« ハリーとメーガンの “Finding Freedom” は暴露本か? | トップページ | モーリシャスで座礁した “MV Wakashio” 最新情報。 »

2020年8月19日 (水)

見出しに見る勘違い(その613)

「【萬物相】チョ・グク氏夫妻のうそ演技」  2020/6/7 朝鮮日報・日本語版
   ‘英国中西部のサントンブリッジという田舎で毎年11月に「うそつき世界一大会」が開かれる。19世紀にこの集落に住んでいたリトソンという名の老人にちなむ行事だ。パブの主人だったリトソンはいつももっともらしいうそで客を楽しませていたという。誰でも大会に出場できるが,政治家と弁護士だけは参加できない。「うそつきの技術があまりに優れているため(プロの嘘つき)」だという。うそと言えば政治家を思い出すというのはどの国でも同じだ。
  政治家は大抵積極的なうそではなく,うまくかわそうとする発言が多い。・・・ギリシャ神話のヘルメスはよくうそをついた。ゼウスが「うそをつかないと誓え」と言うと,ヘルメスは「うそはつかないが,真実をあまり話さないかもしれない」と答えた。政治家と弁護士は現代版のヘルメスと言える。
昨年韓国人は歴史に残るうそつき夫婦を知ることになった。本人の生まれ年から始まり,娘の誕生日,娘の出生届提出者といったことまでうそが疑われた。年に一度しか会わないおいに全財産を預け,投資させたというチョ・グク夫妻のことだ。チョ氏の昨年の記者会見での姿が思い出される。チョ氏は「自分はコリンクという名前を今回知り,私募ファンドが何かも知らない人間だ。自分はもちろん,妻も私募ファンドの構成も運用も知るはずがない」と語った。表情やジェスチャーまで駆使した。
 ところが,チョ氏夫妻が2018年,私募ファンドに投資した当時,「税金が2200万ウォン(約197万円)かかった」「不労所得だから言うことはない」「それで財産総額が増えた」などという携帯メールをやりとりしていた事実が法廷で公開された。私募ファンドが何かも知らないと言っておいて,税金がかかったこと,不労所得を得たことを全て知っていた。この程度のうそとなると,自分もうそをついているとは知らずについているうそではなかろうか。
   うそをつくと顔に出る。悪いうそをつこうとすれば,顔がほてり,冗談でうそをつけば笑みが浮かぶ。ところがチョ氏夫妻の特徴は何かつらく虐げられたような表情や口調でうそをつくことだ。俳優も顔負けだ。彼らの鉄面皮に隠された表情が夫婦の携帯メールのやりとりに表れている。悲壮な顔で乗り込んだエレベーターの鉄板の後ろで明るく笑っていたチョ・グク氏の表情のように。’ と書いています。
「息をするように嘘を吐く」と言われて 誰も否定しない韓国人(朝鮮人)なので,それほど驚くことはなく,国民は己を見るようにグクを見ていたのでしょう。その韓国で「歴史に残るうそつき夫婦」と言われるのは ほぼプロの嘘つきということでしょう。

|

« ハリーとメーガンの “Finding Freedom” は暴露本か? | トップページ | モーリシャスで座礁した “MV Wakashio” 最新情報。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハリーとメーガンの “Finding Freedom” は暴露本か? | トップページ | モーリシャスで座礁した “MV Wakashio” 最新情報。 »