« (株)商船三井による 「WAKASHIO」号 座礁原因の発表 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その652) »

2020年12月20日 (日)

世界の「一夫多妻制」事情。

日本では 話題になることは ほぼありませんが,世界には一夫多妻(複婚)制度が存在します。

Pew Research Center’ の ‘FACTANKNov.7,2020付で “Polygamy is rare around the world and mostly confined to a few regions” (一夫多妻(複婚)制は世界的には稀であり,少ない地域に限定される)と題する調査報告がありました。

下記,拙訳・転載します。

************************

一夫多妻制(Polygamy)は,世界中のほとんどの地域で稀である。
米国では,1882年に同じ屋根の下で複数の人と配偶者のような(spouselike)関係を持つことが犯罪になった。今日,米国の人々が複数のロマンチックなパートナーと一緒に住んでいるとして起訴されることはめったにないが,すべての州には,すでに他の誰かと結婚している間に結婚することを禁じる法律がある。

2月,ユタ州は,一夫多妻制の(polygamous)関係で自発的に生活する成人に対する罰則を緩和する法案を可決し,違反(infraction)しても,懲役刑で罰せられない低レベルの犯罪にした。

中東やアジアの地域(swaths)を含む世界の他の地域では,一夫多妻制は合法だが,広くは実践されていない。また,一部の国,特に一夫多妻制ベルトとして知られる西アフリカと中央アフリカの一部では,この慣行は合法であり,広く普及している。

2019年に発行された130の国と地域での生活環境(living arrangements)に関するピュー・リサーチ・センターのレポートは,一夫多妻制の世帯や他のタイプの世帯に住む人々の数を分析した。これは,そのレポートと世界中の慣習と法律の個別の調査からの,いくつかの重要な発見である。

1. 世界人口の約2のみが一夫多妻制の世帯に住んでおり,大多数の国々では,その割合は0.5未満である。一夫多妻制は世界中の多く国で禁止されており,「一夫多妻制は女性の尊厳を侵害している」と述べた国連人権委員会は,「どこであろうと一夫多妻制が存在し続ける場合は,必ず廃止する」ことを求めた。しかし,政府による結婚の管理にはしばしば限界がある。多くの国では,結婚は宗教法または慣習法に準拠してあり,管理(oversight)は聖職者(clerics)もしくは地域社会の指導者の手に委ねられている。

001_20201208205101
2. 一夫多妻制はサハラ以南のアフリカ(sub-Saharan Africa)で最も多く見られ,人口の11%が 複数配偶者の生活をしている。

002_20201208205101

一夫多妻制は,ブルキナファソ(36),マリ(34),ナイジェリア(28)など,西アフリカと中央アフリカの国々に広がっている。これらの国々では,一夫多妻制は少なくともある程度は合法である。
アフリカのイスラム教徒はキリスト教徒よりも,この生活環境で住んでおり(253),一部の国では,その慣習は民族信仰(folk religions)の信奉者や宗教と同一視しない人々の間でも広まっている。たとえば,ブルキナファソでは,民族信仰を実践する人々の45,イスラム教徒の40,キリスト教徒の24が一夫多妻制の家庭に住んでいる。チャドは,この分析内で,キリスト教徒(21)がイスラム教徒(10)よりもこの種の環境に住んでいる唯一の国である。

3 .一夫多妻制を許可している国の多くはイスラム教徒が多数派であるが,その慣行はその多く人にとって稀である。アフガニスタン,パキスタン,バングラデシュ,イラン,エジプトなど,少なくともイスラム教徒にとってこの慣習が合法であるすべての国で,複数の配偶者と同居しているイスラム教徒の男性は1未満である。一夫多妻制は,サウジアラビア,カタール,アラブ首長国連邦,およびその他の近隣諸国でも合法だが,データの制限のため,これらの国は調査に含まれていない。
一夫多妻制のイスラム教徒の支持者は,コーラン43節を引用することがよくある。これは,男性に4人までで,世話をすることができる限り多くの妻を持つように説き,預言者ムハンマド(the Prophet Muhammad)には複数の妻がいたことも指摘している。
歴史家は,一夫多妻制に関するイスラムの指導は,財政的支援を必要とする多くの未亡人や孤児がいた7世紀のアラビアでの戦争の中で発効され,一夫多妻制は彼らを世話をするためのシステムとして作成されたと述べている。今日まで,一夫多妻制は,人が,特に男性が若くして死ぬ傾向がある場所で最も一般的である。

