« 福岡県の市が増えている。 | トップページ | 2年前の西日本豪雨を思い出したが ー »

2020年7月 8日 (水)

最近は 「させていただく」に笑ってしまう。

「『させていただく』という言葉に違和感を覚えるという指摘が目立ち始めたのは2010年頃とされています。」と書いているサイトがありましたが,私が違和感,あるいは 嫌悪感まで感じ始めたのは 更にそれより 10年以上前,ひょっとすると20年前だったような気がします。
現在も,「させていただく」に違和感を覚えている人が間違いなくいるようですが,それ以上に多くの人が 何の躊躇いもなく 「させていただきます。」と言っています。

会社勤めの頃,新入社員の研究発表会での 発表者異口同音の「発表させていただきます。」あるいは 客先での 「説明させていただきます。」を如何わしく感じ,耳につき始め,なぜ,素直に,あるいは簡明に 「発表します/いたします。」,「説明します/いたします。」と言えないのか不思議に思っていました。
自分の部下には注意していましたが,元々 面倒な説明を省きがちで,受け手の知性と感性に頼っていたので,周りの趨勢を排して,うまく通じていたかどうかは分かりません。
新入社員の発表会は 年長司会者が 「司会を務めさせていただきます。」と言っているので,そう言うのが正しいと,つられて言うのでしょうか。
誰にさせられているのか,誰の許可が必要と思っているのか, ・・・丁寧な言い回しと思っているのか,全く理解できませんでした。

無駄に「させていただきます」と言う原因 あるいは 理由は,個人の資質,感性の問題で,批判・反論を恐れずに書けば ー
 ・言葉(遣い),更には 日本語に対する繊細さの欠如,あるいは無神経
 ・付和雷同,大勢順応,無批判,自主性欠落

最近 笑ったのはー
  「・・・離婚させていただくことになりました。」(勝手にやれ!)

【追記】最近 気になるのはー

「まだ やってますか?」と訊けばいいところを 
「まだ やってたりしてますか?」! これはどういう意味でしょうか,
「やってたり,やってなかったりする」のでしょうか?

|

« 福岡県の市が増えている。 | トップページ | 2年前の西日本豪雨を思い出したが ー »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡県の市が増えている。 | トップページ | 2年前の西日本豪雨を思い出したが ー »