« 12月です。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その644) »

2020年12月 1日 (火)

Oxford が示した “5 new words in 2020”

新しい言葉,新しく使われる言葉が 毎年のようの出現するのは 英語も同様で,“Oxford” のサイト“Learning English with Oxford” に Jan.92020付けで “5 new words you shouldn’t miss in 2020” (2020年に見逃してはならない5つの新しい言葉)と題する記事がありました。

下記,拙訳・転載します。
**************************

simples”(間投詞:“簡単でしょう”),“chillax”(自動詞:くつろぐ),“whatevs”(?)の共通点は何か? これらはすべて,2019年にオックスフォード英語辞典に追加された新しい単語である。

私たちはあなたが何を考えているか知っている。 英語にはすでにたくさんの単語があるが,これらの新しい単語はどこから来たのか? 我々がそれらを作っているのか? 我々がそれらを作り上げているのではないことを知って喜ぶと思う。いくつかは,人々が頻繁に言い,書き始めた言葉である。その他は,文化の変化や大きなイベントのために,最近 より一般的になっている古い言葉である。

起源に関係なく,英語の進化を反映するために,毎年,何百もの新しい単語が辞書に追加される。

それで,ここに2019年からのトップ5の単語とその意味を示す。あなたは何かを認識し,私たちがそれらを選んだ理由を見つけることができるだろうか?

1. Climate Emergency
    気候緊急事態

オックスフォード辞書のWord of the Year「気候緊急事態」(climate emergency)からリストを始めよう。
「気候緊急事態」は,気候変動を低減または停止し、それに起因する潜在的に不可逆的な環境被害を回避するために緊急の行動が必要とされる状況として定義される。2019年に書かれた他の種類の緊急事態を上回った。実際,この単語の使用は,20199月までのわずか1年間に10,000%以上増加した。

2. Permaculture
    持続型農業

permaculture”(持続型農業)は,最近人気が高まっている古い言葉である。
それは混成語(portmanteau word)語,つまり,2つの単語を組み合わせて新しい単語を作成したものであり,この場合, “permanence”(永続性)と “agriculture”(農業)を混合し,持続可能な(sustainable)農業とガーデニングの概念に基づいている。

3. Freegan
    フリーガン

「フリーガン」は,“free” と “vegan”(完全菜食主義者)という言葉を組み合わせた混成語でもある。
「ごみ箱をあさる人」(dumpster diver)としても知られる「フリーガン」は,世界中の何百万人もの空腹人々がいる時代に,食べ物を捨てるのは間違っていると信じている人である。このため,彼らは 通常,捨てられたり無駄にされたりしている,無料で手に入る食べ物しか食べない。 多くの場合,フリーガンはスーパーマーケットのごみ箱の中の食べ物に依存している。

4. Hothouse
    ホットハウス

hothouse” は最近新しい意味を帯びた言葉である。
以前は,植物がより早く成長するのを助けるように設計されたガラスの建物である温室(greenhouse) のみを指していた。
今日,“hothouse” は,アイデア,感情,知識の急速な発展を促進する場所や状況についても言い表している。大学のキャンパス,学校,社会組織が,新鮮な新しいアイデアのための完璧な “hothouse” を作る!

5. Hellacious
    ものすごい

あなたは ひどい交通で立ち往生したことがありますか? ひどい吹雪はどうだろう? 恐らく状況はひどいもの(hellacious)でしたか?
hellacious” はひどい(awful)経験を表し,交通,天気,さらには期間(たとえば,“hellacious summer”)を表すためによく使用される。 また,スポーツで “hellacious” なパンチやヒットについて話し合うときにもよく使用される。

なぜこれらの言葉を選んだのだろうか?
これらの言葉が,気候変動や持続可能性など,今日の最も差し迫った問題のいくつかに関連していることに気づけば すばらしい!

2020年にはさらに重要になる可能性があるため,これらを選択した。

(転載了)
*******************************

日本語の新語にさえ おいて行かれている身としては 英語までは手が出ません。

Climate Emergency” の 「10,000%」は 「百倍」の方が分かり易い。

|

« 12月です。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その644) »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月です。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その644) »