« 玄関が賑やか。 | トップページ | "BEAMS" デザインのハンドタオル »

2020年12月25日 (金)

米国での,2020年の注目すべき,20の出来事(その2)

Pew Research CenterFACTTANKDec.11,2020付けに20 striking findings from 2020と題する調査結果がありました。
2回に分けて 拙訳・転載します。(その1)に続いての(その2)10 striking findingsです。

***********************
20 striking findings from 20202/2 

11. いくつかの国では,米国を好意的に見ている人々の割合は,2020年に過去最低の水準にまで低下した。2017年にトランプが就任した後,海外での米国のイメージは大幅に低下したが,コロナウイルスの発生に対する国の対応に対する批判が広まる中,2020年にはさらに侵食された。英国の成人の41が今年,米国に対して好意的な意見を表明したが,これは過去最低の割合である。そして,フランスとドイツでは,米国に対して肯定的な見方をしている成人の割合が,イラク戦争をめぐる緊張の高まりの中で,20033月に最後に見られたレベルまで低下した。

今年の夏に調査された13ヶ国全体で,成人の中央値はわずか15しか 米国はCOVID-19の発生に対応して良い仕事をしたと述べてない。これは,肯定的な評価を与えたシェア:自国(中央値74),世界保健機関(中央値64),EU(中央値57),中国(中央値37)よりもはるかに低かった。

011_20201213163801

012h_20201213163601 12. バイデンとトランプの支持者は,政治的優先事項だけでなく,米国の中核的価値観についても根本的に意見が一致していないと述べている。10月の調査では,バイデンを支持した10人に8人の登録有権者(80)と,トランプを支持した有権者の同様の割合(77)が,「米国のコア・バリューと目標」について 対立派と根本的に一致しないと述べた。各グループの約5人に1人だけが,彼らの違いは政治と政策に限定されていると述べた。同じ調査で,バイデン支持者の90とトランプ支持者の89は,相手側の候補者が選挙に勝った場合,国に「永続的な害」(lasting harm)があるだろうと述べた。

13. さまざまな対策の中で,共和党はニュース・メディアの評価において民主党よりもはるかに否定的である。2月の調査では,共和党員と共和党支持者の半数以上が,報道機関は報道される人々を気にしない(69),専門家ではない(60),米国に対して批判的すぎる(58),民主主義を阻害している(56),彼らがどれほど良い仕事をしているのか気にしない(54),と述べている。
民主党員と民主党支持者は,これらすべての質問について共和党員よりもはるかに前向きだった。ニュース・メディアの見解における党派のギャップは,1月に報告された別のセンター調査として,特定の放送客の見解にも及んでいる。

013_20201213163801

014h_20201213163601 14. 非常にアクティブなTwitterユーザーのごく一部(ほとんどが民主党員)が,米国の成人からのツイートの大部分を生み出している。最もアクティブなユーザーの10は,201911月から20209月の間に公開アカウントを持つ米国の成人によって送信されたツイートの92に責任があった。民主党員と民主党支持者がこれらの非常にアクティブなTwitterユーザーの69を占め,共和党員と共和党支持者が26を占めた。

015h_20201213163601 15. 米国のヒスパニックの約4分の123)だけが「ラテンアメリカ人」(Latinx)という用語を聞いたことがあり,わずか3が自分自身を説明するためにそれを使用していると答えている。米国のヒスパニック人口を表すために使用される性的に中立な(gender-neutral)汎民族用語(pan-ethnic term)は,近年,一部の企業,地方自治体,大学,ニュースや娯楽エンタメ放送局の間で注目を集めている。しかし,この用語を知っているヒスパニックは比較的少数であり,自分自身を説明するためにそれを使用しているのはごくわずかである。この用語を知っているヒスパニックの65は,「ラテン系」(Latinx)を国のヒスパニックまたはラテン系の人口(Latino population)を表すために使用すべきではないと述べているが,33はそうすべきであると述べている。

