« 捨てられない理由。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その632) »

2020年10月23日 (金)

映画「クリムゾン・タイド」で英語を聴く。

NHK BSプレミアムで 「クリムゾン・タイド」(‘Crimson Tide’,1995)を観ました。監督は 1986年の「トップガン」でメジャー監督になった英国人 トニー・スコット(‘Tony Scott’,1944~2012)です。
2年ほど間をおけば 何度でも観られる面白い潜水艦映画です。

話は ロシアで蜂起した超民族主義の反乱軍がミサイル基地を占領し,自らの要求をのまなければ米国と日本を核攻撃するとの情報で出動したオハイオ級原子力潜水艦 アラバマが舞台です。
新任のハーバード大出身のインテリ副長 ハンター少佐,演じるは「デンゼル・ワシントン」(‘Denzel Washington’,1954~ )と,見るからにたたき上げで頑固な艦長 ラムジー大佐,演じるは「ジーン・ハックマン」(‘Gene Hackman’,1930~ )の対立を描いています。

出動後,受信した EAMEmergerncy Action Message)は 「反乱軍はミサイルに燃料を注入中,先制攻撃を加えよ」というものー
発射準備を整えている最中に,ロシア反乱軍の潜水艦に遭遇,攻撃を受けて 受信中だった第2報のEAMの指令本文が受信できぬまま切れてしまうー
このまま攻撃を行おうとするラムジー艦長に対して ハンター副長は 発射中止命令の可能性があるとして 第2報のEAM内容を確認すべきと対立する。

この二人の早口の議論シーンの英語を聴いてみました。

001a_20201020161901Because it got cut off during the attack, sir.
The message could mean anything.
It could be a message to abort. - It could be a message...

Could be a fake Russian transmission.

003a_20201020161901Which is exactly why we need to confirm it, sir.
All I'm asking for is the time we need to get back on line.

 
- Calm down, Mr. Hunter.

005a_20201020162001I am calm. 

- You don't appear to be calm.

007a_20201023053901
(Conn/Weapons)Missile systems ready to launch in four minutes.

 - Step aside, seaman.009a_20201020162001We have orders in hand, and those orders are to make a preemptive launch.
Every second that we lose increases the chances... that by the time our missiles arrive, their silos could be empty...
011a_20201020162001 
'cause they've flown their birds and struck us first.
 - You know as well as I do... that any launch order received without authentication is no order at all.

013a_20201020162001- That's our #1 rule.
That rule is the basis for the scenario we've trained on time and time again.
It's a rule we follow without exception.
015a_20201020162001Captain, National Military Command Center knows what sector we're in.
They have satellites looking down on us to see if our birds are aloft.
017a_20201020162101And if they're not, then they give our orders to somebody else.
That's why we maintain more than one sub.
It's what they call "redundancy."

019a_20201020162101- I know about redundancy, Mr. Hunter.

 - All I'm saying...021a_20201020162101All I'm saying, Captain, is that we have backup.
Now, it's our duty not to launch until we can confirm.

023a_20201020162101You're presuming that we have other submarines out there ready to launch.
But as captain, I must assume... that our submarines could have been taken out by other Akulas.
025a_20201020162101We can play these games all night, Mr. Hunter... 
- but I don't have the luxury of your presumptions.
Mr. Hunter, we have rules that are not open to interpretation...

027a_20201020162101personal intuition, gut feelings, hairs on the back of your neck... little devils or angels sitting on your shoulders.

We're all very well aware... of what our orders are and what those orders mean. 
They come down from our Commander-in-Chief.

029aThey contain no ambiguity.

Mr. Hunter, I've made the decision.
I'm captain of this boat. Now shut the f〇ck up!

031
Damn.

興味深いのは 副長が艦長を “Captain” + “sir” と呼ぶのに対して,艦長が副長を 名前で “Mr. Hunter” と呼ぶところです。

この会話の後,艦長がミサイル発射を強行しようとするのに対して,「発射には副長の同意が必要」とする規則に違反しているとして ハンター副長が艦長を,規則違反として その任から解き 軟禁し,自らを艦長(代理)とします。

|

« 捨てられない理由。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その632) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 捨てられない理由。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その632) »