« パラブーツのチロリアン・シューズ,「ミカエル」の種類。 | トップページ | 米国民の分断,その内容。 »

2020年11月10日 (火)

「セイタカアワダチソウ」の記憶。

セイタカアワダチソウ(背高泡立草,学名Solidago canadensis var. scabra または Solidago altissima)は,キク科アキノキリンソウ属多年草である。 北アメリカ原産で,日本では切り花用の観賞植物として導入された帰化植物外来種)であり、ススキなどの在来種と競合する。11月頃まで開花している。河原や空き地などに群生し,高さは1 - 2.5m,良く肥えた土地では3.5 - 4.5m程度にもなる日本における分布状況は,北海道の一部から沖縄までとなっており,一部調査で北限の変化が確認されたことから,繁殖域が北上している可能性がある。同時期に増えた,帰化植物のブタクサと時折間違われ,花粉症の原因だと言われるが,別の植物である。

001_20201109060601

**********
以上,Wikipedia から抜粋。

高校は男子クラスで,尚且つ 文字通り「花のない」,花瓶すらない教室でした。

ある朝,ふと教室の前を見ると 牛乳瓶に「セイタカアワダチソウ」が入れてありました。
誰かが 通学の途中に生えていたものを採ってきたものと思われました。

上述の「切り花用鑑賞植物として導入」からすると理にかなっていました。
なかなか 風情のある生徒がいたものです。

|

« パラブーツのチロリアン・シューズ,「ミカエル」の種類。 | トップページ | 米国民の分断,その内容。 »

昭和時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パラブーツのチロリアン・シューズ,「ミカエル」の種類。 | トップページ | 米国民の分断,その内容。 »