« 見出しに見る勘違い(その656) | トップページ | 2020年の衣類購入費 合計¥3,980 也。 »

2020年12月31日 (木)

その後の Brooks Brothers に関する 英国GQの記事

7月8日の 破産申請以後,Brooks Brothers がどうなったか,引き受けた会社は? 気になるとことです。

英国版GQ 電子版に 4 Dec. 2020 付けで  “Brooks Brothers's future looks a lot like menswear’s past” (ブルックス・ブラザーズの未来はメンズウェアの過去によく似ている)の見出し記事がありました。

通常の英和辞典にはないファッション関係の単語があったり,難しい表現があったりで誤訳があると思いますが,下記,拙訳・転載します。

********************
By Cam Wolf
4 December 2020

新しいクリエイティブ・ディレクターのマイケル・バスティアン(Michael Bastian)が,ブランドをアスリージャー(athleisure:スポーツウェアと普段着を兼ねたファッション)に向けて舵を切り,menswearの全盛期(halcyon days)に戻す。
Authentic Brands Group” が,ブルックス・ブラザーズを買収した後の8月,新しいオーナーは破産したブランドを活性化するために「有名デザイナー」(big-name designer)を雇う計画を発表した。

Bape” (NIGO®1993年に立ち上げた裏原宿アパレルブランド)の背後にいる,日本のストリートウェアのレジェンドである “Nigo” のような名前が,アメリカで最も歴史的な「プレップな紳士服店」(prep outfitter)に「都会的な刷新」(streetwise revamp)を与える可能性のある潜在的なデザイナーとして浮かび上がった。
しかし,“when push came to shove, the familiar was perhaps more appealing” :今日(121日),ブルックス・ブラザーズは,創造的な方向に舵取りするために マイケル・バスティアン(Michael Bastian)を雇ったと発表した。

001_20201219232701

バスティアンは,menswear時代からの象徴であり,2000年代半ば(the mid-Aughts)から10年代初頭にかけて行われた紳士服の動きであり,伝統的なブランド,“Mad Men- adjacent tailoring”,ダブル・モンクストラップ・シューズなどの “real-heads-only” の商品を支持している(championing)。
バスティアンは高度成長の時代(go-go period),彼自身のブランドを運営し,ソフト・ショルダーのジャケットとドレッシーなカーゴ・パンツを生み出し,CFDACouncil of Fashion Designers of America)メンズ・ウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーに何回かノミネート(そして1回の勝利)を獲得した。
ブランドがメンズウェアの時代精神の注入を必要とするときはいつでも,彼は準備ができたダンス・パートナーだった。バスティアンは2000年代初頭に “Gant” や “Uniqlo” などと協力し,彼の風変わりなprepを主流にした。しかし,メンズファッションが最大主義のデザイン(maximalist designs),ロゴマニア,見苦しいスニーカー(ugly sneakers)に移行するにつれて,バスティアンは背景に消えていった。ブルックス・ブラザーズの新しいクリエイティブ・ディレクターとしての彼の再登場は,ドレスアップが全力で戻ってきているという別の前触れ(harbinger)のように感じる。

「私が自分のラインを始めたとき,それは当時ブルックス・ブラザーズで見つけることができなかったものを作ることだった」とバスティアンはWWDWomen’s Wear Daily)誌に語った。
「それで,私のデザインのキャリアが一巡したような気がする。」
もちろん,バスティアンがブルックス・ブラザーズで見つけられなかったアイテムは,彼がキャリアを築いたものだった。

したがって,WWDの報告によると,prep小売業者の焦点は,カシミヤ・スウェットパンツ,ブランドのアーカイブを駆け巡るシャンブレー・ジョギング・スウェットスーツ,そしておそらくストレッチのジーンズである「モダン・デニム」を使ったアスリージャーへの道を見つけることに移る。

Bastian will also oversee a graphic infusion: one sweater will feature a polar bear floating on a patch of ice (“A subtle reminder of global warming,” WWD writes), while the brand’s famous sheep logo will be retooled to imagine the wooly involved in various pratfalls, like falling off its skis. Now that’s just cute.

バスティアンはグラフィックの導入(infusion)も監修する(oversee):1つのセーターは まだらの氷海(patch of ice)に浮かぶ北極熊をフィーチャーし(「地球温暖化の微妙な(subtle)注意喚起のメッセージ(reminder)」とWWDは書いている),ブランドの有名な羊ロゴは,いろいろなへま(pratfalls)-スキーから落ちることのような-に関係する毛織りの衣類を想像するために改められる(retooled)。 今は 気取っている(cute)。(*訳,自信なし。「sheep logo」を変える?)

彼は典型的なアスリージャー・アイテムをカシミアでリメイクしており,バスティアンと会社が強調しているアイテムの1つは,ケーブル・ニットのパーカー(hoodie)である。ブルックス・ブラザーズの新社長であるケン・オオハシは,ブルックス・ブラザーズはスポーツウェアに「まだ,かなり深くは浸透していない」と信じているとWWDに語った。

「私たちはケーブル・ニットのパーカーを発売し,1週間で83%の販売を記録した」と彼は言った。
「すなわち,顧客はそれに投票している。」

アスリージャーに向けて方向転換する(pivoting)ブルックス・ブラザーズは,妥当性(relevance),さらに重要なことは,収益性を戻すための確実なルート(solid-if-predictable)である。10年前のブランドのプライム以来、メンズファッションは,ラベルをペンで留めて1タイプの衣類を作る壁の多くを取り壊してきた。今日,“Noah” や “AiméLeonDore”のような,愛されているブランドは,prepアイコンにストリートウェアの感性を吹き込むことで骨格を作る。“Supreme”は,エレガントなコートで “Loro Piana” と定期的にコラボし,かつてはブルックス・ブラザーズのような昔ながらのブランドの唯一の領域であったスーツ,カーディガン,ブレザーをうまく売っている(hawks)。

ブルックス・ブラザーズが新しいデザイナーの名前を熱心に探していることを発表した後,GQの我々は,prepとアスリージャー/ストリートウェアの結婚に成功した潜在的なデザイナーの名簿を想像した - ジョン・エリオット(John Elliott),ジェリー・ロレンソ(Jerry Lorenzo),マーク・マクネイリー(Mark McNairy)。我々のリストに載っている人々のほとんどは,過去10年間に現れ,ブルックス・ブラザーズが現在動いている方向にメンズウェアを推し進めてきた。

代わりに,ブルックス・ブラザーズは最新の黄金時代に戻り,バスティアンで信頼できるお気に入りを採用した。小さなゴルファーが描かれているエメラルドのネクタイをマガモが描かれた真っ赤なネクタイに切り替えるのは,それほどの革命ではない-そして,それがまさにブルックス・ブラザーズが望む道である。
「我々は車輪を再発明をしているのではない」とバスティアンは彼のビジョンについて語った。
「我々はスポークを元に戻しているだけである。」

(転載了)
**********************

「スポーク」が曲がっていたのでしょうか?

・“Authentic Brands Groupが買収し,
・「ケン・オオハシ」氏が社長になり,
・マイケル・バスティアン(Michael Bastian)が Creative Director の任に就きました。

「羊のロゴが変わる」かも知れません。(will be retooled

リタイアして 「無印良品」と「UNIQLO」に流れている私には ほとんど関係ありませんが,かつて ほぼ100% Brooks Brothers で揃えていた者としては,具体的にどのように変わるのか,気になります。

|

« 見出しに見る勘違い(その656) | トップページ | 2020年の衣類購入費 合計¥3,980 也。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その656) | トップページ | 2020年の衣類購入費 合計¥3,980 也。 »