« 特別定額給付金 給付経過 | トップページ | 大阪公立大学の英語表記が “University of Osaka” ? »

2020年7月 5日 (日)

Ranking The 19 Fastest Supercars In 2020 (0-60 Times)


ポップ・カルチャーを対象とするカナダのサイト,“The THINGS.com” の Feb.15,2020付で “Ranking The 19 Fastest Supercars In 2020 (0-60 Times)” (2020年,最速スーパーカーのランキング トップ19 (0-60mph加速))の記事がありました。
市販車を対象にしています。

下記,拙訳・転載します。
***********************
Supercars are crazy fast these days, with some reaching close to 2,000 hp. Here are the fastest in 2020, ranked by their 0-60 mph times.

最近のスーパーカーは驚異的に速く,2,000馬力に達する車もある。ここに,2020年で最速で,時速060マイル加速でランク付けされた車を紹介する。

・・・

Electric and hybrid cars have pushed the boundaries of possibility to a whole new level. Combustion engines also, with some ultra-high-performing-supercars, are not out of the game, yet.

電気自動車とハイブリッド車は,可能性の境界をまったく新しいレベルに押し上げた。 いくつかの,燃焼エンジンの超高性能スーパーカーも,まだゲームから降りてない。

New feats of technology have broadened the supercar selection menu by a considerable amount.

新しい技術の偉業により,スーパーカーの選択メニューが大幅に広がった。

The stupendous number of brands competing for the throne of the fastest car on the planet is a welcoming new sight.

地球上で最速の車の王座をめぐって競合する膨大な数のブランドは,歓迎されるべき新しい光景である。

Without further ado, here's our list of the 19 fastest supercars in 2020.

ここで,2020年の最速スーパーカー19台のランキングを示す。

(各車の解説部分は省略しますが,1位になった 日本のブランドである “Aspark Owl” の解説のみ,下記に示します。)

***************

After years of testing, Japanese brand Aspark has finally decided to display their incredible achievement, Owl, to the world.

長年のテストの後,日本のブランド“Aspark”は,ついに彼らの驚くべき成果である “Owl” を世界に向けて発表することを決定した。

The electric hypercar is the fastest car on the planet with a mind-boggling 0 to 60 mph acceleration time of just 1.7 seconds.

この電気ハイパーカーは,0から60 mph の加速時間が驚異的な1.7秒という,地球上で最速(加速性能)の自動車である。

Aspark Owl’s engine output of 1985 horsepower is only second to Lotus Evija’s with a margin of only 15-hp.

Aspark Owl” のエンジン出力は1985馬力で,“Lotus Evija”(同じく電気ハイパーカー)に次ぎ,わずか15馬力劣るだけである。

********************



01_20200620143301
0203
0405
0607
0809
1011
1213
1415
1617
1819
********************
日本ブランドが 3車種 ランクインしていました。
因みに 「(株)アスパーク」 は 本社が大阪,設立 2014年の会社で,事業内容の一つに「電気自動車開発」があり,“Owl” の製造はイタリアの「マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(Manifattura Automobili Torino)」で行われます。
販売は 50台限定,価格は €2,900,000(≒3億5千万円)とありました。
Top Speed 400km/h(249 mph)Spec. は次の通りです。

Body and chassis
ClassSports car (S)
Body style2-door coupé
LayoutDouble motor, all-wheel drive

Powertrain
Electric motor4 electric motors (two rear, two front)
Power output2,012 PS (1,480 kW; 1,984 hp) 2,000 Nm (1,475 lbft)
Battery64 kWh (230 MJ) lithium-ion
Electric range451 km (280 mi)[1]

Dimensions
Length4,830 mm (190.2 in)
Width1,935 mm (76.2 in)
Height39.0 in (990 mm)
Kerb weight1,900 kg (4,189 lb)

203a

|

« 特別定額給付金 給付経過 | トップページ | 大阪公立大学の英語表記が “University of Osaka” ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特別定額給付金 給付経過 | トップページ | 大阪公立大学の英語表記が “University of Osaka” ? »