« 「信じる」を “believe” とするか “trust” とするか? | トップページ | やっと小鰯の刺身をー »

2020年8月23日 (日)

見出しに見る勘違い(その615)

「ノー・ジャパン叫んだ与党『トクスリ5兄弟』ポスターに『科学忍者隊ガッチャマン』」  2020/8/20 朝鮮日報・日本語版
Poster  
‘金南局,金容敏,李在汀,張京泰,崔恵英の各議員がユーチューブ・イベント 共に民主党「イベント内容は合っているがポスターの出どころは知らない」
 与党・共に民主党議員5人が出演する動画投稿・共有サイト「ユーチューブ」の放送広報物に日本のアニメキャラクター無断使用疑惑が降ってわいた。これまで共に民主党は「ノー・ジャパン」と言いながらさまざまな懸案で反日を叫んできたこともあり,騒動になっている。
 ネットユーザーたちの間では19日,共に民主党の李在汀,金南局,金容敏,,張京泰,崔恵英の5議員をアニメ・キャラクター「トクスリ(ワシ・タカ)5兄弟」になぞらえて「共に民主党革新LIVR-トクスリ5兄弟」と表現したポスターが拡散された。このポスターには5議員が18日午後5時,ユーチューブのライブ放送を行うという宣伝文句も入っている。
しかも,このポスターには「トクスリ5兄弟」の日本の原作アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』のキャラクター画像がそのまま掲載されていた。
 韓国で『トクスリ5兄弟』というタイトルで有名なSFテレビアニメは,日本のタツノコプロが制作したものだ。もともとのタイトルは『科学忍者隊ガッチャマン』。「ガッチャマン」はこのアニメの登場人物のリーダー,トクスリ(原作キャラクター名「大鷲の健」)の別名だ。
  この広報物は,今回のイベントについて「水害被害と新型コロナウイルス感染拡大で党大会や党革新課題が低迷している状況!」「これを突破するためトクスリ5兄弟が党革新課題をユーチューブのライブで進行する」と説明している。
 そして,李在汀・金南局・金容敏・張京泰・崔恵英という「共に民主党」議員5人の顔写真と『科学忍者隊ガッチャマン』のメンバー5人の画像が掲載されている。共に民主党がこれら5議員に対して使用した「トクスリ5兄弟」という表現は,この日本のアニメの韓国語タイトル『トクスリ5兄弟』から取ったものと思われる。・・・
 これについてあるネットユーザーは「親日を嫌う方々なのに,日本のキャラクターの無断使用は迷うことなく,すごく好きだ」「日本に支払うべき著作権料を支払わずに盗用することが愛国だというのか? そのアニメの日本語タイトルはこともあろうに『忍者隊』」「(日本で)嘲笑のネタになるかもしれない」「こんなことなら与党は日本製品不買を呼びかけるな」と書き込んだ。’ とのことです。

「『親日清算』掲げる共に民主党,2年前に日本の『銀河鉄道999』コスプレ」  2020/8/20 朝鮮日報・日本語版
999  
‘与党「共に民主党」は,15日の光復節で金元雄光復会長の記念の辞が論議を呼んだのを機に「親日清算」「土着倭寇(国内の親日派)撲滅」を連日叫んでいる。こうした中,共に民主党の議員たちが日本原作のアニメーション『トクスリ5兄弟』(1972年,原題『科学忍者隊ガッチャマン』)に続き『銀河鉄道999』(1978年)を広報の素材に使っていたことが分かった。
 共に民主党の鄭清来,李在汀,朴柱民の各議員は2018年5月『銀河鉄道999』の登場人物に扮した。当時,地方選挙を1ヶ月後に控えて発足した『平和鉄道111』の遊説団の広報の一環だった。
   朴柱民議員は『銀河鉄道999』の主人公「チョリ」(原作では鉄郎)に,李在汀議員は「メーテル」に扮した。鄭清来議員は「駅長」の格好だった。
 当時、秋美愛代表は「銀河鉄道999が天の川を超えて明るい光の海へと出ていくように,共に民主党の平和鉄道111に全国の子どもたちが手を振って拍手をしてハートのゼスチャーを見せてくれるはず」「平和の気運とメッセージを乗せて全国各地に届けてほしい」と述べていた。 『銀河鉄道999』は日本の有名漫画家,松本零士氏の作品だ。これを原作としてアニメーションが作られ,韓国でも大きな人気を集めた。しかし共に民主党は「天の川を超えて明るい光へと出ていく」と表現していた「銀河鉄道999」を,党の広報手段として1年以上活用した後,昨年夏になって「親日清算」フレームを振りかざし始めた。・・・ ’ とのことです。
  
   韓国人 そのものです。言うこととやることが違うのは当たり前です。
      韓国人相手に,批判するのは無駄なことです,そんなに責めてはいけません。

|

« 「信じる」を “believe” とするか “trust” とするか? | トップページ | やっと小鰯の刺身をー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「信じる」を “believe” とするか “trust” とするか? | トップページ | やっと小鰯の刺身をー »