« 見出しに見る勘違い(その633) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その634) »

2020年10月29日 (木)

速度計を英語では 「スピド・オミタ」と発音する。

「自動車の速度計のことを日本では 『スピード・メーター』(speed meter)と言うが,これを 英語だと思ってはいけない。英語では(speedometer) 『スピド・オミタ』と発音し,『オ』にアクセントをおく。」という内容のことを50年以上前の高校生の頃,伊丹十三氏の「ヨーロッパ退屈日記」(おそらく)に書いていたのを読んだ気がします。
こんな 誰も感心しない知識をひけらかしても仕方がないので,自ら言ったことはなく,したがって 世の中のどのくらいの人が知っているのか分かりません。

確認のために 和英辞典で 「速度計」と引けばー
  “speedometer” と出てきて 発音は
  [US] spidɑ́mətər | [UK] spidɔ́mitə  となっています。

伊丹十三氏は 米国人の発音の英語を英語と思ってないようなことを書いていたし,映画(「北京の55日」,「ロード・ジム」)のオーディションや撮影で英国,ヨーロッパに行っていて 彼自身の発音は英国式を意識していたと思われるので 「スピド・オミタ」となるのでしょうか。

ここで疑問に思うのは 何故 “speed” と “meter” の間に “o” かあって,素直に(?) “speed meter” ではないのか,ということです。

どこかに この疑問に答えているサイトはないものかと いろいろ探して,‘Grammarphobia’ のサイトに “Why ‘speedometer’ has an ‘o’” 題する項を見つけました。私の疑問と同じです。

英語を使う人の中にも疑問を持つ人がいたようです。

下記に その質問と回答を拙訳・転載します。

******************************

Q:何故,“speedmeter” ではなく “speedometer” なのか? 家にあるのは “gasometer” ではなく “gas meter” であり,電気技師が持っているのは “ohmometer” ではなく “ohm meter” なのに。

A: 文字 “oは,部分の少なくとも1つがギリシャ語に由来する英語の複合語で,接続要素またはリンク要素(connective or linking element)として頻繁に表われる。この英語の構成は,古典ギリシャ語の複合語の最初の部分の終わりにオミクロン(o)を使用したことにさかのぼることができる。 たとえば,δημο-κρατίαdemo-cratia,人々の支配),ϕιλο-σοϕίαphilo-sophia,知識への愛),およびνεκρo-πολιςnecro-polis,死者の都市)。

古代ギリシャ語では,オミクロンとシグマ(-ος,またはラテンアルファベットのos)で終わる名詞は,シグマを削除し,オミクロンを結合として保持することによって複合語を形成した。
古典ラテン語では,ギリシャ語から借用した複合語やラテン語に由来する複合語で同様に文字oを使用していた。
その後,フランス語やその他のロマンス諸語は,古典ラテン語または中世ラテン語からこれらの複合語を継承した。次に,英語はそれらの多くをフランス語またはラテン語から採用した。

古典ギリシア語のオミクロンがしばしば合成語の最初の部分の最終的な文字であったが,特に最初の部分が子音で終わるネイティブ英単語であるならば,それは合成語の最後の部分で初の文字として現代の英語でしばしば扱われる。

オックスフォード英語辞典で説明されているように,一部の複合語の接続詞 “-o-” は,「特に後者が子音で終わる英語の最初の要素と組み合わされている場合,終了の一部であるかのように扱われる傾向がある」。
speedometer” という語は,この良い例である。これは,アングロサクソン時代にさかのぼる名詞 “speed”,接続詞 “-o-,” およびギリシャ語の-μέτρον-metron,または measure)からきた “-meterの複合の形である。

ただし,お気づきのとおり,多くの例外がある。たとえば,多くの標準辞書には “gas metergasometerの両方のエントリがあるが,2つの用語の意味は異なる。“gas meterは,施設で使用されるガスの量を測定するための装置であり,gasometerは,ガスを貯蔵および測定するためのタンクである。

ドイツの物理学者 ゲオルク・オーム(Georg Ohm)とイタリアの物理学者 アレッサンドロ・ボルタ(Alessandro Volta) にちなんで名付けられた測定装置は,2つの単語として,ハイフンでつながれ,1つの単語として,時には結合 “-o-” が付いている場合と付いていない場合がある。現在,ほとんどの標準的な辞書には,電気抵抗を測定するためのデバイスが “ohmmeterとして,電位を測定するためのデバイスが “voltmeterとしてリストされている。

興味深いことに,警察がスピード違反車(speeders)を捕まえるために使用するレーダーやレーザー装置を指すために,speed meterという2語から成る用語が書面で時々使用されているが,その使用法は標準的な辞書には浸透していない。

歴史的証拠に基づく語源辞書であるOEDOxford English Dictionary)には,結合形式 “-meter-ometer,および “-o-接続の個別のエントリがある。接続詞エントリは,-ometerを “-o-と “-meterで構成される2つの部分からなる用語として扱う。

-ometer” バージョンは,英語で最初に表示された。 OEDが説明しているように,「この末端要素(terminal element)を含む単語は,17世紀に英語で最初に証明された(attested)。最も初期の重要な例は,初期のフランス語の温度計(thermomètreをモデルにした “thermometer” である。 次は “barometer”,英語のフォーメーションである(フランスの “barometer” はほぼ同時に記録される)。

「初期のフォーメーションでは,エンディングは常にギリシャ語の名詞の語幹に追加されるか,-oのフォーム[エンディング]を組み合わせる」と辞書は言うが,18世紀には,「最初の要素がラテン語または他の起源のフォーメーションが出現し始める。」

OEDによると,英語の最初の要素を持つ例は,「ユーモラスな単語の “passionometer(n)である。(18世紀半ば); 少数の同様のめったに使用されないユーモラスな言葉によって,これは19世紀に繋がる:例えば “foolometer”(n., obscenometer”(n.)。」

あなたが尋ねた言葉である “speedometerは,20世紀初頭に登場した。最初のOEDの引用は,190484日発行のタイムズ(ロンドン)からのものである:“His ‘speedometer’ … showed he was going at only ten miles an hour.(彼の「スピードメーター」は,時速 たった10マイルで移動していることを示していた。)

質問に戻るが,車の速度を測定する機器が “speedometerであるのに対し,家の中のガスの使用量を測定するデバイスが “gas meterである理由は明確ではない。
他の投稿で述べたように,英語の発達はきちんと整っていない。古英語と中英語を現代英語に翻訳するとき,ほぼ毎日そのことを思い出す。

名詞 “speedを例にとってみよう。古英語(約450年から1150年まで話された)では,名詞は “spoed”または “sped” と綴られていた。 中英語(およそ1150年〜1500年)では,“spede”,“speede”,“spied”,“speid”,“spyd”,“spyde”,“speed” などだった。

17世紀になって初めて,speedが “pack” から出現し,主要なスペルになった-これが,それほどスピーディでなかったプロセスである。

(転載了)
*******************

難しいのですが,言葉は 誰かが 何かの法則(文法など)に基づいて作ったものではないので 何故か?の問いに正確に答えることは難しいということです。

|

« 見出しに見る勘違い(その633) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その634) »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その633) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その634) »