« 9月です。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その620) »

2020年9月 1日 (火)

トランプへの支持が 異常に安定している件についてー

トランプ大統領の支持,非支持ははっきりと分かれています。
過去の大統領に比べて,その支持率はどのくらいなのか-

001_20200825092201

Pew Research Center’の ‘FACTTANKAug.24,2020付けに “Trump’s approval ratings so far are unusually stable – and deeply partisan” (これまでのトランプの支持(承認評価)は非常に安定しており,非常に党派的)と題する調査結果がありました。

下記,拙訳・転載します。

***********************

ドナルド・トランプ大統領の政権が発足してから3年半以上が経過し,承認の格付け(approval ratings)は極めて安定している。共和党と民主党のトランプに対する見方には,現代の投票時代(era of polling)の他のどの米国大統領よりも大きなギャップがあった。

002_20200825092301

最近のピュー・リサーチ・センターの調査によると,約10人に4人の米国人(38)がトランプの職務遂行を承認し,59は不承認である。トランプはコロナウイルスの発生当初の承認評価にわずかなバンプ(bump:へこみ)を経験したが,3月に454月に44の国民がトランプの仕事への取り組みを承認したと述べた - 彼の承認評価はパンデミックが米国を襲う前に彼らがいた場所に落ち着いた。

トランプ氏の比較的安定した格付けは,最近の大統領の間で特異である。そして,彼の格付けはまた、現代の党路線(party lines)に沿って最も二極化されているが,この格差は,バラク・オバマとジョージW. ブッシュを含む最近の大統領の評価で見られた傾向の継続を表している。

今日までの彼の大統領職の過程で,平均でわずか6の民主党員と比較して,共和党の平均87がトランプの仕事の処理を承認した。この81パーセントポイントのギャップは,大統領の間のオバマ(67ポイント)とブッシュ(58ポイント)の平均評価で,党派区分(partisan division)よりもはるかに大きい。(これらの成長している党派区分は,反対党のメンバーの見解における拡大区分(widening divides)と一致しており,政治的価値観に関する深い党派区分と一致しており,その多くは過去数十年よりもはるかに顕著である(pronounced)。)

米国大統領の評価における政党ギャップの拡大は,主に,ホワイトハウスの外にいる党のメンバー間のより多くの否定的な評価によって引き起こされた。トランプを承認する民主党員の6は,オバマを承認した共和党員の14およびそれぞれの政権の間にブッシュを承認した民主党員の23より低い。 大統領の外部の格付けは過去数十年でさらに高かった。たとえば、民主党の平均31がロナルドレーガンの職務遂行を承認した。

Trump’s first-term approval ratings are lower than those of several recent presidents
トランプの初期の承認評価は 何人かの最近の大統領のそれよりも低い

個々の調査を見ると,トランプ氏の評価は安定性で際立っている。

003_20200825092301

トランプ氏の今日の格付けは,在任期間中のそれとほぼ同じだが(彼の格付けは一貫して38から45の間で上下し,彼の任期のほとんどで40前後で安定していた),他の大統領の格付けははるかに変化した。オバマ氏の支持率は,オサマ・ビンラディン殺害直後の20115月に56でピークに達し、2012年夏には50だった。

ジョージW. ブッシュの承認率は,初年度の9月に大幅に上昇した。911日のテロ攻撃を受けて86に達した。その後,20047月の46に着実に低下していった。

ビル・クリントンとレーガンの承認率は,最初の2年間の就任中に低下した。 しかし,彼らの評価は彼らの再選に先立つ夏までに回復し,米国人の半分以上が各大統領のパフォーマンスを承認した。

ジョージH.W. ブッシュの評価は特に不安定だった。 1991年の湾岸戦争の終結後,彼の最初の年の評価に改善し,その後,低下して,その後再び89の最高値に上昇した。その後,1992年の選挙でクリントンに敗れる前,着実に低下を続けて夏にはわずか29に落ちた。

トランプの大統領職におけるこの時点での仕事承認評価は,ジョージH.W.を除く,最近の前任者すべてのそれより低い。今日のトランプのパフォーマンスを承認するアメリカ人の38は,1992年のブッシュの29と比較される。
しかし,2人の大統領の不承認の評価は似ている。1992年のブッシュの60と比較して,58が今日のトランプのパフォーマンスに不承認である。

004_20200825092201 トランプ氏の支持率は,共和党に傾倒していると答えた独立派の間で広く肯定的だが,自称共和党ほど高くはない。2020年8月の時点で,共和党支持者の86と比較して,共和党員の62がトランプの執務状況を承認していると述べている。
対照的に,民主党員のわずか5と民主党支持者のほぼ同じ割合(6)が現在,トランプが彼の執務処理状況を承認している。

(転載了)
***************************

この結果を見ると 政治というより ほぼ宗教的支持を感じます。知性・理性の存在を感じません。

|

« 9月です。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その620) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月です。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その620) »