« 見出しに見る勘違い(その626) | トップページ | キャロル・リンレイの映画を観たらー »

2020年9月25日 (金)

米国人の COVID-19 ワクチン接種への考え

COVID-19のワクチン開発が各国で進んでいますが 開発が終了したとき 接種するかどうかは別問題のようです。

Pew Research Center’ の ‘Science & Society’,Sept.17,2020 付けで “U.S. Public Now Divided Over Whether To Get COVID-19 Vaccine” (COVID-19ワクチンを接種するかどうかをめぐって,現在,米国民の声が分かれている)のタイトル調査結果がありました。

下記,拙訳・転載します。
***************************
Concerns about the safety and effectiveness of possible vaccine, pace of approval process
予定されるワクチンの安全性と有効性に関する懸念,承認プロセスのペース

001_20200918181001

COVID-19ワクチンの開発とテストへの取り組みが 連邦承認のワクチンのタイミングとリリースをめぐる議論に拍車をかけ,コロナウイルスの予防接種を受けると言う米国人の割合は今年初めに比べると減少している。

米国の成人の約半数(51)は,COVID-19のワクチンが今日入手できれば,確実に,またはおそらく(definitely or probably)ワクチンを接種するだろうと言っている。 ほぼ同じくらい(49)が,現時点では 確実に,またはおそらくワクチン接種を受けないだろうと言っている。COVID-19ワクチン接種の希望は,5月の72から21%ポイント低下した。

コロナウイルス・ワクチンを確実に接種するだろう人の割合は今やわずか21で,これは4か月前の半分である。

ワクチン開発プロセスの側面については,広く社会の懸念がある。

潜在的なワクチンが厳格な基準を満たすことを保証するという9つの製薬会社からの誓約に続いて,センター調査は米国人の4分の377)が,COVID-19ワクチンが その安全性と有効性が完全に理解される前に米国で承認されるのではないかと考えている。そして、ワクチン承認プロセスのペースについて尋ねられたとき,78は,大きな関心として,充分な安全性と有効性を完全に確立なしの動きが速すぎることを挙げており,承認の動きは遅すぎ,不必要な遅延が生じていると考えている20%に比べられる。

002_20200918181101

9月813日,米国の成人10,093人を対象に実施されたピュー・リサーチ・センターによる新しい全国調査では,すべての主要な政治的および人口統計グループ全体にわたって,COVID-19ワクチンを接種する意向が低下していることがわかった。ただし,グループ間にかなりの違いは残っている。民主党員と民主党支持者は,共和党員と共和党支持者よりもワクチンを接種しようとする可能性が高い,または確実にワクチンを接種する可能性が 14パーセントポイント高い(5844)。そして黒人の成人は,他の米国人よりもワクチンを接種すると言っている可能性ははるかに低い:黒人の成人で 確実にまたはおそらくCOVID-19ワクチンを接種すると答えているのは わずか32で,白人の成人は52,ヒスパニック系は56,およびアジア系米国人はほぼ4分の372)である。 (アジアの成人は英語でのみで面接された。)

003_20200918181101

ワクチンの有効性に関する副作用や不確実性に関する懸念が,COVID-19ワクチンが今日,入手できたとしても,ワクチンを接種しないとする人が理由として広く引用されている。COVID-19ワクチンを接種しないと答えた米国人のおよそ半数のうち,76が副作用についての懸念が 確実にまたはおそらく接種しない主な理由であると述べている。
現在,いくつかのワクチンが試験中である。 今月初めに,試験参加者に副作用を引き起こす可能性があるとして1つの試験が一時的に保留されたが,その後再開された。

COVID-19ワクチンを接種しようとしない人の大多数(72)は,それがどれだけうまく働くのかについてもっと知りたいという欲求が,彼らが現在コロナウイルス・ワクチンを接種する計画を立てていない主な理由でもあると言う。ワクチンを接種しない可能性が高い主な理由として,ワクチンが必要だとは考えていない(31)か,ワクチンの費用(13)かを挙げた成人は少ない。

COVID-19ワクチンが今日利用可能であれば,確実に,またはおそらくワクチンを接種すると言う人は,その決定に影響を与える可能性のあるさまざまな要因を考えている。

