« 米国の最も若い『Z 世代』とはー | トップページ | クレジットカードによるタクシー料金の支払い方法を知らなかった。 »

2020年6月30日 (火)

見出しに見る「勘違い」(その600)

「日本の『独島領有権主張映像』に断固対応 韓国外交当局」 2020/6/26 聯合ニュース・日本語版
   ‘韓国外交部の当局者は6月26日,日本の政策シンクタンクが韓国領土,独島で20世紀はじめからアシカ漁を行っていたと証言する動画を公開したことについて,独島は明白な韓国固有の領土としながら「日本の不当な主張に対し断固対応する」と述べた。
  動画には日本が独島を自国に編入したと主張する1905年以前に,島根・隠岐の島の住民が独島でアシカ漁を行っていたとの証言が含まれている。
  外交部の当局者はこの動画について,「民間人が経済的な利益のため操業(漁)を行っていたとしても,そのことが一国の領有権主張の根拠とはなり得ない」と強調。日本の試みが韓国の確固たる領有権に影響を及ぼすことはないとした。’
との報道です。
   日本の領有権の主張を否定するには,あるいは 韓国の領有権主張を正当化するためには,1905年以前に 韓国人(朝鮮人)が 竹島を行き来していた,あるいは,最小限 韓国人(朝鮮人)が竹島の存在(位置 および 島の形状)を知っていた証拠(史料)を示すしかないと思いますが 如何でしょう。
過去,そのような証拠(史料)が示されたことは一度もなく,そもそも19世紀以前の朝鮮(韓国)に竹島を示した地図は存在せず,何の根拠も示さずして 歴史的・地理的・国際法的に韓国の領土やら 領有権と言われても何のことやら,議論の土俵に上がる前の話です。
   他国の主張を否定することは,自国の主張の正当性とは無関係です。

 

|

« 米国の最も若い『Z 世代』とはー | トップページ | クレジットカードによるタクシー料金の支払い方法を知らなかった。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国の最も若い『Z 世代』とはー | トップページ | クレジットカードによるタクシー料金の支払い方法を知らなかった。 »