« 海上自衛隊は アジア最強の海軍力を維持できているか? | トップページ | Brooks Brothers の破産を惜しんでー »

2020年7月18日 (土)

「脳出血」で 中学生時代の体育の教師を思い出した。

しばらく前,若手の俳優が 「脳出血」で入院して手術したとニュース・ショーで報じられていました。

「脳出血」で,ふと60年近く前の 中学生の頃(おそらく 2年生)の保健体育の授業のことを思い出しました。
教科書を読まされていた男子生徒が 「脳出血」(ノウシュッケツ)と読んだところ,突然 体育の教師が 「マテ,『ノウシュッケツ』と書いて 『ノウイッケツ』と読むんだ。」と訂正したのです。

思わず 「ちょっと 待った!」と叫びたくなりましたが,体重が 2倍はありそうな,厳つい教師だったので 止めました。
クラス内に やや不穏な空気が流れましたが,無事(?)その時間は終わりました。

教師が退室して 「『脳出血』は『ノウシュッケツ』だろう。」と言う声がどこかから上がり,「『ノウイッケツ』は『溢れる』という字だよ。」と解説する者もいて,皆 賛同しました。
クラスの者が間違って 覚えることがなくて済み 安心しました。

一般教養は別にして(教師にそこまでは求めない),どのような教員採用試験を受けていたのか知りませんが,自分の教えている教科書の漢字が読めない教師がいる,中学の専門科目の教師の言うことは信じてはいけない,と再確認しました。

既に この認識は 1年の理科の授業中,中年女性教師が 電球の「フィラメント」を 「フライメント」と言ったときから ありました。
この時は 小学生から中学生になったばかりでしたが,この教師,よく続けてこられたものだと 子供心に思いました。
もっと専門的な間違いなら あとから質問の形で気づかせることができそうですが,程度が低すぎて それもできませんでした。
この教師は平面型の日時計製作時にも おかしな指導(北極点用日時計の目盛りなどを指示←緯度による太陽の動き・位置の差を理解してない)をしましたが,私はこの誤った指導を無視して 北緯34度用日時計を作った記憶があります。更に 中学最初の中間テストで 一問だけの間違い(98点)を 68点で返却されたことがありました。
(このときの中間試験の社会も 98点で,設問「三角州平野を挙げよ」に対して 教科書記載の残り1つを思い出せず,エイヤッー と教科書にない「石狩平野」と書いたのです。
これに対して 社会の教師は かなり調べたようですが 判断がつかず,私のところまで来て,「何か 根拠を示したものがありますか?」と確認した後,「マイナス2点 させてください。」と告げました。良心的教師でした。良心的であることは教養,知性と同程度に教師には重要です。因みに 「石狩平野」は 扇状地平野? )

昭和30年代の中年女性教師は 戦前に教員になるための教育を受けたと思われます。女子(高等)師範学校? 戦時で教師志望男子不足だった?

団塊の世代は,第二次世界大戦終結から高度経済成長期(1950年代~1970年頃)の教師不足時代に大量採用された『でもしか先生』の影響を(ひょっとすると戦争による男性教師不足の影響も)まともに受けた不幸な世代と言えるかも知れません。

|

« 海上自衛隊は アジア最強の海軍力を維持できているか? | トップページ | Brooks Brothers の破産を惜しんでー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海上自衛隊は アジア最強の海軍力を維持できているか? | トップページ | Brooks Brothers の破産を惜しんでー »