人口推計によると,ミレニアル世代(Millennials)は 全米最大の成人世代としてベビー・ブーマー世代(Baby Boomers)を上回っている。201971日(人口推定が利用できる最新の日付)の時点で,2019年に23歳から38歳と定義されるミレニアル世代は7,210万人,ブーマー世代(55歳から73歳)は7,160万人だった。

X世代(Generation X)(3954歳)の数は6,520万人で,2028年までに人口でブーマー世代を追い越すと予測されている。

ミレニアル世代は,若い移民がランクを拡大するにつれて成長を続けている。

002_20200502171601 ブーマー世代 -その世代は第二次世界大戦後の国内の誕生ブームによって定義された- は高齢化が進み,その数は縮小している(shrinking in size)。彼らの死者の数として定義された世代は,国に入った,より古い移民の数を超えている。

世代は分析的な構成要素(analytical constructs)であるため,世代と世代を区別する正確な境界(the precise boundaries)について,著名な専門家達の合意が形成されるまでには時間がかかる。

2018年の初めに,ピュー・リサーチ・センターは人口動態(demographic),労働市場(labor market),態度(attitudinal),行動(behavioral)の指標を評価して,ミレニアル世代のエンドポイント(正確ではないが-albeit inexact)を確立した。この更新された定義の下で,最年少の「ミレニアル」を1996年生まれとした。

各世代の今後の予想(projections)を下記に示す。

Millennials
ミレニアル世代

・移民数を追加すると,他のどの世代よりも多く,ミレニアル世代の人口は2033年に7,490万人でピークになると予測されている。その後,最も古いミレニアル世代は少なくとも52歳になり,死亡率は正味の移民を上回ると予測されている。2050年までに,7,220万人のミレニアル世代が予測される。

003_20200502171801

Generation X
X
世代

・今後数年間,X世代(Gen Xers)は 世代の「中間の子」(middle child)であり続けると予測されている -ミレニアル世代とブーマー世代という2つのより大きな世代の間として捕らえられる。
X世代は,米国人が その後の時代より少ない子供しか持たない時代に生まれた。 X世代が生まれたとき,出生は平均して年間約340万人であり,ミレニアル世代が生まれた1981年から1996年までの年間390万人の出生数と比較される。

2028年には X世代がブーマー世代を上回ると予測されており,その際,X世代は6,390万人,ブーマー世代は6,290万人になる。国勢調査局は,X世代の人口が2015年のピーク時には6,560万人であったと推定している。

Baby Boomers
ベビー・ブーマー世代

・ベビー・ブーマー世代は常に他の世代と比較して特大の(outsize)存在を持っていた。彼らは1999年に7,880万人でピークに達し,2019年まで 生きている大人の最大の世代を持続した。

・世紀半ばまでに,ブーマー世代人口は1,620万人まで減少すると予測されている。

(転載了)
************************

世代交代による国政の変化が気になるところですが,トランプが大統領になったのが 世代交代の影響とは見えないので,世代交代で国政が突然変化するとは思えません。

日本で一般的な世代名を米国と比較して下図に示しました。
日本で 厳密に年齢が言えるのは「団塊世代」のみです。

Geeration-name

この報告書の中で “albeit” という単語(接続詞)が使われていました。
辞書を見るとー
【接続詞】
[US] ɔlbíit | [UK] ɔːlbíːit
    1.〈主に文〉~にもかかわらず,~ではあるが◆【同】although
        ・Reality is merely an illusion, albeit a very persistent one. :
          現実とは幻想にすぎない,非常にしつこいものではあるが。   
          ◆Albert Einstein(1879~1955年)の名言
    2. 〈主に文〉たとえ~でも◆【同】even if

ー とありました。
50年以上 ささやかに英語に接してきましたが,偶々なのか,一度も見たことがない接続詞でした。
調べると,それほど特異な,使用頻度の小さい単語ではないようで,今まで接しなかったことが不思議です。

|

« CONVERSE のスニーカー “SKIDGRIP” を知らなかった。 | トップページ | 「パソコン」死す。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CONVERSE のスニーカー “SKIDGRIP” を知らなかった。 | トップページ | 「パソコン」死す。 »