« 見出しに見る勘違い(その628) | トップページ | 米国 Brooks Brothers 店舗のおける安全対策 »

2020年9月27日 (日)

COVID-19 への米国の対応評価は自国も他国も低い。

Pew Research Center’ の ‘FACTTANK’,Sept.21,2020付けで “Americans give the U.S. low marks for its handling of COVID-19, and so do people in other countries” (米国人は米国のCOVID-19の対応に低い評価を与えており,他国の人々も同様。)のタイトルの調査結果報告がありました。

下記,拙訳・転載します。

********************

コロナウイルスの発生による死亡者数が米国で20万人に近づくにつれ(管理者注:9月22日に20万人を超えた),米国人は国のパンデミックへの対応に関して比較的低い評価を与えており,他国の人々はその否定的な評価に同意する傾向がある。

以下は,米国および他の国々での最近のピュー・リサーチ・センターの調査に基づいた,米国および世界中の人々がCOVID-19に対する米国の対応をどのように見ているかを詳しく調べたものである。

1.ほとんどの米国人は,コロナウイルスの発生に対する米国の対応は他の裕福な国(wealthy nations)のそれよりも効果が低いと言う。727日から82日までに実施された調査によると,およそ10人中6人の成人(62)がその見解を持っているが,4分の1は米国の対応は他国とほぼ同じくらい効果的であり,13%が もっと効果的だと答えている。

001h_20200923070601 この質問に対する態度は,コロナウイルスに関連する多くの質問に対するものなので,党派に沿って深く分かれている。

民主党と民主党支持者の10人中9人(87%)は,米国の対応は他の裕福な国のそれよりも効果が低いと述べているが,共和党員と共和党支持者の考えは はるかに分かれており,約3分の134)は効果が低いと答え,42は効果がほぼ同じで,22は効果があったと答えている。

2.同じ調査によると,パンデミックが続くにつれ,公衆衛生当局と選出された役人に高い評価を与える米国人の割合が減少している。
疾病管理予防センター(the Centers for Disease Control and Prevention)などの公衆衛生担当者がアウトブレイクに対応して優れた(excellent)または良い仕事をしていると答えた米国の成人の割合は,3月の79から8月の63に減少しており,特に 共和党員の場合大きく減少している。

効果を出しているという米国人の割合が低下していることは,地元や州の選挙で選ばれた役人の対応に対して,トランプ大統領に対するのと同様である。

002_20200923070701

共和党と民主党は,調査で尋ねられた他のいかなる組織や当局よりも,アウトブレイクに対するトランプの対応に関して大きく分かれている。共和党員の約4分の373)は,大統領がアウトブレイクに対応して優れた(excellent)または良い(good)仕事をしていると述べているが,同様のことを言っている民主党員は6%しかいない。。

米国の1つの機関は,政党の枠を超えて肯定的に見られている:共和党の90と民主党の87を含むほぼ10人中9人(88)の米国人は,地元の病院と医療センターが アウトブレイクに対して,少なくとも良い仕事をしていると述べている。

3.米国とは異なり,他の国の人々は,ほぼ自国がアウトブレイクにうまく対処したと言っている。

003h_20200923070601 米国および他の13ヶ国に対する この夏の調査によると,米国人の約半数(52)がCOVID-19のパンデミックへの対応に悪い仕事をしたと答え,ほぼ同様の割合(47)が対応が良かったと回答している。
ほとんどの調査対象国の人々は,自国の対応を否定的に見るよりも肯定的に見る可能性がはるかに高い。たとえば,隣国のカナダでは,88の成人が自分の国は良い仕事をしたと答え,11だけが悪い仕事をしたと答えている。この意見のバランスはドイツ,オランダ,韓国で同様である。

しかし,世論はどこでも肯定的ではない。英国では,成人の54COVID-19の対応が悪いと答え,46が良い仕事をしたと答えている。スペインの人々もかなり分けられている。半数強(54)は,COVID-19への対応がうまくいったと回答し,47は,対応が悪かったと回答している。

4.他の国の人々は,米国のCOVID-19の対応が悪かったと圧倒的に信じている。

004h_20200923070601 今年の夏に調査された13ヶ国全体で,非常に悪い仕事をしたと言う 53%を含んで,大人の中央値84がコロナウイルスの発生の対処において米国が悪い仕事をしたと言う。調査対象国の成人の中央値はわずか15のみが,米国への反応は好意的である。

米国の対応についての意見は,韓国,デンマーク,ドイツ,ベルギーでは特に否定的である。
これらの国のそれぞれで,およそ10人中9人の成人がCOVID-19に対する米国の対応が悪いと言っており,韓国(66)とベルギー(64)の約3分の2が非常に悪いと言っている。

5.米国外の人々は,COVID-19に対する米国の対応を,自国,世界保健機関,欧州連合,そしてほとんどの場合 中国の対応に比べて より否定的に評価している。
この夏に調査された13ヶ国すべてで,コロナウイルスの発生に対する米国の対応は,自国,WHOEUの対応よりも悪いと見られている。
そして,一国だけ,日本を除いて,人々は米国の対応を中国のそれよりも否定的に見ている。(日本では,成人の15が米国は良い仕事をしたと言い,16は中国についてと同じだと言っています。)

005_20200923070701
(転載了)
***************************
日本人のコロナ対応評価は自国を含めて厳しいようです。

|

« 見出しに見る勘違い(その628) | トップページ | 米国 Brooks Brothers 店舗のおける安全対策 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その628) | トップページ | 米国 Brooks Brothers 店舗のおける安全対策 »