16. 米国人の約半数(49)は,聖書が米国の法律に多大な影響を与えるべきであると述べている。28は,人々の意志と矛盾する場合には聖書を優先すべきであると述べている。白人の福音派クリスチャン(evangelical Christians)は特にこの見解を持っている可能性がある。 2月の調査では,約9割の白人福音派(89)が,聖書は米国の法律に多大な影響を与えるべきであると述べ,約3分の268)は,両者に矛盾があるとき,人々の意志よりも聖書を支持していると述べた。

米国憲法は,聖書,神,イエス,キリスト教について言及しておらず,憲法修正第1条は,「議会は,宗教の確立を尊重する法律を制定してはならない」と明確にしている。それでも,一部の学者は,聖書が米国の創設者に大きな影響を与えたと主張している。

016_20201213163801

17.The Black Lives Matter” 運動は,5月に警察がジョージ・フロイドを殺害した後,広く一般の支持とオンラインの関与を引き出した。6月初旬の調査では,すべての主要な人種および民族グループの多数派を含む米国人の3分の2が,この運動への支持を表明した(ただし,支持は9月までに55に低下した)。

一方,‘BlackLivesMatter’ハッシュタグの使用はTwitterで記録的なレベルに急上昇し,ミネアポリス警察の手によるフロイドの死の翌日である526日から67日までの1日あたりの平均使用は370万弱だった。528日,約880万件のツイートにハッシュタグ ‘#BlackLivesMatter’ が含まれており,ピュー研究所が2013年にその使用の追跡を開始して以来,ハッシュタグにとって最も忙しい1日となっている。

017_20201213163801

018h_20201213163701 18.「警察の予算削減」(defund the police)という呼びかけの中で,6月に米国人の4分の1だけが,自分たちの地域での警察への支出の削減を支持すると述べた。米国人の最大のシェア(42)は,自分たちの地域の警察への支出をほぼ同じに保つことを好み,31は警察への支出を増やすべきだと述べた。警察の支出削減への支持は,30歳未満の成人,および民主党または民主党支持者の成人の間でより高かったが,それでも過半数には及ばなかった。

019h_20201213163701 19. 警察の支出削減への支持は、30歳未満の成人、および民主党または民主党に傾倒していると特定した成人の間でより高かったが、それでも過半数には及ばなかった。
Qアノン’(QAnon )について少なくとも少し聞いたり読んだりした米国の成人の割合は,2月の23から9月の47に上昇した。(管理人注:英: QAnon,発音: [ˌkjuːəˈnɒn]は,アメリカの極右が提唱している陰謀論およびインターネット・ミームである。テロ脅威としてFBIから指定されている。)QAnonを知っている民主党員と民主党支持者は,QAnonを国にとって非常にまたはやや悪いことだと圧倒的に見ているが(90),共和党員と共和党支持者はもっと分れている。QAnonを知っている共和党員の半数は,それが国にとって非常に,または幾分悪いことであると言い,41はそれが非常に,または幾分良いことであると言う。

020h_20201213163701 20. ビッグ・テック企業がますます監視に晒された年に,10人中9人の共和党員と約10人中6人の民主党員(59)が,ソーシャル・メディア・サイトが意図的に政治的見解を検閲している可能性が高いと述べた。全体として,米国の成人の約4分の373)が,ソーシャル・メディア・サイトが好ましくないと感じる政治的見解を検閲する可能性が非常に高い、またはある程度あると6月に述べている。5月下旬,Twitterはトランプによるツイートに誤解を招くようなラベルを付け始め,大統領とその支持者の一部に,ソーシャル・メディア・プラットフォームが保守的な声を検閲したと非難するよう促した。

(転載了)

********************

|

« 玄関が賑やか。 | トップページ | "BEAMS" デザインのハンドタオル »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玄関が賑やか。 | トップページ | "BEAMS" デザインのハンドタオル »