« 納戸 観音開き扉の マグネット・キャッチ 取り換え。 | トップページ | パリ,4週間夜間外出禁止。 »

2020年10月17日 (土)

“BARACUTA” の季節。

秋を感じる季節になりました。
ー となると シャツの上の羽織るものが必要になります。

001a_20201013121101
左は 2006年に買った “BARACUTA G19”。
右は 2011年に買った “BARACUTA G35 ‘Dean’ Windcheater”。

G19G19” は 関東在住時,滅多になかったことですが 何かのついで行った銀座三越デパートで買ったものです。
G19” の名前が正しいかどうかは 現在検索しても存在しないので 怪しいのですが,当時,日本の “BARACUTA” 代理店のサイトに 右の製品があったので,とりあえず そう呼んでいます。

右の “G35” は イタリアに経営が移る前に 英国の “BARACUTA” から個人輸入したものです。

004a_20201013121101
上は,いずれも,世界中の多くのブランドがデザインをコピーして,日本でいう「ブルゾン」の原型となった “BARACUTA G9 Harrington Jacket” です。

左は 2011年に 英国の “BARACUTA” から個人輸入した ‘Slim Fit’ の ‘Dark Navy’ で,送料を含めて £163,当時のレートで 2万円ていどでした。
右は 2012年に日本で買った ‘Tan’ です。前年の ‘Dark Navy’ の2倍弱の値段でした。
この頃の G9の生地(Outer Shell)は 現在の化学繊維混紡と違って 100% Cotton です。
リタイア者のこの季節は これらが活躍します。
気温が低下するにつれて G35G19G9 の順に着ます。

|

« 納戸 観音開き扉の マグネット・キャッチ 取り換え。 | トップページ | パリ,4週間夜間外出禁止。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 納戸 観音開き扉の マグネット・キャッチ 取り換え。 | トップページ | パリ,4週間夜間外出禁止。 »