4. ユダヤ人の律法とキリスト教の旧約聖書は,アブラハム,ヤコブ,ダビデを含む,受け入れられていた複婚(plural marriages)のいくつかの例に言及している。しかし,この慣習は中世にこれらの宗派によって否認され,一夫多妻制は一般的にここ数世紀のユダヤ人やキリスト教徒によって容認されていない。それでも,一夫多妻制は,1800年代後半まで,米国の末日聖徒イエス・キリスト教会(the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints)の会員(モルモン教徒と呼ばれる)を含む特定のキリスト教宗派によって実践されることがあった。一部のモルモンの分裂派(splinter groups)はまだ一夫多妻制を実践している。

5. 宗教は,一夫多妻制が単一の国でどのように統治され実践されるかにおける役割をしばしば果たす。たとえばナイジェリアでは,一夫多妻結婚は連邦レベルでは許可されていないが,禁止は民事婚(civil marriage)にのみ適用される。北部の,イスラム教徒が多数を占める12の州は,これらの結びつき(unions)をイスラムまたは慣習的な結婚として認めている。
インドでは,イスラム教徒の男性は複数の女性と結婚することが許可されているが,他の宗派の男性は許可されていない。しかし,一夫多妻制が一般的である国では,多くの場合,すべての信仰の人々によって実践されている。ガンビア,ニジェール,マリ,チャド,ブルキナファソでは,調査されたすべての宗教グループの少なくとも10人に1人が,複数の配偶者を持つ夫を含む世帯に住んでいる。

6. 複婚制(Polygamy)は通常、一夫多妻(polygyny)の形-男性が複数の女性と結婚する-をとる。
003h_20201208204501 一妻多夫制(Polyandry)は,妻が複数の夫を持つことを指すが,一夫多妻制よりもさらにまれであり,世界中の小規模で比較的孤立したコミュニティで主に文書化されている。
複婚制の法律は通常,女性ではなく男性が複数の配偶者を持つことを許可することに偏っているが,多くの国の法律は女性の権利についても述べている。たとえば,一夫多妻制が一般的であるブルキナファソでは,配偶者は,夫が将来別の妻を連れてくることを許可されるために,結婚の最初に一夫多妻制になることに同意する必要がある。ジブチでは,裁判官が新しい結婚についての既存の妻の意見を記録し,追加の妻との結婚契約を承認する前に夫の社会経済的状況(socioeconomic situation)を調査する。

7. 最近のギャラップの世論調査によると,米国の成人の5人に1人は,一夫多妻制は道徳的に受け入れられると信じている。この割合は,2003年に最初に質問されて以来,ほぼ3倍(7から)になっているが,ギャラップが尋ねる最も受け入れられていない動き(behavior)の1つである。自称リベラル派は,保守派よりも一夫多妻制を道徳的に受け入れられると見なす可能性がはるかに高い(349)。
2013年に発表されたピュー・リサーチ・センターの調査によると,世界中のイスラム教徒は一夫多妻制について分断している。サハラ以南のアフリカのいくつかの国の大多数と中東の一部の複数国は,一夫多妻制を道徳的に受け入れられると説明しているが,中央アジアに住むイスラム教徒は 南および東ヨーロッパのイスラム教徒と同様に,一夫多妻制は不道徳であると言う傾向がある。

(転載了)
*******************

あまり使うことはなさそうですが,英語の勉強。

polygamy”   複婚(制)
                     一般に「一夫多妻制」,厳密には「一妻多夫制」も含む。
polygamous”(形)

polygyny”    一夫多妻(主義)

polyandry”   一妻多夫(主義)

とても覚えられません。覚えたとしても,ほぼ (一生)隠れた教養にしかなりません。   

|

« (株)商船三井による 「WAKASHIO」号 座礁原因の発表 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その652) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (株)商船三井による 「WAKASHIO」号 座礁原因の発表 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その652) »