« 「優勝劣敗」から 「運動会の歌」を思い出した。 | トップページ | 二階堂酒造CM「本を読む人々」篇 »

2020年5月 9日 (土)

PCR検査の少なさに加えて,FAX?

新型コロナウイルスの世界的流行で 各国の感染者数や死亡者数が並べて報じられており,日本は先進国の中で 比較的抑えられていると言えますが,驚くべき,もしくは 恥ずべきなのは 検査数の圧倒的な少なさです。死亡者数は間違えようがないので構わない,という理屈もありますが,検査が充分に行え得ないのは医療先進国として如何なものかと思います。
今回 これに加えて,日本人としては世界に知られたくなかった FAX文化が報じられました。

REUTERS’,May 1,2020付け Fax-loving Japan to introduce online system for reporting coronavirus” (ファックス好きな日本がコロナウイルスを報告するためのオンラインシステムを導入)という見出しの記事です。
日本への嘲笑を感じる記事です。

拙訳して転載します。

************************

001_20200508171501

(写真説明:東京で病院のベッドを解放し,看護師とスタッフによる作業を軽減するために,無症状の人やコロナウイルス(COVID-19)の軽い症状のある人を収容するように指定されているAPAグループのホテルのプレス・プレビュー中に患者をチェックするために使用されるスマートフォン・アプリを東京都庁の職員が,見せている。202051日)

東京発(ロイター)- 日本の厚生労働省は,手書きのFAX,電話,または電子メールではなく,オンラインで 新しいコロナウイルスの症例を報告するために,保健所にシステムを導入する 一部は賞賛するが,どうして そんなに長くかかったのかと多くは冷笑している(scorn)。

日本のハイテクイメージにも関わらず,多くの企業や官公庁は依然としてファックス機に依存しており,当局が伝統的な「ハンコ」シールで承認をスタンプできる文書を作成し,紙の証跡(paper trail)を残している。

コロナウイルスの蔓延を遅らせるために在宅勤務を促進してきた安倍晋三首相は,閣僚に対し,規則を見直し,煩わしい手続きを特定し,廃棄または簡素化することを求めている。

厚生省は,増加するコロナウイルスの流行に苦しんでいる保健所の負担を減らすために,510日からオンライン報告システムを採用し,517日から全国的に開始する予定だと 430日に述べた。

NHKによると,日本ではコロナウイルス感染が14,000件以上確認され,455人が死亡している。

安倍首相は,拡大と戦うために 当初56日に終了する予定であった緊急事態を約1ヶ月延長すると予想されている。

厚生労働省の当局者は,新しい報告システムは保健所に利益をもたらし,新しい感染,入院,重症例を含むデータ収集の効率を高めると述べた。

与党自民党の平将明議員は,同省の決定を称賛した(applauded)。
「公衆衛生のためのIT環境は大きな前進を遂げた」と平はTwitterで述べた。

他の人はそれほど感動しなかった。

「申し訳ありませんが,『よくやった。』とは言えません。今まで何をしていたのですか?」 ツイッターユーザーの ‘ママジン’ は言った。「他にも手書きのFAXがたくさんあるようで,それらがすべて廃止されるまで私は待っています。」

(転載了)
****************************

やはり,半ば嘲笑の記事です。
書類に(手書きでなくともー)承認印欄が いくつか並んで そこにハンコが埋まらなくては提出できないーという会社はまだあるのでしょうか?
ところで 徳川幕府の遺物と言われる,役所のB版書類は もうない?

因みに 私は 個人で(自宅に)Fax機を持ったことは一度もありません。どうしても必要だったことは おそらく2, 3回?
どうしてもーと言う場合,已むを得ず,内緒ですが(横領に当たる)会社の機械を使いました。

|

« 「優勝劣敗」から 「運動会の歌」を思い出した。 | トップページ | 二階堂酒造CM「本を読む人々」篇 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「優勝劣敗」から 「運動会の歌」を思い出した。 | トップページ | 二階堂酒造CM「本を読む人々」篇 »