« 見出しに見る勘違い(その630) | トップページ | TVに誘われてー 無印良品の「メロンソーダ」 »

2020年10月14日 (水)

BTSが 中国の地雷を踏んだ。

REUTERSOct.12, 2020付け-

Big-brand BTS promotions disappear as band sparks uproar in China
中国で騒動を巻き起こしたバンドとして,ビッグ・ブランドのBTSプロモーションが消える

(下記,拙訳・転載します。)

香港(ロイター)発 - 韓国のボーイバンドBTSは,リーダーが朝鮮戦争について発言して,中国で批判の弾幕に直面し,サムスンを含むいくつかの有名ブランドが騒動の中で,K-POPグループから距離を置いたように見える。

この論争は,世界第2位の経済大国である中国で,大企業の前に置かれた政治地雷の最新の例である。

イニシャルRMで知られるBTS(防弾少年団)のリーダーが,バンドが韓国と米国への貢献に対して米国を拠点とする組織から賞を受賞したときのスピーチで中国の多くの人々の気分を害した(upset)。

RMは,韓国と米国の間で共有される「痛みの歴史」(history of pain)を思い出させ(invoked),1950 53年の朝鮮戦争に言及して,「無数の男性と女性の犠牲」(sacrifices of countless men and women)について話した。

朝鮮戦争では北朝鮮と中国の軍に対して韓国と米軍が戦った。

このコメントは,中国のソーシャルメディアにおいて激しい議論を呼び起こした。

「彼らは中国でお金を稼ぐべきではない」とある怒ったユーザーはWeiboプラットフォームでBTSに言及して言った。
「中国のファンからお金を稼ぎたいのなら,中国人の気持ちを考えるべきだ。」

論争が渦巻くにつれて,サムソンのBTS特別版スマートフォンとイヤホンを特集した投稿は,中国の eコマース・プラットフォーム ‘Tmall’ と ‘JD.com’ から姿を消した。

中国のユーザーによると,スポーツ・ファッション・ブランドのFILAや自動車メーカーのヒュンダイなど,7人のメンバーグループとスポンサー契約を結んでいる他の企業からのBTS関連の投稿も,Weiboの公式アカウントから消えたという。

企業や他の誰が投稿を削除したかどうかは明らかではなかった。サムスン,FILA,ヒュンダイは,ロイターからのコメントの要求に応じなかった。

バンドのマネージメント会社であるBig Hit Entertainmentも,コメントの要求にすぐには応答してない。

(転載了)

BTSは 予想もしなかったことで さぞ驚き,後悔しているでしょうが,まさか,こんなことでー と思っているでしょう。
中国の地雷はどこに埋まっているか分かりません。

|

« 見出しに見る勘違い(その630) | トップページ | TVに誘われてー 無印良品の「メロンソーダ」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その630) | トップページ | TVに誘われてー 無印良品の「メロンソーダ」 »