« TVでの面白い発言(その 60) | トップページ | 時折りの欲しいもの:asics の ドレス・スニーカー(?) »

2020年6月 5日 (金)

米国 銃器関連株価 急上昇ー「銃規制」,「コロナ」に「ジョージ・フロイド」が加わってー

Bloomberg’ の June 3, 2020付けで “Gun Stocks Rally On After Background Checks Surge 75% In May” (銃器関連株回復,5月に購入者経歴調査 75%急上昇)の見出し記事がありました。

下記,拙訳・転載します。

***************************

Lake Street Capital Markets LLCによると,銃購入者に対する経歴調査(background check)は 13ヶ月連続で増加しており,最近のレベルは「前例のない」(unprecedented)強さを示しており,秋までこの傾向が続く需要の推進力(demand-drivers)がある。

5月の銃のリピート購入者 あるいは 初回購入者へのチェック数は,調整ベースで前年同月比で 75%増加した。その規模の増加は3ヶ月連続で,チェックは3月に80%,4月に69%上昇した。データは,1月と2月にそれぞれ19%と17%と,調整されたゲインから大幅な増加を示している。

レイク・ストリートのアナリスト,マーク・スミス氏は火曜日に,「最近の急増は,コロナウイルス感染による需要の拡大,市民の不安による最近の買い,そして今後の選挙とそれに続く規制強化の可能性により,買いが高まっている可能性がある」と語った。最後の2つの項目は,「6月と秋まで継続する需要」を後押しすると思われる。

ウォールストリートの他の人々も同意する。 コーウェンの銃と弾薬(ammunition)アナリストのカイ・フォン・ルーモアは,ウイルスのロックダウンが緩和され始めている一方で,銃に対する需要は「ジョージ・フロイド(死亡)の抗議運動」(the George Floyd protests)によって市民の不安が高まる中,引き続き強い」と語った。党の「銃規制に対するより制限的な姿勢」を踏まえると,民主党の大統領候補に指名されたジョー・バイデン氏の選挙見通しが強化されれば,短期間の銃器需要はおそらく「支えられる」(bolstered)だろう。

銃器メーカーの スターム・ルガー社(Sturm Ruger & Co. Inc.)とスミス・アンド・ウェッソン・ブランド社(Smith & Wesson Brands Inc.)の株価(share)は,過去2日間での値上がり率はそれぞれ14%と25%と急騰した。また,過去13ヶ月で幅広い市場で好調(outperformed)で,3月中旬以降に急増した。これは,3月に80%,4月に69%,5月に75%の調整された経歴調査での前年比の有意な増加と相関している。これは,1月と2月のそれぞれ19%と17%の調整されたゲインからの大幅なジャンプである。

Gun-stocks-surge

*S&P 500 IndexStandard & Poor's 500 Stock Index):S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数。ニューヨーク証券取引所,NYSE MKTNASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される。

(転載了)
*****************************

Background check” の数は,すなわち 銃の購入数を示しているようです。

「新型コロナウイルスによる社会不安」,「大統領選挙後の銃規制強化」にプラスして 直近の「ジョージ・フロイド殺害事件に端を発する暴動への防衛」によって銃需要が増大しています。
これらが 銃に繋がる社会が米国であることを改めて認識できます。

|

« TVでの面白い発言(その 60) | トップページ | 時折りの欲しいもの:asics の ドレス・スニーカー(?) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その 60) | トップページ | 時折りの欲しいもの:asics の ドレス・スニーカー(?) »