« 世界的には 新型コロナウイルス流行はまだ拡大傾向? | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その599) »

2020年6月18日 (木)

米国のWHO脱退を米国民はどう考えているか?

トランプ大統領が WHO,特に テドロス事務局長の中国よりの姿勢に腹を立て,WHOからの脱退を表明しました。

これに関連して,米国内の状況を ‘Pew Research Center, FACTTANK’ の June 11,2020 付け タイトル “Americans’ views on World Health Organization split along partisan lines as Trump calls for U.S. to withdraw” (トランプが米国のWHOからの脱退を要求,米国人の見解は党派の線に沿って分裂)で報告しています。

以下,拙訳・転載します。

**************************

国連の専門機関であるWHO世界保健機関は,伝染性および非伝染性疾患(communicable and non-communicable diseases)との闘いを含むいくつかの公衆衛生機能を歴史的に提供してきた。コロナウイルスの世界的な蔓延に対処する上で注目を集める役割を果たしており,3月上旬にパンデミックと規定した。

しかし4月中旬,ドナルド・トランプ米大統領は,COVID-19 の取り扱いにおける一連の結果として生じた過ちを犯したとして非難し,組織への米国の資金提供を停止するよう彼の政権に命じた。
5月29日,トランプは,WHOとの国の関係を完全に終了させ(terminate),他の世界の公衆衛生のニーズに資金を振り向ける(redirect)ことを発表した。

WHOの精査(scrutiny)の中で,組織と米国人がそれをどう見るかについての重要な事実を以下に示す。

1. WHOは,国連,その他の政府間組織,多数の非政府組織および民間寄贈者から資金提供を受けている。資金は,加盟国からの必要な(または「査定された」)寄付と,加盟国からの自発的な寄付の両方で構成される。
2018年,組織の総資金の約半分(51%)は,194の加盟国の査定された任意の寄付からのものだった。
2020年から2021年の2年間の承認されたWHO予算の合計は,およそ48億ドルである。

2. 2018年から2019年にかけての2年間,米国はWHOへの最大の貢献者であり,89,300万ドル強,つまり承認された予算の約20%を負担した。

001_20200612175601

2番目に大きな寄付者は,ビル&メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundationで,約12%の寄付があった。他のトップ寄贈者には,ワクチン・アライアンスのGaviが含まれ,国連人道問題調整事務所(UNOCHAUN Office for the Coordination of Humanitarian Affairs; 国際ロータリー; 世界銀行; 欧州委員会; 英国,ドイツ,日本を含む他のWHO加盟国。

トランプが組織への米国の資金を削減する一方的な(unilateral)権限を持っているかどうかは明らかではない。2010年以降,少なくとも10の異なる連邦政府機関がWHOに送金している。
トランプの決定前は,米国はWHO2020年から2021年の予算の約11%に相当する寄付をすることが期待されていた。(国際機関への米国の資金提供に関する詳細情報は国務省から入手できる。)

3. 米国人の46%がコロナウイルスの反応にWHOに肯定的な評価を与えているが,組織が発生にどれだけうまく対処したかについての見解は党派の線に沿ってはっきりと分かれている。

002_20200612175601

民主党と民主党支持者の62%が,組織がパンデミックへの対処において少なくとも良い仕事をしたと述べているのに対し,共和党と共和党支持者は 28%だけしか同じことを述べてない。
国民はWHOのパンデミック対応を国の保健当局(national health authorities)よりも否定的に評価している。4月下旬と5月上旬に最後に投票したとき,米国の成人の72%が,疾病対策予防センター(the Centers for Disease Control and Prevention)の職員などの公衆衛生担当者は少なくとも良い仕事をしていて,これに対する意見の差ははるかに小さい(7%ポイント)。

003_20200612175601

4. 全体として,米国人の59%がコロナウイルスの発生に関するWHOからの情報を信頼している。

信頼は,若年層と高い教育を受けた人が高いが,教育と年齢による違いは,党派的同一性とイデオロギーによるものに比べて比較的小さい。たとえば,リベラルな民主党と民主党支持者の86%は,保守的な共和党員と共和党支持者の27%と比較して,WHOからの情報を少なくともかなり信頼していると言う。
一般に信頼されている欧州連合と広く信用されていない中国政府からのコロナウイルスの発生に関する情報を信頼することに関しては,党によりやや分かれている。
トランプはWHOに対する批判のなかで,組織が中国政府からのコロナウイルス関連の情報を信頼しすぎていると主張した。

(転載了)
**********************

少なくとも エチオピア出身の,中国びいきの(あるいは中国に頭が上がらない)事務局長は問題と思いますが,組織全体の問題かどうかは?

|

« 世界的には 新型コロナウイルス流行はまだ拡大傾向? | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その599) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界的には 新型コロナウイルス流行はまだ拡大傾向? | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その599) »