004_20200918181101

全体として,ワクチンを接種することを計画している人の57は,ワクチンを接種するために自らのポケットから支払わなければならない場合,ワクチンを接種する可能性は少し(36)またはかなり(21)小さくなると述べている。約10分の442)は,費用の自己負担がワクチン接種の可能性を変えることはないと述べている。

研究者たちは,COVID-19ワクチンが最終的にどれほど効果的であるかはまだわかってない。米国食品医薬品局(the U.S. Food and Drug Administration)は,安全で,病気の予防または感染症の重症度の軽減に少なくとも50の効果があれば,COVID-19ワクチンを認可すると発表したが,米国国立アレルギー感染研究所(the National Institute of Allergy and Infectious Diseases)所長のAnthony Fauci氏は,科学者が少なくとも75有効であるワクチンを望んでいると述べた。

Many Americans think it’s likely a vaccine will be used before its safety and effectiveness are fully understood
多くの米国人は,その安全性と有効性が完全に理解される前にワクチンが使用される可能性が高いと考えている

005_20200918181101

米国人がCOVID-19のワクチンがいつ米国で承認されるかを先に考えて,多くの人がワクチンが最初にどれほど安全で効果的であるかについて疑問を表明している。

米国人の約4分の377)は,COVID-19のワクチンが安全で効果的かどうかが完全に明らかになる前に,ワクチンが承認され,使用される可能性が少なくともいくらかあると述べており,36%はそれが起こる可能性が非常に高いと述べている。わずか22が,これはあまりないか,まったくない可能性が高いと答えている。

十分な米国人が病気の蔓延を抑制するために予防接種を受けるかどうかになると,公的評価はより複雑になる:53は,これは少なくともある程度可能性があると言っているが,46は,そうでもないと思うか,まったくそう思わないと考えている。

米国人はまた,ワクチン接種についての見方がまちまちである。米国の成人の約半数(48)は,ワクチンを望むすべての人がワクチンに迅速かつ簡単にアクセスできる可能性が少なくともある程度あると言っているが,51は,これはあまりないか,まったくない可能性が高いと言っている。

006_20200918181101

ワクチンはその安全性と有効性が完全に理解される前に承認されるかもしれないという見方と一致して,米国人の多くは,承認プロセスが遅すぎるのではなく,速すぎることを懸念していると言っている。10人中8人近く(78)は,ワクチンの承認プロセスが安全で効果的であることの完全な確立なしでのワクチン承認プロセスの動きが速すぎることが最大の懸念であると述べている。承認プロセスの動きが遅すぎて,ワクチンへのアクセスが不必要に遅れるのではないかと懸念しているのはわずか20である。

共和党と民主党はコロナウイルスの発生に関する多くの面で異なっている- それには公衆衛生への脅威や公共活動に対する制限をいかに早く解除するかを含む - 両グループの大多数はワクチン承認プロセスに関する彼らのより大きな懸念は 遅すぎるよりは速すぎることにある。およそ10人に7人の共和党員(69)は,承認プロセスがあまりにも速く進んでいることを懸念しており,民主党のさらに大多数(86)がこの見解を共有している。

Intent to get COVID-19 vaccine tied to confidence in development process
COVID-19ワクチン接種の意図は 開発プロセスへの信頼に結びつく

007_20200918181101

COVID-19ワクチンの接種を計画している人は,ワクチン接種を予定していない人よりも,ワクチン開発プロセスにはるかに大きな信頼を示しています。

全体として,一般市民の19は,米国の研究開発プロセスがCOVID-19の安全で効果的なワクチンを生産するだろうという大きな信頼を持っている。45は,それなりの信頼を持っていると言っている。約3分の135)は,このプロセスにあまり信頼してないか,まったく信頼してないと答えている。

ワクチンを確実に,またはおそらく接種すると言っている人の間では,10人中8人以上が研究開発プロセスに大きな信頼(30)またはかなりの信頼(54)を表明している。

対照的に,コロナウイルス・ワクチンの接種を計画していない人の55は,このプロセスをあまり信頼してないか,まったく信頼してないと答えている。

(転載了)
*******************

|

« 見出しに見る勘違い(その626) | トップページ | キャロル・リンレイの映画を観たらー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その626) | トップページ | キャロル・リンレイの映画を観たらー »